干支展とか観てきた

江南の数寄に恒例の干支展を観に行ってきました。
自転車で行く予定でしたが、車で出かける用事ができたため、車でGO!
江南は方向音痴には辛い町です。ナビ付いてるから絶対たどり着きますけど、いつも不安になります。
数寄自体も一見お店に見えないので怖い・・・。
c0024502_22493671.jpg

すげー高いのが一杯ありました。
山本さんの作品も見れたし(絵もあった)、 ドクトル・ミッチー研究所さんが無かったのは残念な気が。
さるは自分も作ったので購入することは無かったのですが、干支展とは関係のない八幡さんのカバが見れたのが良かった。
カバは迫力がありカッコいいっす。

アクアトトで12/19から世界のハイギョ展やるですよ。
ネオケラトドゥス(通称ネオケラ)はぜひ見ておいて欲しい。カッコかわいいっ!
一時期、オーストラリアで養殖に成功した業者からの輸入があり30万くらいで販売されてました。
熱帯魚屋で水槽に張り付いて見てたもんです。
しかし、1m以上になるので普通の人は飼えません。
ちなみにネオケラはCITES(サイテス。ワシントン条約)で商取引が禁止されております。
ワイルドものはダメだけど養殖は、なんだかんだと手続きで輸入可だった。(過去形)
アジアアロワナも同じ扱いなんですけどね。

アクアトトさんにネオケラとか作ったやつをおいてもらってます。(多分、売ってるはず)
c0024502_22344184.jpg

1F売店Fish Tankにおいてあるかも?という感じで。
古代魚好きにしか分からないだろうなぁ。
恐竜より前からいたかもよ?ロマンじゃない?
[PR]
# by COKKY1 | 2015-12-16 23:20 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

干支の申(サル、さる、猿)焼成完了なのでご紹介

ブログの記事アクセスランキングが、アクアリウムや観葉植物ガジュマルを抜いて
陶芸記事干支のさる記事が一位に。
陶芸ブログなのに、レイシーポンプ修理とガジュマルばかりのアクセスで変なブログですが、
季節柄干支ネタで陶芸返り咲きです。
とりあえずさる軍団が焼けたのでご紹介。
全体的にあっさり焼けたので、毛は弁柄塗っておくべきだったと反省。
これ本体は空洞で、鼻の穴に穴を空けてあります。
(教室で他の生徒さんに「え?空洞なの?」って言われた)
無垢で作ったら爆発する確立が上がりますし、他の作品に迷惑かけるので「中は空洞!」は合言葉です。

ではご紹介。
ウッキーさる1号
歯は白化粧してあったのに、思いつきで白マット釉を縫って、歯茎は鉄赤釉。
c0024502_2174410.jpg

ウッキーさる2号
歯は白マットだけど歯茎は面倒で無釉。
c0024502_2175724.jpg

なーんちゃってさる。(古っ)
c0024502_2181033.jpg

酒壺さる。
これは頭に壺をもってますけど、本体に貫通してますので一輪挿しになります。
なので水漏れ防止のために中には透明釉を施釉しております。
後から思いつきで加工したのですが、鼻の穴を貫通させてあったため、透明釉を中に入れたら鼻から釉薬がダレ~んて漏れてきてふき取るが大変だったやつ。
c0024502_2182776.jpg

盃さる
酒をもらうさる。酒壺さるとセット。
この子はお香置きです。盃の上でお香をたけます。そんなけ。
c0024502_2184971.jpg

独り見ざる聞かざる言わざる
通常3匹セットですけど、面倒なので独りでやらせてみた。
耳栓は片方だけだし、片目開いてるのであかんけどな。
口を「シーッ」ってやってる風にしたかったけど難しかった。
c0024502_2111930.jpg


球猫。100gシリーズ。かわいくできた。
c0024502_2192979.jpg

球猫ぶち織部一輪挿し。
コップを持ってますけど本体と繋がってますので一輪挿し。
中は透明釉で、さると同様口から透明釉がデロ~んて出てきてふき取るのが大変だった。
c0024502_2194621.jpg

ガーっ猫。
見ての通りガーって言ってます。
中は面倒くさくて適当に鉄赤釉を筆塗りしました。
こんな中途半端なら鉄赤を口の中にか流せば良かったかも。
c0024502_219586.jpg

織部のトトロ神兵。(巨神兵っぽくトトロがプロトン砲撃つ感じの)
見ただけでは分からない施釉がくそ面倒くさかった作品。
使った釉薬は透明釉、織部釉、鉄赤釉、白マット、マンガン釉。弁柄も。
これだけの釉をマスキングしながらかけ分け、塗り分けする苦労。
陶芸やったことある人にしか分からんですよ。(えらい人にはわからんのですよ風に)
c0024502_21101033.jpg

苦労した割には土が荒かったせいかムラムラになり、いまいちでした。
もう、やんねー。やるなら綺麗な白土でやる。
(多分やんないけど。どっちやねん・・・。)

今年の陶芸はほぼ完了。
今年はインターバルをあけたので、来年早々にはでっかいのを作りたいかな。
来年こそはV作戦実行したいけど、面倒やしなぁ。

クロスバイクの不具合も全て直りましたです。
Google先生並びに記事を書いて下さってる先人様には感謝です。
本当に勉強になるし、自転車がいじれるようになるので楽しくなってきます。
[PR]
# by COKKY1 | 2015-12-06 22:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

GIANT エスケープR3 ハンドル バーエンドバー付けてみた

先週クロスバイクで犬山寂光院にポタリングしたのですが、かなりきつかった気がした。
ロードもどきに乗りなれているのでポジションが問題かと。
c0024502_1424161.jpg

そのときの計測値
消費カロリー:701kcal
走行時間:3時間11分47秒
走行距離:56.42km
平均時速:17.6km/h
最高速度:33.3km
CO2削減量:8.46kg

で、ハンドルをいじくってみました。
早速Amazonさんに買い物を依頼する。
・BBB バーエンド クラシック 150MM ベンド シルバー BBE-07
 普通のバーエンドバー
・ビーム リラックスグリップ シフトグリップ
 シフトグリップ用の短いグリップ9cm程度です。

ハンドルの位置を下げて、ハンドルに別のもち手を追加する感じ。
ステムというハンドルを固定している部品をひっくり返して、スペーサーという
高さ調節部品の位置を変えた。
c0024502_1425752.jpg

バーエンドバーを内側に付けました。
c0024502_143771.jpg

付ける位置は自分が乗りやすいところが正解なのでグリップの向きとかも含めて
緩めに付けておいて乗ってみて位置を調整します。
所持してるMTBもどきには外側にバーエンドがついているのですが、疲れた時などのポジション変更に使用しますが、ネットにも書いてあるのですがブレーキに指がかかってないため、緊急時にブレーキがかけられません。
よって、外側に付けると余り使えない訳です。
では内側につけると、ブレーキに指がかかった状態で握れて比較的安全ですのでこっちがお勧めと思います。
内側でも、できるだけ外に付けましたので操作性には余り影響せず、ポジションを変えることができましたので中々よい感じです。
c0024502_1432141.jpg

試運転してみたのですが、自転車を持ち上げた時にハンドル軸に少し遊びができてた・・・。
ステムの逆付けが問題なのか、締め方に問題があるのか不明。
運転に支障は無いのですが、しばらく様子見です。

後は、前のほうからニャーニャー鳴く声が聞こえるので、たぶんブレーキ調整が必要なのと、立ちこぎするとリアのチェーンが滑るんですけど・・・。
中古で買って自分でいじくってるので自己責任で調整してます。
ネットで親切に解説してくれてる方がたくさんいるので助かってます。

自転車楽しいし、面白いなぁ。
[PR]
# by COKKY1 | 2015-11-29 22:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

作品、施釉、明治工芸の粋、フリマ、懐かしいらーめん亭

焼けたの紹介。
猫の楊枝入れ。適当に作ったのにかわいくできた。
後ろにいるのはちいサンショウウウオ(黒御影Ver)。
c0024502_21521366.jpg


施釉頑張りまして、本日全部終わった・・・。
苦しい戦いでした。9月に作成した作品の施釉が教室4回の12時間もかかりました。
1月から作陶してなくて久々に再開したのが9月後半でしたので勢い余って作り過ぎた。
先週の施釉残し作品。
c0024502_21522932.jpg

本日こうなった。
c0024502_21524022.jpg

腰が痛いです。
マスキング、釉薬の重ねがけ、細かい箇所に色や釉薬塗るの全部大変。
オオサンショウウオにベロなんか付けるから、マスキング必要になるんだよ!
トトロ神兵なんか、歯、口の中、目をマスキングして、透明釉かけてから少し乾燥させる。
んで、織部をかけてからマスキング取って、マスキングで少し剥がれたとこや、マスキング漏れ
したとこををリカバリして、ベロ、口の中、歯茎に鉄赤釉を塗る。
思いつきで、歯に白マットを塗って、歯の隙間は針で釉薬を取り除く。
目にマンガン釉を乗せる・・・。先週下ごしらえ作業もしてます。
面倒くさい・・・けどやらずにいられないこだわり悲しい性。

先週、わいわいながらフリマを覗いてみましたが、雨天の後で芝がぐちゃぐちゃで店少ない。
c0024502_21525383.jpg

結局、晴れて結構賑わったみたいですね。よかったです。
剪定鋏を買って早めに撤収してししまいました。

セラミックパークMINOの「明治工芸の粋」
c0024502_2153339.jpg

やばすぎる日本の技術。元は外国から入ってきたものもあろうかと思いますけどすご過ぎる。
象牙で作る精巧な彫刻(野菜やエビだった)。海洋堂でも歯がたたんのじゃないかなぁ。一発勝負やからね。
元々図録は買うつもりだったけど、宝物になりました。
ついでに朝市やってましたよ。
c0024502_215315100.jpg

安納芋の焼き芋を買ったけどちっとも甘くなくて大失敗でした。試食してから買いましょう(ToT)
鮎の甘露煮は大きくて卵入ってて、頭も柔らかく美味しく食べれました。
当たりはずれもあるけどよいものでした。

その昔。名駅前の愛知県中小企業センター・中経ビルに「らーめん亭」というお値打ち中華料理店がありました。
デスマーチの最中帰れないので夕食をよく食べに行ってました。(昼食も)
そんななつかしいお店も今では無くなってしまいました。
と、思ってたら栄に引越ししてるやん!
c0024502_21533237.jpg

少々こじんまりしてますが、作りは以前のようになってて懐かしい!
思わず笑みが~。
メニューは少し種類が減ってますかな。鶏球飯とかないけど安さはそのまま。
c0024502_21534463.jpg

懐かし過ぎて、昼に中華飯、夕方は麻婆飯を食す。
味も同じやん!!!麻婆飯はもっと辛かったような気もするけど、昔は辛いの苦手だったけど今は平気で大好きなのでその違いかな。
付いてるスープも味が薄かったり、濃かったりで昔と一緒やん!(薄かったよ)
おまけでついてくるものなので一味で自分で調整してね。
c0024502_2154255.jpg

天津飯も食べたかったし、味噌麺も・・・。そんなに食えないっす。
また、栄に食べに行こう。
中日ビルの地下一階。栄駅13番出口方面に行くと中日ビルB2に連絡してますので、一階上がって
食品街に入ってね。行ったこと無い人は懐かしくないと思いますけど。
「天・炒飯」ってなんやねん。めっちゃ気になる。
c0024502_21541827.jpg

名古屋の人の多さは相変わらずですなぁ。
地下鉄で踏ん張れんかった。昔より足腰弱っとる。
色々メリットあるので電車通勤がしたい。(足腰鍛えられる、本がたくさん読める等々)
[PR]
# by COKKY1 | 2015-11-21 23:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

週遅れネタ 町の文化祭 釣りボラ マーケット日和

ブログネタがタイムリーでないですが、備忘録としてアップ。

岐南町の文化祭があり、庁舎が新しくなったのもあって見てきました。
第43回だそうな。
菊を展示しているのは昔見たことあったのですが、陶芸もあるぞとの事前情報もあり買い物ついでに。
c0024502_23212393.jpg

c0024502_23213250.jpg

ステンドグラス。素人レベルではないよねぇ?
c0024502_23214032.jpg

布系はレベル高いです。クラフトでも布系をよく見ますがそれに匹敵する販売可能なレベルです。
裁縫ってば昔は自宅でやるものだったんですよね。それを考えれば年配の方はできる人が多いのかもです。
だだ、家庭にあった裁縫技術が段々継承されずに失われていきますね。
趣味のレベルでもいいので若い世代に継承さっれていくといいなと思います。
パッチワーク系は大変良いものです!
c0024502_23214972.jpg

c0024502_23215738.jpg

c0024502_2322824.jpg

浮世絵?磯部磯兵衛的な感じで絵よりすごいです。
c0024502_2322227.jpg

バック。
c0024502_23223040.jpg

ぬいぐるみ。かわいいっす。
c0024502_23223977.jpg

絵画系。
c0024502_23224761.jpg

c0024502_23225462.jpg

おまちかねの陶芸
手練り、タタラ作品が多かったですねぇ。電動ロクロはないのかなぁ。
難易度の高い皿が多いのは用途が広いからですかね。
焼成具合はあっさりしてるので酸化な気がしますが鉄板釉薬の織部がない。
美濃地方なんだから織部使えばいいのにと思った。
一個志野もありましたけど、緋色は出てなかった。
もっと気になるのは窯は町の所有物としてあるわけ?町民になら貸してくれるんかしら?
c0024502_2323644.jpg

わっち(方言)と同じ様な作品発見。
c0024502_23233332.jpg

猫です。がんばってますなぁ。寝てる猫は空洞にするの難易度高いんだけどこれはどうでしょうか。
オレも頑張ろ。
c0024502_23235172.jpg


盆栽。大変いいものであります。
c0024502_2324090.jpg

こうゆう楓は余り見たことないですなぁ。かなり気にりました。
鉢がシブいです。灰がかぶった伊賀っぽいの似あいそうです。
c0024502_23241124.jpg

よくわかんないやつ。素材はなんなん?
c0024502_23242086.jpg

学生さん達のもよかったです。高校生は高校生らしいし、中学生も同じく。
みなさんレベル高いですね。いい町に住んでるなぁと思いましたです。

次は水族館の釣りボラ。
中庭水槽。ウグイかなぁ、いっぱいいます。
c0024502_23243223.jpg

大減水している木曽川。ここはいつも水が流れてるとこなんですけど水がない。
初めて見るくらい減水してまして、余りよくないコンディション。
c0024502_23244310.jpg

魚影はあるものの見えてる魚は餌を食べないです。
釣れてない家族の方もいらっしゃったので伝家の宝刀!浮きなしでヌマチチブ狙いに切り替え。
テトラ下に流しいれてミョク釣りにしたら全員釣れました。よかったです。
大物賞のギギ。ひれに毒があるそうなので注意です。
釣りのお手伝いしてたら釣れたんです。何かに引っかかったかと思う位重くて木の枝にでもひっかかったか?と思ったのですが、グングン引くのであげてみたらこれ。
ナマズでないよ、ギギ。
c0024502_23245126.jpg

今年も釣りイベント終わっちゃったですね。
12月はハイギョ展が始まるのでものづくりでもサポートは入ろうかなぁ。
ネオケラがくるそうです!オーストラリアの超かわいいハイギョです。(大人はメーター級で、でっかい)
古代魚ファンには待ち遠しいイベント!

各務原でのマーケット日和。日和もよく自転車でおでかけ。
本のブース。今回は出遅れたのもあり掘り出しものなしでした。
自分は陶芸の雑誌か、植物、生物図鑑を漁っております。
c0024502_2325479.jpg

イチョウ並木を横切って、別会場へ。
c0024502_23251563.jpg

広場のブース。食べ物屋は行列で見もしなかったです。(行列嫌い)
c0024502_23252788.jpg

セレクトマーケットブース
雑貨が一杯。陶芸もあり、しのぎ茶碗は少し気になったけど買わず。
c0024502_23253872.jpg

大学方面も行ってみましたけど、去年と同じ感じでした。
手打ちそばが気になったのですが、職人さんが打ってたし大学と関係あんのかしら?
c0024502_23254780.jpg

一番よかったのが生演奏。
ダブルネックの変わったギター、バイオリン、チェロの弦楽器のみのユニット。
ほんわかな曲。バイオリンとかストリングス系は好きなので良かったです。
ブラスが加われば、ほんわか系がビッとしまるよね。
ベースの役割であろう、チェロの音が高音のバオリン、ギターにかき消され音が拾えなかったのが残念でした。
音楽はベースとドラムだけでもええと思ってる人なので。
c0024502_23261896.jpg

天気はすごく良かったです。
ただ、周りが大渋滞してるのは何とかならんもんかと。
なので、運動にもなすし自転車で行くんだけどね。

長くなったけどレポート終わり。今は陶芸三昧っす。
[PR]
# by COKKY1 | 2015-11-08 23:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

干支の申(サル、猿)の作成

今年も干支作成の季節がやってまいりました。
干支は毎年ノルマにしてますので作りますよ。

先週、施釉に行くも先生と陶芸の話や野焼きやら色々雑談に花咲いてほとんどできなかった。
そもそもあまり施釉に乗り気がなく、急ぐもんでもないのでゆっくりやろうと決めてたので
予定通りっちゃー予定通り。

急いで疲れるほど施釉するのは止めたのです。無理するから苦痛になる。
効率よく時間内にたくさん施釉しようとするのはやーめた。
小さなサンショウウオ焼締め版ひとつでも、汚して、ふき取って、目を塗ってしないといけない。
施釉版ならはっ水やらマスキングがプラスされる可能性あるのでさらに過酷。

施釉待ちのやつら。見るだけでうんざりする…。
c0024502_19465598.jpg

一部マスキングが面倒くさいやつら。この子らは全く手つかずでした。
c0024502_19471192.jpg


干支の申的なものはこんな感じに作ってます。
猫も作りたいので猿の皮を被った猫も作成。
c0024502_1947309.jpg

猫は上の方から見ると、ちゃんと猿のキグルミ着てます。
c0024502_19474273.jpg


猿は猫より簡単です。
といいつつも、作成時間は1時間30分くらいかかるかな。
歯が少々手間な感じです。
るろうに剣心を観ながら(聞きながら?)せっせと作成してました。
ながら陶芸は最高です。

1日一個作成してればずいぶん作れるなぁ。でも、施釉面倒やし邪魔になるかも。
販売ルートはもうない。
[PR]
# by COKKY1 | 2015-11-05 23:46 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

農業フェスティバル 2015とか 週遅れやけど

パソコン立ち上げるのも面倒くさくてネタはあるのにブログ更新ができてない状態です。
パソコン触るくらいなら今は粘土を触ってる状態で陶芸三昧。

で、毎年楽しみにしている岐阜の農業フェスティバル(10/24)に行きました。
毎年すごい人です。
c0024502_19442679.jpg

今年はレイアウトが変わって、グラウンドは業者用の駐車場になってまして、体育館の南側まで
出店してました食べ物エリアが増えたのかなぁ。
鯉とかは規模が小さくなって無いかい?そもそも、去年もだけど金魚売ってない。
餌金とかコメット売ってたのに、コイしか売ってないですね。
c0024502_19443823.jpg

写真では分からない超でっかいコイ
c0024502_19445251.jpg

パンダっぽやつ
c0024502_194539.jpg

アリーナ内で気になったのは新種の栗。
c0024502_1945178.jpg

超でっかいです。食べてないから味は知らないけどね。
c0024502_19453736.jpg

えな宝月、えな宝来だそうです。5年後には出回るでろうということです。
恵那は栗きんとんが有名なんですが、すべて岐阜産の栗じゃないのは周知の事実。
この栗でなんとか全て岐阜産で栗きんとんを作ってもらいたいもんです。
5年後だけどな。(大丈夫?)
多分、新種開発に税金使ってんだから県民に還元してね。
木工の方にも同じような税金使った間伐材対策やってて、
どうにも民間の事業として成り立たないものが多いです。
木を切って、とりあえずそのまま放置とのこと。
微々たる需要でも塵も積もればなので需要を集めて販売するのに税金を使って欲しい。
利益出なくてもなんとか回るようにしてください。

ジオラマ?もありました。
c0024502_1945514.jpg


外にはタナゴ研究会なるものがありました。
c0024502_1946483.jpg

タナゴは保護しようよ。日本淡水魚は、かわいいしな。
産卵床の貝も重要で、貝の飼育が難しいのが難点。
c0024502_19461648.jpg

ちなみに水槽に貝がいるけど、この水槽では貝の餌がないのですぐ死にます。
貝のためにご飯を別水槽であげないとあかんです。
豆乳がいいらしいと聞いたことあります。(外の緑色の置き水でもいいけど)
豆乳で白く濁った水槽が貝が食べると綺麗になるので豆乳を食べたことが分かります。

林業エリアは超楽しい。
もっと広いですが、こんな感じにお店、展示が一杯ありました。
c0024502_19462938.jpg

集積材の板を速攻2枚購入しました。(超重たかった…)
椅子、1500円!安っす・・・。これはやすった後に色塗りました。
c0024502_19465558.jpg

花置き台として売ってたヒノキの組み立てキット750円を玄関の踏み台に改造。
色を塗ったです。元の色は下の高さ調整で切り落とした足の木端。
ダボもネジも全部セットでした。バリ取りのカンナ、ヤスリがけが大変でした。
プラモのスプレー塗装で慣れてるのでマホガニー色でスプレー塗装しました。
乾燥後、400番のペーパーで仕上げて完成。
ヒノキで軽いのが安定感を損なう感じですけど、3cm厚なので壊れることはないです。
c0024502_19471466.jpg

薪ストーブとかあれば間伐材消費できるんだけどなぁ。
直径10cm位の木を輪切りしたやつ売ってないなぁ。

トロの日向ぼっこ。外で撮ると昼目にしかならない。
夜目は超かわいいです。
c0024502_1948159.jpg

[PR]
# by COKKY1 | 2015-10-31 23:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖 アートインナガハマ、陶芸とか トトロ神兵

10月のはじめに琵琶湖へ釣りに行ってボーズ!こんな時期はバスなんですが
コアユもやってみたくて行ったけど、時期ではないようで誰もいなくて鯉釣りの人のみ。
c0024502_11315851.jpg

コアユは全然だめ、バスもコバッチーいるだけ。(釣れてる人はいた)
いつもはニゴイがボイルしてるのに全然でした。
しかし、琵琶湖の中で釣りするのは気持ちいいのでオッケー!
c0024502_1132541.jpg

面倒くさがりが琵琶湖まで行った理由はアートインナガハマやってたから。
GIFUクラフトも行ってしまったので、長浜も行ってみました。
(釣り場から20分かからない)
c0024502_11321817.jpg

以前と同じだった・・・。
革で携帯入れ探してるんだけどいいのが無いっす。
クラフトなんてどこも同じだし、同じ作家さん見るしでそんなもんですね。
長浜はロケーションがいいし普通のお店が一杯あるしでお勧めです。
近江牛たこ焼きというのがあったので食べてみましたが美味しかったです。
c0024502_11322747.jpg

しょうゆネギマヨだったと思いますが、醤油だれが最高に旨いのでお勧め!
c0024502_1132346.jpg


次は陶芸ネタ
巨神兵を作ったときにトトロでやったら面白かそうと思って温めてました。
「トトロ神兵」です。もちっと迫力あるのを構想してたのですがかわいくなった。
這いつくばってプロトン砲撃つとこです。
コロコロで手足、尻尾もあるよ。
となりに中トトロもいるけど適当に練習で先に作ってみただけです。(半端な粘土一杯なので)
c0024502_11324462.jpg

楊枝入れとか、クリップ放り込んでおく小物入れを想定しています。
c0024502_11325750.jpg


猫も作ってみたけど怖い。
c0024502_113369.jpg

風船でないので閉じないから楽です。
本当に作ってるときは楽しいし、形ができあがるとウキウキしますが、施釉考えると萎える。
造形終わった時点で、自分の中での作品は終わってるからでしょうね。

今年も瀬戸の招き猫100人展2015は行ってないけど、HPで作品はチェック!
今一押しの佐京和子さんの作品がありましたやん。
しかし、せっかくの佐京和子さんの作品が共作になって変になってる。
佐京和子さんの作品じゃないの?(TVで言ってたじゃん)
漆を塗って変な配色にして手間をかけてるようですが、作品が台無しになって残念で仕方が無いです。
(自分的には典型的な蛇足と感じます。)
陶芸のコンペって目に見える手間を評価されようとするように見えるのでうんざりします。
(本人はそんな気が無いかもしれないけど)
この土偶猫さんは造形して薪で焼いた自然な感じがいいのに。
造形だけで完成されているんだからコテコテいじらんでもいいと思います。
当然、投票はしたけども・・・残念。
といいつつも、コンペはロクロですっと引いて、釉薬かけて焼いただけなのは賞を取ったりはしないけどな。
陶芸やってるので手間が見えちゃうのがいかんのかもしれんけど。
色々残念です。
[PR]
# by COKKY1 | 2015-10-11 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶芸再開 ちいサンショウウオが止まらない

1月から休眠していた陶芸を再開しました。
今年の夏は暑くて陶芸モチベーションをかなり下げられました。
まだ、暑いですが8月程ではなく、粘土のお世話もしてきてたし、
半端な粘土の整理も兼ねて作陶を始めました。

まずはちいサンショウウオです。
ディティールを今までより作りこんだ最新バージョンになりました。
最初はバランスが悪かったのですが、段々コツがつかめてきていい感じになりました。
ちいサンショウウオVer2.0
赤土と白系のミックス粘土
c0024502_2012529.jpg

数年前に信楽で3kgサンプルで買った黒御影。
大き目の故は100gっす。(多分)
c0024502_2013279.jpg

一匹40g前後で作成するので、1kgあれば25匹できます。
この調子だと永遠にサンショウウオが増え続けてしまうのです・・・。

球猫も8ヶ月ぶりくらいに作ってみました。
通称100g猫。100gの粘土で風船を作って猫にします。
c0024502_20131326.jpg

何気に風船もいつも通りに作れたし、顔も相変わらず面倒くさいけど作り方は覚えてました。
右の普通のを作ってから左の湯呑持って壺を被った猫を作成してみました。
湯呑は胴体と繋がっているので一輪挿しな感じです。頭の壺は取れます。

久々に陶芸をしたけど楽しいですねぇ。
どんどん完成するのを見てるのがいいです。
ただ施釉を考えるとうんざりしますけどな。

この調子で後先考えずにドンドン作成して半端な粘土を綺麗に整理します。
まだ半端な粘土がたくさんありますので、常滑の粘土とか水をやりすぎてドロドロになってるので調整中。

今後の予定
淡赤粘土:ウーパーちゃん量産
常滑粘土:ちいサンショウウウオ(粘土がつきるまで)
ブレンド白:招き猫(リアル系)
ブレンド赤:古代魚たち(ピラルクとかね)

芸術の秋です。やりますよっ!(多分)

近所の水環境が改善されてきたのか、魚が多く見られます。
昔は家の前の用水にザリガニやフナがいたこともあったのですが、今は下水道完備で全然です。
(水源がないので)
なのですが、一番近所で昔ザリガニ採りしてたとこにザリガニ発見!すげー、いたんだね。
オレはうれしいよ、マジで。もういねーと思ってたからさぁ。

で、タモロコとか水槽で飼っております。
こんなやつです。
c0024502_20133570.jpg

エサをやるとドバーっと寄ってきます。黒メダカもいるのですが、タモロコやタナゴとは住むレンジが違うので
いいかと思いきや、タモロコは節操がないのでそこらじゅうに泳ぎ回り黒メダカは迷惑な感じになってます。
c0024502_20134727.jpg

日本淡水魚はいいなぁ。ずーっと見てると癒されます。
[PR]
# by COKKY1 | 2015-09-27 23:30 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

誰が言ったかシルバーウィーク クラフト、魚採り

シルバーウィークなんて言うようになったのはいつからですかね。
アクティブGでGIFUクラフトフェアやっとります。9/22、9/23も出店者が変わって開催っぽい。
ご近所なので行ってきました。
アクセサリー、リースというのかドライフラワーっぽいのが多いですね。
相変わらずガラスはすげーのがあるし。
陶器系は少ないけど、岐阜シティタワーには薪窯っぽい作品ありました。
革で携帯入れとか探してましたけど、良さげなのが見つからなかったです。
一宮の杜の市で買っておけばよかった。
木村さん。陶芸家さんらしいのですが、かわいいイラストを描いてらっしゃる方がいたので
ポストカードを購入。
絵皿もあったんだけど、線画だったんで止めました。
陶芸絵具でもいいので色付きだったら買います。
小人さん。(と勝手に思ってる)ワンピーのトンタッタ族っぽい鼻が好き。
c0024502_21375273.jpg

リス。あきら先輩もいいがこれもいい。ほお袋とどんぐりがいい味出している。
c0024502_2138162.jpg

昼食に一風堂を発見してたので入ってみた。
「IPPUDO RAMEN EXPRESS アスティ岐阜店」
麺が細くて、しっかりした味で美味しかったです。
ただ店員一杯いるのに出てくるのが遅いのが痛い。
c0024502_21344453.jpg

日曜だったのでやながせサンビルまでGO!
食べ物出店に一杯並んどる・・・。お菓子っぽいのやお菓子っぽいのまで。(全部お菓子かい!)
たくさん人がいていいですね。
高島屋の自由書房で本を漁ってみた。最近は「コンビニたそがれ堂」お勧めです。
猫が出てくると買ってしまう病なので買ってみたけど泣けた。(「神無月のころ」ってやつ)

最近読んだ中で「奥の奥の森の奥に、いる。」というやつはあらすじと表紙のイラスト見て買ったが
かなりのはずれでした。(最後まで読んだだけましなほうだがね)
後でAmazonの評価を見たけど間違ってなかったです。誰もが思う評価でした。
(自分を信じすぎた)
山田 悠介という有名っぽい人らしいが、最後は進撃の巨人かよ!と、とんでもねー結末。
意外性のある落ちをつけた気でいるようだが、それ以上に話がずーっとつまんない。

庭のサルスベリが咲いてるが枝が伸びて邪魔くさい。
c0024502_21345535.jpg


90cm水槽がさみしい。
ヒメダカさんは日光にあたって健康的になる睡蓮鉢に引っ越ししたので
どじょうだけなってしまいました。
ずいぶん長い間どじょうがいるのですが、10年くらいの寿命だそうです。
ポリプテルスの餌で買ってきたやつなのに、一番の古株じゃないかなぁ。

ってことで、シルバーウィークはご近所で採取大作戦を決行中。
でっけーフナとか採れたりするし楽しい。(フナはいらないのでリリースするけど)

以外と黒メダカがいるんだよね。上からみると、メダカってすぐ分かるんだけど、
水槽とかではヒメダカしかじっくり見たことないので新鮮だった。
最初、これはメダカなのか?なんなのか?と悩んでたけどメダカと判定しました。

日本淡水魚はかわいいし、カッコいいよなぁ。
熱帯魚を通過して最後は日淡に帰ってくる、アクアリストの性。

水槽が落ち着いたら写真撮ってみよう。

exciteの新管理画面での新規投稿は非常に使いにくい!
アップ画像のさうじょ、ブレビューができないのはなんで?
[PR]
# by COKKY1 | 2015-09-21 23:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧