<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

干支の未(羊)の試作品など

陶芸モチベーションが低下してやる気が無く放置しておりましたが、粘土の世話はしてました。
粘土は霧吹きで水をあげないと固くなちゃう手間のかかるやつです。
干支が間に合わないのでやっと重い腰をあげました。

試作品1号。球っこ未(羊)さん
c0024502_234676.jpg

100g程度で完成。
とりあえず風船作ってから、適当に作ってみました。

この粘土がひどく手練りに合わない粘土で、水分が調度いい状態が無いです。
ロクロの水引きならやりやすいのですが、ちょっと水を加えると強すぎる粘りがでて、
水分がちょっと少ないとカサカサ粉っぽくて粘土が付かないという性格の悪さ。
で、かつレスポンスが悪いときた。
粘土に対するレスポンスという表現はヘラなどでの加工でキチっと思いとおりに決まるかなんですけど、この粘土はモサっとしてて言うことを聞かんのです。
たくさんあるので、使いたいけどもう、ロクロかタタラでしか使わんっ!!
非常にストレス溜まる粘土です。(信楽で買ったけど、素人にははずれが多い・・。プロ仕様なの?)

で、結局ここにいきつく古陶小。教室で使われている安定感ある粘土です。
気持ちいい!レスポンスいいよ!腰があるよ、強いよ!
試作1号からこんなのもできるかもと散歩しながら考えてたのがそのままできた。
羊の皮を被った猫
c0024502_23462191.jpg

4ヶ月のインターバルを感じさせない安定した球猫さん。(と、思ってる)
我ながら関心するのが、手が覚えてるのですよ。
風船つくりは手の中でTV見ながらでもできちゃう。(鑑定団を見ながら作った自分はすごいと思う)
いつもTV観ながら作ってるんですけどね。

それといつも書いてるけど、作品が多過ぎで邪魔くさい。
陶芸を止めてた理由のひとつです。(作品台帳では1067個)
部屋が汚れる、片付かない!陶芸を趣味にしてる人ってどうしてるんだろうか。
器なんて数個使ってるだけだし、自分は下手なので自作の器は見たくもないしなぁ。
よって、たくさん作るの止めようかと。
干支なので誰かにあげようかと思って毎年多数作ってましたが、欲しくもないのに押し付けられても迷惑だろうしねぇ。
(試作品はしょうがない。作ってくうちにバージョンアップするので)
古陶小は気持ちいいので羊は数個は作るよ?(施釉が面倒くさい・・・)

10月、11月は水族館での釣りポランティアが楽し過ぎます。
10月中旬のボラでは木曽川が御嶽山の火山灰でこんな感じに濁っておりました。(でも、釣れる)
c0024502_23463527.jpg

参加者の方に釣らせてあげたいので、色々アドバイスしつつ、自分も浮きを見て魚信(アタリ)を楽しむ。
アブラハヤ、タモロコ、ヌマチチブ、ヨシノボリが釣れてまして、外来種のブルーギルがいないのがいい感じです。
これはアブラハヤ。
c0024502_23465027.jpg

ヌマチチブ。
c0024502_2347042.jpg

それにしても、ミミズは付けれるようになってもらいたい。
今年は道糸とハリスが細くなって扱いにくく仕掛けつくりの難易度が上がってますよ?釣れるけども。

自分がボラしてるアクアトトさんはグレイトアマゾン展してます。
コリドラス、珍カラ、シクリッド系、タライロン?もいたような。
アマゾン川って赤いんですよ。理由は水族館で。(書いてないかも。ボランティアで行ってるだけなのでじっくり観てない)
ピラルク、レッドテールキャットはいつもでいるから是非観てね。
こんな木彫のでっかいピラルクあるよ。
c0024502_23483379.jpg

トロは寝るときに何でもいいから枕になるものが必要です。
ぐーすかニャ~
c0024502_23472296.jpg

[PR]
by COKKY1 | 2014-10-28 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

ガンダム Gのレコンギスタ HG G-セルフ作ってみた

富野監督のガンダム作品の放送が始まりました。
最近のよくある絵柄ではありますが、期待しております。

宇宙世紀(UniversalCentury)の流れの更に未来設定のリギルド・センチュリーというらしい。
ガンプラも「HGUC」ではなく「HG」のハイグレードの表記になっておりました。

デザインも中々良さ気だったのでガンプラを買って、久しぶりに早速作成してみました。
HG 1/144 ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)
写真が下手なのはどうしようもないのでご勘弁を。
c0024502_22461198.jpg

ウエストが細くてアストレイを作った時のような感触もありつつも、あれよりはしっかりしていました。
一部適当に塗ったけど基本スミ入れだけです。
■注意点
・ランナーが最近よくあるニッパー不要的な構造になってるとこがあって、ニッパーを使うと部品本体をキズつけちゃうので、ランナーの太いとこでニッパーで切ってぐりぐりして外して、バリはヤスリで綺麗にしましょう。
・クリアパーツのとこはシールが先です。(2回間違えた)
・8歳でも作れるのか?少なくとも8歳の時にこれは作れんです。(シール細かい!)
・モールド以外に滑らかなので、デザインナイフなどで彫らないとスミが入りませんよん。

設定ではコアファイターが入ってるらしいけど、お腹に入るのかなぁ。MGが出ればちゃんとコアファイター付属するだろうから楽しみです。
背面はこんな感じで、HGにしては細部まで作りこんであってカッコいいです。
c0024502_22462338.jpg

c0024502_22463998.jpg

さすが、宇宙世紀の流れの作品。TVの中でリック・ディアス出てきたしねぇ。(なんでエゥーゴ?)
ミノフスキー粒子も出てくるし、宇宙設定がちゃんとしていて大変良いですね。
普通、衛星軌道上に静止なんてできへんねん。(相対的に静止したように見せるのはありだけど)
無重力じゃないので第一宇宙速度で加速してないと地球に落ちるはずなんですよね。
その辺りをSFでよく出てくる軌道エレベーター等もミノフスキー粒子のミラクルパワーで解決してるっぽいです。
新たに出てきたフォトンエネルギーもミラクルを起こすでしょう。
プラモの説明をみると装甲もガンダリウム合金ではなく、フォトン装甲という新しい物質のようです。

SF好きにはたまらん設定です。

陶芸はお休み中・・・。
10月はトトボラを頑張る!

台風来るけど、全然風吹いてないけど、鼻水はダラダラ垂れてる。(なんでだ?)
[PR]
by COKKY1 | 2014-10-05 23:59 | 趣味 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧