<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ピラルクとかサギナ成功

作品紹介。(一部紹介済ですけど)
ピラルク、レッドテールキャット
c0024502_18511065.jpg

こーゆー細かいのはお手軽でいいのですが邪魔くさい。
ボックスに持ってけばいいのですが、準備が面倒で・・・。

何度か枯らしている「サギナ」(「もふリッチ」の商品名で売ってる)
ちゃんと花が咲いた。
c0024502_18513225.jpg


湿気を嫌うから水を控えめに的な情報で何度か枯らしてしまいました。
屋外・屋内どちらでも普通に水をやる!(どっちも失敗してるから)
植木鉢は大きめにして土は見えるようにして、土の乾燥具合が分かるようにするのがキモです。
こんな状態はたっぷり水をあげます。
c0024502_18514281.jpg


しかしこんな植え方したり、先の花が咲いてるような状態で土が見え無いとあれですが、
毎日、水をやってあげれば枯れません。
c0024502_18515123.jpg


一部のサギナを地植えにしてグランドカバー実験中です。
直射日光は苦手らしいので木陰になるとこに植えましたがどうなるかな。

オカメヅタで覆ってたとこを全部抜いて(樹木化してたのでツルハシで抜いた)芝桜で一新。
オカメヅタってグランドカバーにいいんだけど、伸び過ぎてメンテが手間です。

去年、芝桜を3株くらいを実験的に植えて様子を見たら、今年咲いたのでよかろうと全面植えた。
広がれ~。
[PR]
by COKKY1 | 2014-05-18 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

シロナガスクジラ 祭り?

余り作品祭りばかりやっても邪魔になるのを忘れてた。
作品を置く棚を作らないと生活の場をどんどん奪われていく・・・。

普通のシロナガスクジラだけど、今回は口開けバージョン。
ヒゲ(口の中の歯と間違うやつ)を付けるか悩んだけど手間がかかるので止めました。
c0024502_23253091.jpg

中は釉薬をかけてあるので一輪挿しになるかもです。
(水漏れテストしてない。どーせ漏れるだろうけどな・・・)
弁柄で汚したけど、拭き取り過ぎたのか緋色系が全く出なかったです。
汚しは難しいですよ。

ヒビバージョン シロナガスクジラ(壊れてるわけではなくデザインですよ?)
型+タタラならではの作品です。ヒビパーツごとに粘土を変えても面白いかもですね。
ヒビパーツの大きさ、形、センスと適当さが織りなすハーモニー。
c0024502_23254375.jpg

外側はヒビってますが、中は滑らかで釉薬をかけてあるので水漏れしないはずですが、
どーせ滲みだしてきます。
c0024502_23255647.jpg

中々、面白い作品になったです。
型があれば自分のような素人でもできる手軽さ。
原型は簡単ですが、石膏型を作るのは地獄ですけど。
この子はちょっとだけ緋色が出ました。
[PR]
by COKKY1 | 2014-05-08 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶器のタイヤキ テスト

土岐のクラフトで買ったタイヤキ箸置きを自分も作りたくて色々探してたら売ってました。
「たい焼き 型 G-087」で検索、検索~♪

あんな小さな型を自分で作ってるはずはないなーと思ったんですけど聞くに聞けず。

ほぼ同じもの完成。適当にテスト作成しました。
c0024502_2248874.jpg

でも、色々面倒くさい。
樹脂製なので石膏のように吸水しないので、粘土離れが悪いです。
上の写真のような感じなら簡単に型から外せます。

粘土は真っ白粘土(甲賀白?)で、自分は薄めた弁柄で汚しました。

お勧め粘土は鉄分多めの白い粘土がよいかと、焦げる釉薬で汚して還元焼成ならよりリアルに。
誰でも作れるけど、マッチする粘土と釉薬探すの面倒くさい。
というか、いつでも作れる環境ができて飽きてしまいました。
たくさん作ってどうすんの?ってことで。
[PR]
by COKKY1 | 2014-05-07 23:42 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

オオサンショウウオ祭り その2

無限に広がるオオサンショウウオのバリエーション。
といっても自分の好きなのは限られてきます。
その1の天目系はリアル路線ですね。

今回のその2は大好きな焼締めと織部。
オオサンショウウオって口の先っちょ少しとがってるんだけど、かわいくないので丸くしてんですよね。
型はそうなってるのですが、作成中に口を無理やり開けていじくり回すのでこんな感じになります。
c0024502_20591428.jpg

前からはこんな感じです。
普通の人には気持ち悪いって言われるだけなんですけど、好きなもんでしょうがないです。
c0024502_20592964.jpg

あ~かわいい。

最後に黄瀬戸です。
c0024502_20594223.jpg

弁柄を筆でトントンして模様を付けておいたんです。これ。
弁柄が黄瀬戸が濃すぎて埋まってしまいました。(ToT)
c0024502_20595348.jpg

黄瀬戸を霧吹きふーふーするんですけど、濃さが分からんとですよ。
ドボンする場合は漬ける時間とか、最初に水を含めせておいて釉薬の吸着をコントロールできますが、
自分でフふーふーする場合は釉の濃さはどうやってコントロールするのか?
何回吹いたか覚えてるのでしょうか。
物忘れ激しいので吹くのに一生懸命で無理です。
尻尾の方がいい感じすな。
c0024502_210667.jpg

これオレンジがかってくれればすげーリアルでカッコいいんだけどな。

まぁ、適当でいいんですが、もっと模様が出ると思ってたです。
じつは裏側は適当に吹いたので薄くてコゲと弁柄が浮き出ていい感じでした。
やっぱり適当が良かったんです・・・。
[PR]
by COKKY1 | 2014-05-06 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

一宮の杜の宮市2014 大雨やけど・・・

雨なのに、雨なので運動不足な気がして出かけてみました。
通常、雨の日は外に出ない。
特に歩きでは出ることがない。

最寄りの駅までテクテク歩いているとと、雨の日の懐かしい匂いがした。
小中学生時代は雨だろうが、雪だろうが歩いて登校していました。
社会人になると、電車や車が移動手段になり雨の中をゆっくり歩くことは余りない。(避ける)
雨の日の匂いは懐かしい感じかして好きかもです。(花粉症も和らぐ)

比較的近いし、行こうかなと思ってたので一宮の杜の宮市へ。
電車でまったり移動。時間潰しの小説持参なので電車の待ち時間も苦にならないです。

まぁ、大雨ですわ。このイベントでこんなの初めてかもですね。
c0024502_2021847.jpg

アーケード内は鯉のぼりだらけです。
c0024502_2022838.jpg

一瞬ここはどこ?と思わせる事態がありました。
アーケードが途中から無くなってるんですけど・・・。
コスプレ屋さんってアーケード内だったはずなのに外に出てるぞ?
真清田神社から見たアーケード側はこんな感じでした。
c0024502_2023881.jpg


で、去年とほぼ同じで雨がザーザー降ってることと、雨が降ってるおかげで砂埃が無いことが違う。
境内の外は食べ物屋さんが多い、境内の中も食べ物屋があります。食べ物屋のイベントか?!
有名なお店なのか食べ物屋には行列できてるところのチラホラ。
「キッシュいかがですか~」と声が聞こえる。
心の中で「キッシュって何やねんっ!?」ってずっと声に合わせてループして突っ込んでました。
キッシュはぼんやりとしかイメージが無い。パイ的なものか?知らんもん。(誰でも知ってるものなの?)

革は相変わらず良いです。
盆栽、布、陶器はパールラスター釉っぽい結晶釉のや女性らしいかわいい器など。
どうやって作るんだろう?しか出てこないのは自分が悪い。
陶器の展示会でも「すごいっ!どうやって作ってるんだろう?」しか無いです。
陶芸やってるからこんな見方しかできないのでしょうか。
ひょうたんのスピーカは音質はともかく楽しそうででした。

c0024502_2025470.jpg

イベントを観る方も変わらないとダメですね。
と、思いました。

生演奏を聞きたかったので、時間まで商店街を散策しました。
去年の古本屋に行ったら・・、無いし!
マジか?

あかん!ここはあかん。
アーケードが無くなってるし。マジであかん。
岐阜のやながせはアーケードの道が狭い為、一宮程の規模では無いので改修可能なのか
分かりませんけど撤去しちゃうのはどうかと思います。
周りも廃れる??というか人は来ないですよね。
というか歩いてみたけど、何も無いですよ?

雨の中生演奏を聞いてからそっと人混みを離れました。
コスプレの人もいなかったし、寂しい。
でも、人は一杯いましたよ。
屋根の無いアーケード内に気になったトコトコというたこ焼き屋さんがあったのですが、並んでたのでスルーするしか無かったです。

なので帰りに第一旭でラーメン食べました。(雨だからかすぐ座れた!ラッキー)
c0024502_2032250.jpg

作ってる人がいつもと違う!
修行の人ですか?味を覚えてないので違いはわかりませんけどもな。
普通の醤油らーめんです。
一宮駅内も散策していい運動になりました。12000歩、7.4km位。


最近直感で買った小説でよかったやつ紹介。

「魔法使いのハーブティ」 有間カオルさん(メディアワークス文庫)
「一杯のハーブティが心を豊かにしてくれる」
c0024502_203378.jpg

ファンタジーな魔法は出てきませんけど、自分でも使えるかもしれない魔法といいお話です。
ハラハラドキドキや本物の悪者は嫌いなんですけど、現実にいそうな本当の悪者が出てくるので悪人嫌いな人は注意です。
自分はコーヒー派でなく紅茶派なので尚良かったです。
久々にスキャナー使ったです。
[PR]
by COKKY1 | 2014-05-05 23:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オオサンショウウオ祭り その1

GWも後半らしいですけど、4月に作成した作品が焼けてきましたので紹介。

オオサンショウウオ祭りを開催したのでその結果です。
今回は本物に近づけるために尾が長めです。今までは垂れるから短めにしてたのだ。
天目系のオオサンショウウオ。
もう何度も小さいサンショウウオでも焼成しているので間違い無いです。
c0024502_214797.jpg

一番下は透明+天目です。透明描けてから天目してるので少し薄くなって良い感じです。
最近お気に入りのやり方。
鉄系黄瀬戸の還元焼成みたいな感じで好きです。
c0024502_2141882.jpg


プランターの家庭菜園でオクラを植えたんですけど、肥料のやり過ぎで枯れた・・・。
植え替えしてみましたけどどうなることやら。
化成肥料と油かすを土に混ぜすぎたんでしょうね。
浸透圧の違いによって根の水分吸収を阻害されることでのダメージらしく、ノーマル土に植え替えたから復活して欲しい。
野菜は難しいですなぁ。

暖かいので室内植木鉢を外に出してたけどオリヅルラン多すぎるよ。
一個でいいよねぇ。
[PR]
by COKKY1 | 2014-05-04 23:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧