タグ:猫 ( 9 ) タグの人気記事

せともの祭り 2013 品野クラフトフェア 赤津焼祭 in 瀬戸

レポート面倒なので去年の少しコピペしたけど、長いぞ。編集疲れたぞ。

暑いよ、今年。今回は3箇所に減らしました。土岐でイベントやってないし。暑いし。
1.せともの祭り 2013
2.品野クラフトフェア
3.赤津焼祭

去年と同じ時間に出たのに、瀬戸の川の側道付近で渋滞・・・。
春日井辺り(出川町)の155号線が、アホな状態になっててハマった。
3車線あって、左折専用、直進、右折専用レーンになってやんの。変な工事に金使うなよ!と言いたい。
はぁ~、疲れた。

せともの祭
c0024502_232535.jpg

去年と同じアングルで。
今年は去年と同じ位ですね。
毎年同じことしてるものすごいわ。でも、今年は暑い。
c0024502_2331329.jpg

ロータリーんとこ。人いっぱいですよ。
c0024502_2333929.jpg

正直、毎年同じなんですよ。トキメキが余り無いです。
もう、散財するし目的ない場合は来年は止めようかしらん。
恒例のカワセミ工房さん。
新作ありました。小さいのは15分程で作るとか。
お値打価格の謎は作る速さにあります。真似できません。
c0024502_234876.jpg

神楽さん(椎名さん)
作風をガラっと変えて白い食器。
女性の方にうけそうな感じです。粉引っぽいけど白マット系かなぁ。
c0024502_2342845.jpg

サボテンも。世話が大変だそうです。
みなさん買いましょう。お値打ちです。多分安くしてくれます。
c0024502_2345437.jpg


なんかでっかい仏像みたいなのを作ってましたよ?
この写真の前にハリボテを見たんです。1周して戻ってきたらこうなってた。
すごい。プロや。
c0024502_23181696.jpg

これを見ながら、カシガシ粘土持って成形してらっしゃいました。すげー。
c0024502_2353940.jpg

去年見そこねた染付実演をバッチリ観ました!
すごいぜ染付!
ダミ筆に薄い呉須を染み込ませて、更に水を筆先に吸わせて染付開始。
c0024502_236378.jpg

こんな感じになる。
色々やり方はあるみたいですが、薄いのを重ねて濃淡を出していくみたいです。
鉛筆で輪郭線を描いておくと、ダミってる色が鉛筆の線の所で止まります。
素地に浸透するのを鉛筆の粉が止めてるのだそうです。納得っす。
葉脈は事前に原液で描いてあるとのことでした。
ダミ筆が欲しくなって帰りに村上金物店さんに寄ったら高かったので買うのを止めました。
替りに有田筆を勧められたので購入(560円)。家で実験したらいい感じでした。
また、陶芸でやってみたいことが増えた。(^O^)(いいのか?)
c0024502_2361835.jpg

瀬戸なのに本格的な黄瀬戸が少ないです。まぁいいけど。美濃の方がいい黄瀬戸あるんかな?

瀬戸は人が一杯でトキメキが無くて暑いので撤収。

品野クラフトへ移動。去年より遅かったのに駐車場は比較的すんなり入れた。
c0024502_2365263.jpg

こっちの方がお店は少ないけどトキメキがある作品がありました。
山口由次さんのカップ。買いましたけどね。
結晶釉みたいですね。電気窯、ガス窯をお持ちだそうです。
それにしても1280度で焼いてらっしゃるそうで、ちょっと熱めだよなぁ。
除冷すんだろうなぁ。
c0024502_2371928.jpg

道の駅の方。大体同じだけど、中学生の作品とか展示、販売してました。
美術部とか書いてあったな。
なんか微笑ましくてニヤニヤして作品を観させてもらいました。
c0024502_2375742.jpg

まぐろ焼いてました。暑いのに・・・。
c0024502_2384313.jpg

ちょっとフライング昼食。瀬戸焼きそば。
誰も並んでなかったので購入致しました。人気なくなったのかな。
多治見焼きそばもいいが、ベビースター味の瀬戸焼きそばも美味しいです。
c0024502_239498.jpg

瀬戸焼きそば。暑いのに熱い。(重度の猫舌なので冷たい方よい)
c0024502_2392343.jpg

トキメいたので赤津焼祭りへ移動です。

赤津焼祭り会場。去年より少ねーよ~。さみしいよー。
c0024502_23101162.jpg

ここで、去年買った六兵衛製陶所さんでお話を。
去年気に入って買った汲出しが汚れてきたのでハイター入れたらこうなった。
右が漂白剤で貫入の色抜けたやつ。左は今年再度買ったやつ。
天使の輪ができてカッコ悪い。
治るか聞いてみましたが・・・でした。
ちなみに、このような汲出しは瀬戸焼祭りにもあります。
相場1000円ですが、六兵衛製陶所さんは400円です。絶対こっちで買ったほうがいいです。
近いので是非に。
c0024502_23121622.jpg

あー、こんなのが11月にあるらしいですよ。
赤津窯の里めぐり
11月9日(土)、10日(日)AM9:00~PM4:00まで

運動になるし行くかも。結構広い範囲らしいです。

では戦利品の紹介。
せとやき祭り
カワセミ工房さん。真ん中の子は名前忘れた。
けものへんになんとかと書いて何とかと読む。
よーするにキメラだよ。尻尾は虎、足牛。
c0024502_2313534.jpg

神楽の椎名さん
作風が女性向けの白。渋いの無くなった・・・。
サボテンは一個救出しました。
c0024502_23132690.jpg

品野クラフト。
兎月庵 山田幹雄さん。以前も買ってますよ。お気に入りは変わらないのです。
油滴天目やで?下は氷裂貫入やで?1000円やで?安いよ。
c0024502_23134226.jpg

中は白マット釉、藁灰釉?
c0024502_23141584.jpg

山口 由次さん。イケヤンだそうです。
結晶釉と形が繊細でカッコいい。
c0024502_231440100.jpg

水谷美樹さん。調べてたらイケヤンだった。
イケヤンのトキメキ度恐るべし。
実物は普通の方なのに、紹介の写真は目にスプーン当ててえらいことになってる。
何かこの写真見たことあるなぁ。(ちょっと引いたけど)
名前がカタカナだったので同一人物かは不明ですけどね。

イケヤンって奇抜な作品多いのはドームやきものワールドで知ってるんですよ。
変な潜入感あるもんで、ドームではスルーしてますけど、こーゆーとこで見ると
いいものはいいですな。
不思議な感じの作品。口元に線で汚れたから半額でした。(作家のこだわり)
ロクロでなくて泥漿による鋳込みなんすかね。
そういやーボスもイコミだよ・・・。意○研がその流れなんかなぁ。別にいいけど。
c0024502_23153425.jpg

裏はこう。化粧土に見えなくないけど、顔料入れた泥漿(粘土)なのかな。
c0024502_2316196.jpg


赤津焼まつり。
六兵衛製陶所さんです。汲出し大好き!使います。
c0024502_23161391.jpg


今年はトロだけがお出迎えしてくれました。にゃ~す。
c0024502_2316328.jpg


来年はどうしようかなぁ。せとやきまつり・・・。
そういえばせとやき祭り会場は、所々たばこ臭くて凹んだ。ガッカリするわ、本当。
自分も作らなきゃね。明日はGIFUクラフトあるよ?
[PR]
by COKKY1 | 2013-09-14 22:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

やる気とは?狛猫&招き猫作成

よく陶芸モチベーションが下がっててやる気でないとか書いておりますが、
自分が毎日見ているHP「ほぼ日」に興味深い特集がありました。
「脳の気持ちになって考えて見てください。」特集。

「やりはじめないとやる気は出ない」

にゃるほど・・・。
脳の切り替えスイッチは身体にあるらしい。
行動しないと脳の意識は変わらない。
とりあえず行動しとけということでしょうか。
矛盾しているようですが、実感できるところもあります。
面白いので興味のある人は記事を読んで見てください。
お勧めですよ。

c0024502_830915.jpgで、やる気より先に行動してみて招き猫作成。
1kg強の重さになりました。
後ろに同じようなのが写ってますけど。マンネリか?
作ってるときは楽しいし、集中できます。
意識はしてませんが、作ってる最中はやる気が出たということでしょうか。
やる気がなかったことを忘れているか、それを超える楽しさがあるから?
自分の中ではいまいち納得いかない作品ですな。



c0024502_830265.jpgさらに狛猫。
上の招き猫を作った粘土の余りで作成して、きっかり使い切りましたよ。
(尻尾が短くなったりはしましたがね)
ブレンド粘土なので、足りなくなったからといって他の粘土を継ぎ足しする訳にもいかなかったという事情がありました。
2006年に作成した狛猫と雰囲気が余り変わらないんですけど?
形は違えど、余り上達してない気がする。
模様の描き方とか・・・。
技術うんぬんはおいておいて、発想が変わってないということでしょう。
技術の向上といえば、手も空洞になってること位しか変わらんです。
陶芸始めた当初から空洞にはこだわってましたので。

とりあえず作って楽しければいいです。
自分の陶芸の目的は「作る」ことです。
結果としての作品はおまけってことで。

それにしても大量買った粘土、在庫粘土の置き場所に困るんですけどぉ。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-16 06:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

猫は座椅子が好き?

うちの猫のトロは何故か座椅子の上が好き。

背もたれは使えないのに座椅子。

座布団でも良さそうなものなのに座椅子。

何故かは本人(本猫?)に聞いてみないと分かりません。

今日も座椅子を占領してました。

どけようとすると「ぷるっ!」と嫌がってました。

自由気ままな猫を見てると和みます。

ちなみに肉球の匂いが一番猫っぽくて好きです。
[PR]
by cokky1 | 2008-07-01 23:59 | 考察 | Trackback | Comments(0)

余った粘土の使い方~

削りカスとか中途半端に余った粘土は全部猫に変身!


c0024502_20553687.jpgいつもの招き猫(実は猫又です)と猫の顔に手と尻尾をつけた球猫。
招き猫は少し昔の作り方に戻しました。
鼻をもう少し小さくすると昔作ってた顔の猫になります。
結局かわいくないな~。


c0024502_20561983.jpg
余り粘土で作った別の猫軍団がこれです。
カップに付ける顔は色んな大きさや顔の表情を数種類余分に作ってます。
カップに選ばれなかった猫の顔はそのまま焼かれるのと新たな試みの「カメ猫」に生まれ変わってます。(ナンじゃそりゃ)
カメの甲羅に猫顔と手、足、尻尾をつけただけですけど・・・。
後ろのは普通の寝猫です。
この子たちは生意気にも肉球があります。(写真ないけど)
ここまでするなら普通の猫作ったほうが楽な気がしますが、顔の大きさに合わせた風船の胴体を作るのは難易度が高いのでした。
カメの甲羅なら多少大きめに作っても大丈夫。
このカメ猫も手と尻尾以外は空洞なんです。
空洞がポリシーなので~。。。
ただの粘土まるめたのだったらバランス取れたの簡単に作れますけど、
空洞にしないと気持ち悪いんです。
先日、岐阜のアクティブGってとこでクラフトマーケットがあったので行ってきました。
陶器の猫が売ってたので買いました。(自分で作ってるのに勉強のために買います)
かわいいけど空洞では無かったです。
かわいさでは負けても軽さで勝った!(そのための空洞かい!って突っ込まれそう)
粘土丸めただけだと、かなりしっかり乾燥させないと焼いた時爆発しそうで怖いです。
カメ猫の重さは20g~30gです。軽い?
[PR]
by cokky1 | 2007-07-18 23:37 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

まいどの招き猫

今、魔女の宅急便がTVでやってます・・・。黒猫のジジが出てる♪
宮崎アニメではトトロの次に好きかも。
当時、魔女宅の絵コンテの本を買ってまうほど好きでした。
どっかいっちゃいましたけどね。見ながら絵を描いてたような・・・。
音楽も最高。久石譲は元々何作ってもいいんですけど。
昔の話ですがシンセでコピー&アレンジもしてました。「仕事はじめ」って曲が好き。
今回は瀬戸黒の猫です。(瀬戸黒のジジ?)


c0024502_21225677.jpg最近作る猫はかわいくない感じ・・・。
どーしよ・・・。
釉薬なしの還元焼き締めです。
肉球と目と鼻だけは弁柄塗ってます。


c0024502_21231359.jpgどーしよーもないよなー。
昔の作り方に戻しますか?
台風が近づいてて3連休は雨だろうし、変な猫作って過ごしますか。
釣りに行くつもりだったのにな・・・。

それにしてもジジはかわいいな~。
しゃべる猫欲しい・・・。
うちの猫は「ぷる~」と鳴きますけど?(マジで)
[PR]
by cokky1 | 2007-07-13 23:48 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

猫の湯呑み

猫の湯呑みです。
猫を上の方に付けるとゆがみが大きくなると思い、下の方に付けた作品です。
下に付いてるので猫の表情が見えないのがネックです。
作ってみて分かったのですが、この位置に猫が付いているメリットが一つ。
薬指と中指の間に猫が挟まってきっちりホールドされて持ちやすいです。
自分の場合なので小さな手の方はそうでもないかもしれないです。
これはこれで、まぁいいか~。
萩風土に木灰、口元に織部を少々。こんな感じです。
c0024502_21464043.jpg

これと同じデザインの一回り大きい作品は釉薬ダラダラで高台ぐちゃぐちゃになりました(ToT)
今回焼いた作品で猫に関連してないのが無いな・・・。猫パワー恐るべし・・・。
今の焼き待ちにはオオサンショウウオが混じってるので猫オンリーではないです。
[PR]
by cokky1 | 2007-07-10 23:50 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

存在するには意味がある?

世の中に色んなものが売ってますが、それなりに需要があって存在しているんだろうなー。
今回の猫カップは周りに全く反応が無い・・・。
いいも、悪いも何もない。「は~ん」も「ふ~ん」も無いです。
まぁ、興味のないものにはそんなもんですね。
自己満足で終わらせておいた方がいいかな。
カップに猫の顔がくっついたものが世に存在しない理由もあるんでしょう。
カップに猫付いてても意味ないもんなー。
c0024502_21213580.jpgこれは中に鉄赤をかけてあります。中はいい感じに結晶化して変な模様が出てまして良い感じです。側面は裁縫の道具のトゲトゲをコロコロする道具で模様を描いたり。


c0024502_21352693.jpg
取っ手は細いようですが結構持ちやすいです。巻いたしっぽが親指をうまく受け止めてくれます。


c0024502_21365988.jpg
しましまのしっぽ。ぶつけたらすぐに折れそう。取っ手とか重くするとひずみがでかくなるから嫌だったんです。でも歪むもんは何しても歪む。性格歪んでるからだ!
もう、作るのは招き猫だけにしますか・・・。全部歪むんだもんなー。
よく考えたら、でっかいテストピースみたいなもんですね。
招き猫大量生産しよかな。歪んでも気にならないし。でも作成時間が器よりかかるのと、面倒なのがね。。。
いらねー作品が増えていく。よく考えたら無駄使いなのか?
[PR]
by cokky1 | 2007-07-09 23:43 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

未知の窯の結果

試しに頼んでみた新窯は温度が高いせいでほぼ全部の釉薬がダラダラでした・・・。
焼き締めしかお願いできない感じです。
還元はしっかりかかっているようなのでいいですけど、釉薬ものは出さないです。(ToT)
自分の所有している釉薬と最悪に(高温過ぎるのでどーしょーもない)相性悪いです。
焼き色も赤土細目がレンガ色。いまいちといえばいまいち。
もう少し黒光りするのを求めてました。以前教室で焼いたときになったんですよ~。
今回は実験だからしょうがない。
新窯は少々燃焼代の値段が高いです。小さい100g以下は一律150円・・・。
招き猫なんか中が空洞だから100gもねーですよ。せっかく軽く作ってるのに。
やはりかゆいとこに手が届く教室の窯でやりくりしたほうがいいですな。
とりあえずボチボチ作品アップしていきます。
c0024502_21422861.jpg猫カップ。これば中に木灰をかけて口のところに織部をスポイドで置いていった結果です。焼き締めのとこがボコボコになってるのは何故?不思議なことが起こるもんですねー。空気が入ってたのかな?


c0024502_21455142.jpg横です。少し歪んで見えますが、そのままで真上からのアングルだとかなり楕円形に変形してお見せできません(ToT)






この粘土絶対歪むし、輪をかけてしっぽと顔にひっぱられてぐんにゃり。垂れないように支えも作ったのにっ!!!!カッコ悪っ!
お約束でそこらじゅうに猫の足跡を弁柄で描いてます。
ちょっと部分的に緋色っぽくなってるのは火色釉を吹きかけました。

c0024502_2146566.jpg後ろです。しっぽが取っ手になってます。粘土が弱いらしいので腰のある粘土をブレンドして回避するしかないので、先生に混ぜてもらう予定です。
[PR]
by cokky1 | 2007-07-07 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

猫一輪挿し 焼き上がり1作品だけ

教室がお休み中の本焼き作品。久しぶりに教室に顔を出したら先生のすごい作品が一杯あった。デザイナーさんとのコラボ個展があるそうで面白そうです。
この作品は一輪挿しで手の上の器から水を本体へ補充できるという画期的なもの(?)なのですが、いざ、水を手の上の器から入れたら手の付け根から水がダーダーもれる。
どうやら本焼き中に器の重さに耐えられず手の接着部分にひびが入ったみたいです。
確かに裂けてる・・・。
c0024502_18282019.jpg

重さジャスト1kgの作品になりました。c0024502_18283471.jpg
ところで、自分の作品は台帳で管理されてまして、作陶してから手元に届くまでの日数が自動計算されるようになってます。今回この作品が今までで最長の「92日」。3ヶ月・・・。もう忘れかけてた。予想通りの焼き上がりだし、なーんかタイミングを間違うとうれしさ半減?




欲しいなーと思った時に作ってる訳なので、焼きあがったのがフクロウ三昧の時となるとこれまたタイミング悪い。
苦労して作ったわりに、その苦労の内容を忘れているのでありがたさ半減?

今回、七輪陶芸の作品を先生に見てもらったのですが、表面は高温により灰が溶けてツヤツヤと釉薬になっているのですが、全体的には素焼きの域を出てないみたいです。
叩いた時の音と土の焼き色からの分析結果でした。
やはり七輪により短時間で完全に焼き締めるのは少々無理があるのではないでしょうか。
ある意味見た目だけ陶芸?
なーんか短時間に焼きあがるという七輪陶芸、本当に中まで完全に焼締まるのかかなり怪しい気がしてきた。
本の通りに真っ赤になるまでやりましたよ。その状態を1時間位やんないとダメなのかな。
結局、表面は高温で炭の灰釉薬が溶けたけど中身素焼き状態でした。
[PR]
by cokky1 | 2007-04-22 18:53 | 陶芸 | Trackback | Comments(5)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧