RX-93-ν2 Hi-νガンダム SDだけど 植木鉢も。

気温は下がってますけど雨のためか湿度が高くていまいちな気候ですね。
知らないうちに晴れてきてるし・・・。

作陶準備の粘土のブレンドなんかはやってます。
混ぜた後に少し寝かせます。(「寝かせる」のがカッコいいから)

プラモデルも作らなくては腕が落ちるので比較的簡単なSDを買って作ってみました。
(買わなくても作ってないのがたくさんあるのに)
映画にも出てこないモビルスーツ。
小説版に登場するHi-νガンダム(RX-93-ν2)(はいにゅうがんだむ)です。
墨入れとデカール貼っただけですけどいい感じです。
c0024502_15224893.jpg

スタンドまで付いてくるとは、サービス満点です。
フィンファンネルが2個取り外せて、写真のように飛んでるようにディスプレイできます。
カッコいいのでお勧めでございます。

ちいさなサボテン用植木鉢を作成しました。
素焼き無しで適当に。
c0024502_1523755.jpg

上から
c0024502_15231949.jpg

器は形の綺麗なものを作りたい訳ではないんですよ。(下手なので)
形の綺麗なのでいいなら100均とかの量産の買えばいいし。
味のある器を作りたいです。
下手と味の境界線を極めたいですが、上手いのを作れる人しか行き着けない境地ではとは思ってます。

さーて、粘土を練り直すかね。
[PR]
by cokky1 | 2013-08-25 23:59 | 趣味 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://cokky1.exblog.jp/tb/20661227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by にゃんこ亭主 at 2013-08-30 16:52 x
なるほど、味のあるものを狙ってらしゃるんですねぇ~。私の場合、最近はあまり難しく考えないようにしています。
文明の力にたよらずに手間暇はかかりますが、数作れば結果そのうち一つぐらいは出来るかなと言った具合です。
たとえば藁や雑木を燃やす野焼きから始まって、炭でやる七輪陶芸とか。薪なら穴窯なら完璧でしょうけれど、
今の時代、逆に人件費と薪代の経費が嵩みますか。手びねりなら毎回それなりにおもしろいものが出来ますが、
今現在私の仮倉庫には、そのあやしい?ある作品らしきものが溢れかえって置場を見失っています。
もともと私も陶芸をやるうえでの見地として趣味と勉強のつもりで始めた穴窯(共同窯)なのですが、
なぜか捨てるにも捨てられず!です。
Commented by COKKY1 at 2013-08-31 09:25
>にゃんこ亭主さんへ
自分も何も考えてないのですが、器が下手なので「味」はその言い訳的な感じになっています。
ロクロで上手に作る人はたくさんいるので、そんなとこに入っていってもしょうがないかなと。
ロクロの回転運動から作れる作品は自由でない気がしますし。(綺麗にはつくれますけど)
自分は手回しロクロで作ってから、少々乾燥させてから手でそこ部分を広げたりしていじくってます。
(タイミング間違えると本焼きでゆがみます)
穴窯はいいですね。自然素材から作り出されるものは好きです。
お金が有り余ってるなら登窯と焼き方教えてくれる先生が欲しいです。

作品が邪魔になってくるのは同感です。でも、その時しか作れない作品なので捨てられないです。(ToT)
Commented by にゃんこ亭主 at 2013-09-02 16:55 x
たしかに現代の穴窯は本当に趣味と道楽の世界なのかもしれませんねー。昔はもともと電気もガスも無い時代ですから、自然燃料の松や雑木や石炭で焼くのもあたりまえの話ですよね。最近の若手作家の中には、生活を切り詰めてでも穴窯に執着して陶芸を追及してらっしゃる方もおられるようですが、深みにはまると結構厳しい世界です。しかし他人事の様に言っていますが、実際これから冬~初春にかけて何かがこううづめき、待ちわびていつもの窯場に向かってしまう自分がいるのも事実なのです。やっている事は至って地味で単純な作業なのですが、それでも毎回違った感動と発見がありますから、これもやめるにやめられない!なのです。 一番肝心な経済的勘定が入ってなければですが…。
Commented by cokky1 at 2013-09-05 22:37
>にゃんこ亭主さんへ

薪で焼成する作品は何故か神秘的というか不思議な魅力があります。
かといって、自分は薪で焼いた作品を見極められるほど自然釉作品を見てません・・・。
穴窯での焼成作品とか、作品の価値が適正価格で評価されるといいんですけどね。
ほぼ日とかで売ってる「ほ+」や伊賀の土鍋、カレー皿など作家さんの作品は適正価格でバンバン売れてますが、マーケティングや宣伝の成功例ですね。(作品のことを分かって買ってる人がどれだけいるかは知りませんが、あのサイトの宣伝文句は洗脳される気がする。作家さんの選出と作品の売り方が上手すぎる。)
「作品」なのか「商品」なのかでも色々変わってきますね。
何にしても陶芸では食ってけません。
自分は趣味でとどめておきますです。


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>のこさんへ コメント..
by COKKY1 at 20:55
>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16

記事ランキング

最新の記事

レイシーポンプ ベアリング交..
at 2018-08-11 23:30
第二回 ぜんため in 柳ヶ..
at 2018-08-04 23:59
台風?来てるの?
at 2018-07-28 00:00
くそ暑いのに自転車 岐阜行脚..
at 2018-07-15 22:06
今年もやばいのか?暑くなるの..
at 2018-06-30 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

花・ガーデニング
陶芸

画像一覧