タグ:陶芸 ( 17 ) タグの人気記事

古代魚 ピラルク バージョンアップしてみた

岐阜の淡水魚園水族館アクア・トトぎふで、グレイトアマゾン展やっちょります。
生き物好きでアクアリストで、近所なのでボラをしていることもあり、
先日の釣りサポートの折に少々生のピラルクを撮影しました。
久しぶりに観たけどカッコええです。
c0024502_911735.jpg

水族館が完成した当初に年間パスポート持ってましたが、
古代魚がいる水槽でかぶりついてずっと観ていたいのですが、
他のお客さんもいるのでそんなこともできず、
「こりゃパスポート持っててもあかん、思うように観れん・・・」と気づき
自分の魚観察スタイルは水族館には合わないので普通の客としての観覧に
足が遠のいたのでした。
ちなみにじっくりかぶりつきで見たいなら熱帯魚屋がお薦めです。
(メーターオーバーのピラルク等はいないけど。)
今回は開場前に少しだけかぶりついて観させて頂きました。(ボラの特権)

で、何匹か試作しており、素焼きも終わってる子もいます。
これは先日TV観ながら作ったやつ。
c0024502_913611.jpg

下に紙が見えますが、こうやって描いてディティールを把握して、
特徴を作品のデザインに落としていきます。
「あー、この模様はこうつながってんのね」的な感じでね。

この子は空洞ではなく100gの粘土で作成し、塊から全部品をひねり出して
粘土を後付けしてるのは目玉のみ。
しかし、写真に撮ってみると色々見えてくるなぁ、下唇をもっといかりや的に出さねば・・・。
鱗は数種類のポンスでちまちま・・・。
前の方と後ろの方では並び方(重なり方)が違うのです。そこまで観察するのです。
しかし、超面倒くさくて作成のネックになります。(もうやりたくない)
後、どんな魚でもですが目とかを左右対象にするのがムズい!
猫とかは正面から見ればいいからいいけど、魚は左右に分かれてるので同時に
見れない!
なんとかならんもんかと思ってますが、陶板に立体的に盛ってく(貼り付る)
作品なら片面だけで済むということに既に気づいてます。
背景も作れるし、ガラス片で水も表現できカッコいいかも。

さっき豪雨だったけど、おさまったな。なんだったんだ?

Firefoxとexciteって相性悪いんかな。ほぼ画像アップ行為で落ちる・・・。
[PR]
by COKKY1 | 2014-11-29 08:30 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

あぶ(犬)ちゃんの大きいのを作ってみた

小さいあぶちゃんの後に大きいのを作ってみました。

フサフサの毛のワンちゃんは難しいです。
30cmの大きさです。
c0024502_21515192.jpg


基本は茶色なんですけど、よく見ると白っぽいところもあるので白化粧してみました。

あぶは毛がフサフサで顔も毛で大きいので、今回は下から顎まで紐で積み上げて、
上顎から上を別パーツで作って接着しました。

良い点もあれば悪い点もあり、うーん・・・。

顔だけを別パーツで作るには大きすぎるため、この方法をとったわけです。
いつも顔はコントロールしやすい手の中で作成します。
下に置いて紐で積んで行くやり方で作れなくないですが、失敗すると精神的ダメージがでかいです。
(手間がかかるから)

そもそも、もう少し小さく作ればこんなことしなくても良かったんですが、
いつも勢いで作成するので自業自得です。

胴体と頭の比率は、全体が大きければ大きいほど誤差が大きくなって見た目のバランスがおかしくなります。
下から積んでいってよい比率で作る技術はありません。
大きな顔を別パーツで紐で作って比率をあわせるのは難しい。
というか一回やったら顔がでかすぎてボツにしてます。(潰して菊練り)
作品が空洞でなければ容易ですけど。
横から。尻尾もフサフサで巻いてるので少々手間だった。
c0024502_2152544.jpg

全体的に汚して、鼻と目に釉薬を塗るだけなので、素焼き後は比較的手間がかからない予定です。

干支もボチボチいっとくかなぁ。
リアルなのは止めよう。馬の命の足が折れるから・・・。
ばん馬ならいけるかもしれないけど、どうしよう。
昔作った牛みたいにしてもいいけど、めっちゃパーツ多くて面倒くさい。
[PR]
by cokky1 | 2013-09-22 22:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

せともの祭り 2013 品野クラフトフェア 赤津焼祭 in 瀬戸

レポート面倒なので去年の少しコピペしたけど、長いぞ。編集疲れたぞ。

暑いよ、今年。今回は3箇所に減らしました。土岐でイベントやってないし。暑いし。
1.せともの祭り 2013
2.品野クラフトフェア
3.赤津焼祭

去年と同じ時間に出たのに、瀬戸の川の側道付近で渋滞・・・。
春日井辺り(出川町)の155号線が、アホな状態になっててハマった。
3車線あって、左折専用、直進、右折専用レーンになってやんの。変な工事に金使うなよ!と言いたい。
はぁ~、疲れた。

せともの祭
c0024502_232535.jpg

去年と同じアングルで。
今年は去年と同じ位ですね。
毎年同じことしてるものすごいわ。でも、今年は暑い。
c0024502_2331329.jpg

ロータリーんとこ。人いっぱいですよ。
c0024502_2333929.jpg

正直、毎年同じなんですよ。トキメキが余り無いです。
もう、散財するし目的ない場合は来年は止めようかしらん。
恒例のカワセミ工房さん。
新作ありました。小さいのは15分程で作るとか。
お値打価格の謎は作る速さにあります。真似できません。
c0024502_234876.jpg

神楽さん(椎名さん)
作風をガラっと変えて白い食器。
女性の方にうけそうな感じです。粉引っぽいけど白マット系かなぁ。
c0024502_2342845.jpg

サボテンも。世話が大変だそうです。
みなさん買いましょう。お値打ちです。多分安くしてくれます。
c0024502_2345437.jpg


なんかでっかい仏像みたいなのを作ってましたよ?
この写真の前にハリボテを見たんです。1周して戻ってきたらこうなってた。
すごい。プロや。
c0024502_23181696.jpg

これを見ながら、カシガシ粘土持って成形してらっしゃいました。すげー。
c0024502_2353940.jpg

去年見そこねた染付実演をバッチリ観ました!
すごいぜ染付!
ダミ筆に薄い呉須を染み込ませて、更に水を筆先に吸わせて染付開始。
c0024502_236378.jpg

こんな感じになる。
色々やり方はあるみたいですが、薄いのを重ねて濃淡を出していくみたいです。
鉛筆で輪郭線を描いておくと、ダミってる色が鉛筆の線の所で止まります。
素地に浸透するのを鉛筆の粉が止めてるのだそうです。納得っす。
葉脈は事前に原液で描いてあるとのことでした。
ダミ筆が欲しくなって帰りに村上金物店さんに寄ったら高かったので買うのを止めました。
替りに有田筆を勧められたので購入(560円)。家で実験したらいい感じでした。
また、陶芸でやってみたいことが増えた。(^O^)(いいのか?)
c0024502_2361835.jpg

瀬戸なのに本格的な黄瀬戸が少ないです。まぁいいけど。美濃の方がいい黄瀬戸あるんかな?

瀬戸は人が一杯でトキメキが無くて暑いので撤収。

品野クラフトへ移動。去年より遅かったのに駐車場は比較的すんなり入れた。
c0024502_2365263.jpg

こっちの方がお店は少ないけどトキメキがある作品がありました。
山口由次さんのカップ。買いましたけどね。
結晶釉みたいですね。電気窯、ガス窯をお持ちだそうです。
それにしても1280度で焼いてらっしゃるそうで、ちょっと熱めだよなぁ。
除冷すんだろうなぁ。
c0024502_2371928.jpg

道の駅の方。大体同じだけど、中学生の作品とか展示、販売してました。
美術部とか書いてあったな。
なんか微笑ましくてニヤニヤして作品を観させてもらいました。
c0024502_2375742.jpg

まぐろ焼いてました。暑いのに・・・。
c0024502_2384313.jpg

ちょっとフライング昼食。瀬戸焼きそば。
誰も並んでなかったので購入致しました。人気なくなったのかな。
多治見焼きそばもいいが、ベビースター味の瀬戸焼きそばも美味しいです。
c0024502_239498.jpg

瀬戸焼きそば。暑いのに熱い。(重度の猫舌なので冷たい方よい)
c0024502_2392343.jpg

トキメいたので赤津焼祭りへ移動です。

赤津焼祭り会場。去年より少ねーよ~。さみしいよー。
c0024502_23101162.jpg

ここで、去年買った六兵衛製陶所さんでお話を。
去年気に入って買った汲出しが汚れてきたのでハイター入れたらこうなった。
右が漂白剤で貫入の色抜けたやつ。左は今年再度買ったやつ。
天使の輪ができてカッコ悪い。
治るか聞いてみましたが・・・でした。
ちなみに、このような汲出しは瀬戸焼祭りにもあります。
相場1000円ですが、六兵衛製陶所さんは400円です。絶対こっちで買ったほうがいいです。
近いので是非に。
c0024502_23121622.jpg

あー、こんなのが11月にあるらしいですよ。
赤津窯の里めぐり
11月9日(土)、10日(日)AM9:00~PM4:00まで

運動になるし行くかも。結構広い範囲らしいです。

では戦利品の紹介。
せとやき祭り
カワセミ工房さん。真ん中の子は名前忘れた。
けものへんになんとかと書いて何とかと読む。
よーするにキメラだよ。尻尾は虎、足牛。
c0024502_2313534.jpg

神楽の椎名さん
作風が女性向けの白。渋いの無くなった・・・。
サボテンは一個救出しました。
c0024502_23132690.jpg

品野クラフト。
兎月庵 山田幹雄さん。以前も買ってますよ。お気に入りは変わらないのです。
油滴天目やで?下は氷裂貫入やで?1000円やで?安いよ。
c0024502_23134226.jpg

中は白マット釉、藁灰釉?
c0024502_23141584.jpg

山口 由次さん。イケヤンだそうです。
結晶釉と形が繊細でカッコいい。
c0024502_231440100.jpg

水谷美樹さん。調べてたらイケヤンだった。
イケヤンのトキメキ度恐るべし。
実物は普通の方なのに、紹介の写真は目にスプーン当ててえらいことになってる。
何かこの写真見たことあるなぁ。(ちょっと引いたけど)
名前がカタカナだったので同一人物かは不明ですけどね。

イケヤンって奇抜な作品多いのはドームやきものワールドで知ってるんですよ。
変な潜入感あるもんで、ドームではスルーしてますけど、こーゆーとこで見ると
いいものはいいですな。
不思議な感じの作品。口元に線で汚れたから半額でした。(作家のこだわり)
ロクロでなくて泥漿による鋳込みなんすかね。
そういやーボスもイコミだよ・・・。意○研がその流れなんかなぁ。別にいいけど。
c0024502_23153425.jpg

裏はこう。化粧土に見えなくないけど、顔料入れた泥漿(粘土)なのかな。
c0024502_2316196.jpg


赤津焼まつり。
六兵衛製陶所さんです。汲出し大好き!使います。
c0024502_23161391.jpg


今年はトロだけがお出迎えしてくれました。にゃ~す。
c0024502_2316328.jpg


来年はどうしようかなぁ。せとやきまつり・・・。
そういえばせとやき祭り会場は、所々たばこ臭くて凹んだ。ガッカリするわ、本当。
自分も作らなきゃね。明日はGIFUクラフトあるよ?
[PR]
by COKKY1 | 2013-09-14 22:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

壊れたロボット兵

陶器で作成したロボット兵は壊れやすい。
手、足にチョコレートのような切り取り線があり、
足、腕の接着面積が小さい。
折れる、取れる要素がそこらじゅうにあります。
今回は、素焼き時点で壊れた子をお香皿の上において焼成しました。
c0024502_2159241.jpg

金彩釉を筆塗りしたのですが、赤土だと金属色はでにくいとか。
白土でロボット兵を作るのは抵抗あるんだけど。

日曜のあぶとトロの日向ぼっこは恒例になってきました。
日曜の朝はこんな光景が見られます。
あぶは知らない間に毛を適当に切られてました。
二人で何見てんだろう。
c0024502_21585767.jpg

見ての通りあぶのリードはすごく長いので犬嫌いの人は家に近づけません。
噛んだりはしないけど、知らない人や犬嫌いの人には吠えるので
誰かが来たことはすぐわかります。
普段は余り鳴かない子なので、鳴き方で何が言いたいのかすぐ分かります。
緊急時しか鳴かないんですよね。
後は、おしっこしたい時とか。(つながれてる範囲ではおしっこしないので)
[PR]
by cokky1 | 2012-01-29 23:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

動物の置物をつくる 大崎さんのうさぎを作ってみる

ブログのライフログにも載せてますが、「動物の置物をつくる」という本に
大崎透さんのうさぎのつくり方が掲載されております。

うさぎを作らなきゃとあせっても新たないいアイデアなんて無いので、本を見ながら作成してみました。
本では220gの胴体と40gの顔。
自分は100gの胴体と25gの顔。(100gこだわり)
比率は何となく似てる?
自分は完成すると155gになります。

本を見ながら作っても全然似ておりません。
顔に丸みが足りないのですよ。プックリ、ホワホワ感ってやつ?
本に載ってるような釉薬も無いし、仕上がりも全然違うものになります。
c0024502_22544593.jpg

とりあえず10匹を目標に作成します。
1匹で1時間かかります。
10時間ですなぁ。
1日2匹ペースで作れれば理想ですね。
これでも普通に仕事してますので・・・。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-19 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

やる気とは?狛猫&招き猫作成

よく陶芸モチベーションが下がっててやる気でないとか書いておりますが、
自分が毎日見ているHP「ほぼ日」に興味深い特集がありました。
「脳の気持ちになって考えて見てください。」特集。

「やりはじめないとやる気は出ない」

にゃるほど・・・。
脳の切り替えスイッチは身体にあるらしい。
行動しないと脳の意識は変わらない。
とりあえず行動しとけということでしょうか。
矛盾しているようですが、実感できるところもあります。
面白いので興味のある人は記事を読んで見てください。
お勧めですよ。

c0024502_830915.jpgで、やる気より先に行動してみて招き猫作成。
1kg強の重さになりました。
後ろに同じようなのが写ってますけど。マンネリか?
作ってるときは楽しいし、集中できます。
意識はしてませんが、作ってる最中はやる気が出たということでしょうか。
やる気がなかったことを忘れているか、それを超える楽しさがあるから?
自分の中ではいまいち納得いかない作品ですな。



c0024502_830265.jpgさらに狛猫。
上の招き猫を作った粘土の余りで作成して、きっかり使い切りましたよ。
(尻尾が短くなったりはしましたがね)
ブレンド粘土なので、足りなくなったからといって他の粘土を継ぎ足しする訳にもいかなかったという事情がありました。
2006年に作成した狛猫と雰囲気が余り変わらないんですけど?
形は違えど、余り上達してない気がする。
模様の描き方とか・・・。
技術うんぬんはおいておいて、発想が変わってないということでしょう。
技術の向上といえば、手も空洞になってること位しか変わらんです。
陶芸始めた当初から空洞にはこだわってましたので。

とりあえず作って楽しければいいです。
自分の陶芸の目的は「作る」ことです。
結果としての作品はおまけってことで。

それにしても大量買った粘土、在庫粘土の置き場所に困るんですけどぉ。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-16 06:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 2010セラミック・アートマーケット~

イベント名が信楽焼まつりでは無くなったのか?のイベントに行ったのでした。
今回は量産品の業者さんも同じ場所で販売でした。
作家さん目当てなので、どーでもええわいと思ってたんですが、これがあ~た掘り出しもんがあるわけですわ。

c0024502_22565484.jpg今回の作家さんヒット!というホームラン。
3万円でっす。買えばよかった。
すごいでしょ?しょ?
バス釣りやる人なら分かるはずっ!
ランカーバスのエラ洗いです!
まじで60UPの大きさ
焼成前は70UPだとか。
信楽の方だそうですよ。

c0024502_22571015.jpgエラ部分も見事です。
一体どーやって焼成したのか疑問ですよ?
背中にビードロ釉で緑っぽくエアブラシで施釉してあるそうです。
お腹も透明釉かな?
来年はもちょっと小さいバスを販売してくれるそうです。
期待してます!というかこの大きい方が欲しい。
小さい招き猫に4万以上出す人なのでランカーバスに3万くらいへ~きっすよ。


c0024502_2257379.jpgで、業者ブースでの掘り出しもの。
薪窯での植木鉢です。灰被り。
これは直径30cm弱。
何でこんなに安いの?とお店の人に聞いてみたら、「タイ産」だからだそうです。
タイでは灰被りとかは評価されないからとか。
4、5年したら変わるかもしれんけどと、おっしゃってました。。


小さいのも購入してガジュマルを植えてみました。
いい感じっす。
c0024502_22575752.jpg

帰りに丸二陶料さんで粘土40kg買って帰りました。
イベント中でおまけで5kg程の粘土をくれました。ありがとう~。

【番外】
陶芸の森信楽産業展示館やってた「環境と暮らし展」(だと思う)に一言もの申~す!

去年もやってた、県のなんとか法人がやってる無駄な公共事業の紹介?
「近年、増々深刻化する地球環境問題。信楽焼の最新技術を生かした、環境志向の製品開発の現状に迫ります」
だそうです。
廃材利用的なことをやってましたが、費用のことは一切情報なし。
いくらいいアイデア、エコ、技術でも利用されなきゃ意味が無いって分かってます?
素人でも考えそうなボンプ使った噴水?(なんじゃありゃ・・・)
透過性のある陶器?泥漿を使用した型での形成ではなく、ロクロで形成できるのが売りとか。
そもそも磁器って透けますよねぇ。
透けるという理由で需要があって売れてるの?
透過率が高い粘土を開発したら信楽が活性化するんですかね。
特許を取ってるらしく、その素材を使うなら信楽の業者は特許料を払わないといけない。
何が目的なんですかね?
新たな研究することは否定しませんよ?
税金を使って運営しているなんとか法人にお金が入っても意味ないんですよね。
そんなお金あったら薪の材料の赤松の植林とか管理にお金使った方が信楽にはいいのでは?
信楽の売りってなに?「信楽焼き」じゃないんですか?
ブースにいた方に上記のように突っ込んでみましたが、納得いく回答はありませんでした。
そんなレベルの事業ですよ。もったいない。

少々熱くなってしまいました。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-13 23:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

検索ワードランキング(6/13)にコメントしてみた

何かの縁でブログを見に来てくれてる方のことも考えて、最近の検索ワードランキングにコメントしてみました。
c0024502_21111318.jpg

■1位:彦にゃん
彦にゃんの力をかなり借りているような・・・。
もっと彦にゃんっぽいものを作ります?
彫塑粘土が10kgあって、いい具合に真っ白に焼きあがるしぃ?
彦にゃんは過去のブログを見てください。

■2位:兜
兜も彦にゃんのかぶってるものです。どんなけ影響あんねん。

■3位:水槽 外部フィルター
アクアリウム関係。陶芸ばっかりで申し訳ない・・・。
面倒なので外部フィルター全く掃除してないです。
先日、120cmの上部フィルターレイシーのポンプを大掃除したら、排水量が増えて上布フィルターから水が溢れました。怖ぇ~。確かにかなーり水垢が溜まってましたけどね。

■4位、8位:陶芸 招き猫 陶芸猫
これが本来の姿です。うちのブログのテーマは陶芸と招き猫っす。

■5位:陶芸作品売れない
・・・失礼な。なぁーんて。
基本的に自分の作品は売れないです。
過去にフリマで売ったけど売れないです。不景気なので世間はあってもなくてもいい高い買物はしません。
それでも買ってもらえるような魅力的な「作品(芸術)」を作ればいいのですが、それを理解していただける人との出会いの場も希少でしょうねぇ。
陶人形系(オブジェ)の相場は高いです。
(だから自分で作ってます。高いだけの手間がかかってると思います。)
でも、安くすれば売れると思います。
自分の作ったものを「作品」としての価値で売るか、ただの「商品」として売るか?どっち?
自分は価格を付けると価値決められて嫌なのであげちゃいます。

■6位:陶芸 手作り 陶人形
昔、一回だけ陶人形作りましたけど。
人の顔が難しいので断念。いつか少し本気でやってみたい。

■7位:カメ 外部フィルター
ニシクイガメさんはもういないです。
カメに外部フィルターって、本とかではお勧めしてない気がしました。
カメはすごく水を汚すのでメンテが大変な外部フィルターは向かないかと。
浄化能力は高いと思いますけど、老廃物のヘドロが溜まります。
時々、モータ止めたりして再稼動させるとフィルター内のゴミがゴワ~って水槽内に排出されて水槽真っ白ってこともあります。
と、いいつつもフィルターの掃除のしすぎは浄化バクテリアを殺してしまって、水質悪化の原因にもなります。
そんな時はマルチフィルター(複数のフィルターを設置)がお勧めです。
複数のフィルターがあればバクテリア君が掃除してないフィルターに残るので、ダメージ少なくて済みます。

■9位、10位:陶芸 簡単 作り方 猫 招き猫を作る
招き猫の作り方を知りたい方が4名程いると?

自分のは自己流だからなぁ。
そういえば作る全工程は写真を撮ったことないか。
いつか使う道具とか、工程とか紹介します?(必要ない?)
[PR]
by cokky1 | 2009-06-17 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

球猫一輪挿し

球猫です。
以前から何度も作ってる作品です。
この球猫はお気に入りで誰にも上げたことが無いです。
と、いうことは自分的にはいいもんなのだろうということで、また作ってみました。
c0024502_2212544.jpg手練りでまんまる風船を作成して、削って真ん丸に整えて、猫の顔、耳、手、足、尻尾をつけます。
面倒くさいけど、肉球も付けます。

口を上に向けて開いてるので、一輪挿しなんですけど、
粗い黒土ですので中に釉薬かけて水漏れ防止してうまくいけばラッキーかな?
今までのも水漏れはしてませんが、一輪挿しで使ったことないです。
ペン立てとか、置物になってます。
口に花を挿すのが不評・・・。

笑ってる感じが微笑ましいですなぁ。
意識してないですけど、笑った表情になっちゃいます。
ろくろ使わずに空中で真ん丸風船作るの結構難易度高いです。
ソフトボール位の大きさかな~。
手のひらの上で作る風船としてはこれが限界かも?

ヒゲに問題あり。
シンメトリ~にならへんです。
向って右側は中心から外に向ってピッってナイフで描きます。
右利きなのでやりやすい。
さて、左側ですが右利きで中心から外に向ってピッってできん・・・。
なので左側は外から中心に向ってピッってやるので
左右のバランスが悪くなるのでした・・・。
シンメトリ~にするいい方法知ってる方いらっしゃれば教えてください。
[PR]
by cokky1 | 2008-07-08 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

美濃焼祭とか

美濃焼祭予想通りにすごい人でにぎわってました。
作家さんブースの近くに車を停めたのでいきなりウハウハするのを
グッとこらえて探索開始。

常連作家さんもいて、その人のは欲しいけど持ってるしで保留。
一目見てその人の作品って分かるんですが、作風が微妙に
変わってきてるのが面白いです。
今回は若手作家さんっぽい方が少なかった気がします。
やはり陶芸家自体がビジネスとしての難易度が高いからでしょうか?
陶芸だけで生計をたてるのは難しいような?
器は生活必需品ですけど、安いのがいくらでもあるし。

陶人形系もたくさんありました。
プロの人は作品に勢いがあります。いい意味で雑?
でも、勢いがある中でもある程度形が整っているのが好きなので結局購入せず。
自分はコテコテいじりすぎて素人っぽい。(というか素人)

c0024502_19222964.jpgで、結局好きな備前に吸い寄せられました。
(何で美濃焼き祭りで備前?)
自然の炎が作り出した意図の無い偶然の模様が好き。
でも備前はお高いですよねぇ。
窯焚きの手間を考えたら妥当なのは分かってます。
で、小さい一輪挿しで我慢してみました。
数個あったのでじっくり比較してチョイス。
ええですなぁ。

10/20、21に備前焼祭ってのがあるようでパンフをもらう 。
行きたい・・・、けど軍資金はいくらあっても足りひん~。
我慢の連続でストレス溜まるかも?
後は気に入った作家さんの汲みだし湯呑を数点買いました。

カランコエが綺麗に咲いたので撮ってみました。
c0024502_19235888.jpg
デジカメは赤色が苦手?じんわり色がにじみます。
小さい鉢で買ったのが間延びして花がダレ~んとしたので、きり戻して寄せ植えに挿し木したら、紅葉葉ゼラニウムを侵食して鉢を独占しました。
超強い花です。


c0024502_19242189.jpg写真撮ってたらあぶちゃんが寄ってきました。
なにしとるん?

c0024502_19245315.jpg
ぐみはぐったり寝てはる。
なんかようか?。


多治見行ったついでに穴窯作品の展示を見てきました。
自分のもありました。焼締めなのに灰をかぶってテラテラ。
白化粧も薄汚れた感じでした。
赤土細目のカワウソが真っ黒・・・。鉄分が多いとこうなるとか。(え?マジ?)
穴窯の作品は粘土選びは実績があるものにしましょう・・・。
白の細めの粘土っぽいのがいい感じに緋色が出てて良かったです。
全体で、動物オブジェを作ってるのは2作品だけでした。
いかに、素人陶芸の中でも動物オブジェの希少さか確認できました。
やめられまへんなぁ。
それにしても暑い1日でした。
[PR]
by cokky1 | 2008-05-03 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧