<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ねこバス 焼けました。少しづつでも勝手に上達する

岐阜は雨がずっと降ってます。散歩ができないので早く止まないかなぁ。

ところで、久しぶりに作ったネコバス。
ジブリ&猫好きなので、何度でも作ります。

せっかく買った黄瀬戸釉を使用。お店のサンプル通りの色は出ず。
にゃ~お。
c0024502_20481822.jpg

弁柄は筆で塗ったので筆跡と塗りムラがでました。
先生からスポンジでポンポンと置いてみてはとのアドバイスありました。
施釉待ちのねこバス招き猫でやってみるかな。
c0024502_2048321.jpg


後ろから。
尻尾はでっかいですが空洞で、バスの車内から穴が空けてあるので爆発しない仕様です。
c0024502_20484550.jpg


以前作った小さいねこバスとの比較です。
向かって右が2009年07月作成。左が2013年02月作成です。
これが4年弱の時間の差。2013年版はねずみのライトが付いています。
c0024502_2049180.jpg


まぁ、4年前のねこバス作りがあって、今のねこバスが出来たのは確かで、
経験値を貯めることで、少しづつ陶芸スキルがアップしてる感じでしょうか。(と、思う)
といいつつも、陶芸をやってる時間は月に10時間もやってないかもです。
もっとたくさん作ると更に思い通りの作品が作れるのかもしれませんが、
作る度に作風が変わるジャンルがあるので、とんでもないところまで行ってしまうかもしれません。
でも、趣味の一つなので毎日やったらきっと飽きますし、陶芸やってる時はめちゃくちゃ集中してますのでやり過ぎるとぶっ倒れます。

c0024502_20491944.jpg

それにしても、夏は陶芸の季節ではないことを感じてます。
軟弱者!と言われなくないのでエアコン無しの灼熱の中で作業しております。
といって、扇風機を使おうものなら手びねりで作ってるので、手の温度と風ですぐ乾燥してしまうので使えないという環境です。
だから暑い夏は陶芸に合わない季節だと思います。ただ、すぐ乾燥してくれるのでちゃっちゃと作業すると完成が早く見れるのでせっかちな自分には少しメリットがあります。

どこかエアコン効いてるとこに粘土を持ち込んで陶芸やらしてくれるとこ無いやろか?
ロクロを使わない手練りなので30cm四方の場所で充分できます。
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-29 22:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖遠征 西野放水路 50UP出た!

年一回の琵琶湖釣行。
今回は西野放水路に直行しました。

まずは、この長いトンネルを通りますが、中が真っ暗ですので出口は見えているのですが足元が何も見えないというなんだか不思議空間となります。
ウェーダー履いてテクテク。
c0024502_1013331.jpg

到着直後の琵琶湖ですが、少し霧ってます。
この辺りは水温高いです。ウェーディングしてるとヌルいのがよく分かります。
それにしても生命反応薄いんだけど。ウェーディング出来る範囲の砂地の底には魚は見えないです。
ワンドからセンコーで攻めて?みました。
c0024502_10134719.jpg

北側の流れだしんとこ。ここは水が冷たくて気持ちいいです。
投網してる人がいましたが、アユがお目当て。
c0024502_10135858.jpg

遠投するとこんな良質なウィードが付いてきます。
小鮎もいるし、ハスもいるしバスがいてもおなしくない環境ですけど、いる気が全くしないのは何故?
c0024502_10141055.jpg

放水路は小鮎釣りの方が一杯。投網の人もいます。
c0024502_10142663.jpg

小鮎は爆釣状態でしたねぇ。サビキっぽいので小鮎が鈴なりに釣れてました。
別にこーゆー釣りでもいいんだけどね、今度ウェーディングしながら小鮎釣ってみるかな。
外道のハスがペイしてありました。ペイしなくてもいいのに。
オイカワにも見えなくもないけどハスだと思います。
c0024502_10143310.jpg

ジャバジャバとポッパーやらラバジを投げながら移動中。
バスはいなさそうだけど、バジャバシャ魚がやっております。
c0024502_10144359.jpg

おっ!ヤゴの抜け殻だ!でかいですね。
c0024502_1014539.jpg

気まぐれでベイトリールでスピナベを投げてました。
ウィードが多いのでスピナベは余り根がかりしないのでいいです。
(既に釣る!という目的が失われ、付いてくるウィードを取るのが面倒になっている)
スピナベで釣った事がある魚は琵琶湖でナマズしかありませんので、余り信用してないプラグ。

放水路に向かって適当に投げてたら、くそ重たくなる。
根がかるもんは無いだろうにと、合わせてみるとグーっと重く動く。
これは釣れてるよ?
めずらしく、ベイトリールのラインを新しい12ポンドラインに巻き替えてました。
(確か去年バックラッシュしてラインヘロヘロになってた気がしたので替えた)
簡単に切れる分けが無いので、余裕でロッドをぐんぐん曲げられつつ、ドラグも出っぱなしでした。
ベイトリールでドラグライン出たの初めてじゃないかなぁ。
めちゃくちゃ楽しい!忘れてた。
楽しい!このために生きてるなっ!と思ったですよ。
釣りをやってて本っ当に良かった。

釣れたのこれ。ごめんねバスでは無いのよ、ニゴイなのよ。
c0024502_1015735.jpg

スレでは無いです。がっちり口に掛かってました。
ペンチでないとフックを外せないような完璧な掛かりでした。
c0024502_10151576.jpg

ざっと大きさは50cmはあります。足との大きさ比較です。
c0024502_10152977.jpg

ありがとう!ニゴイさん。やさしくリリースしてあげました。
ここはニゴイがたくさんいます。
昔、揖斐川でスプーン投げててニゴイ釣れたことあったな。
ニゴイでも在来種だし釣れるとうれしいな。
バスは外来種で駆逐されているのでニゴイ釣りに切り替えようかな。

大満足でした。

満足ついでに野田沼も偵察。
c0024502_10153788.jpg

ロケーションはいいのですが、魚影なし。
ギル祭りポイントでもギルがいない。
外来種は駆逐されて、昔の環境にもどりつつあるようです。
小さい日本淡水魚はたくさんいました。いいことです。

イチモンジタナゴ復活とかいう記事のあったし、野田沼で外来種捕獲作戦が実施されているみたいです。
参加したい気もするなぁ。8/4にも作戦があるようです。
一回目の7/20に実施されたみたいですのでギルとかはいないわけですね。

餌釣りでも何でも好きやし、日本の在来種釣りをするように変えようなかと思った1日でした。
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-28 00:00 | 釣り | Trackback | Comments(0)

巨神兵 なぎはらう 降臨!

巨神兵が焼けました。
ほぼ予想通りの焼き上がりでしたです。

ただ土台の陶板土に巨神兵を接着してたのですが、巨神兵の方が収縮率が高いため、陶板土がかなり引っ張られて反ってしまった点のみ想定外でした。
巨神兵は粘土で土台と接着せず、釉薬で焼成時に接着するほうがよさそうです。
それでは焼きあがった巨神兵をご覧下さい。

芝生のうえの巨神兵。目は織部ですけど灰釉重ねなので流れました。
c0024502_1825547.jpg


上から。鉄赤釉がドロドロ溶けた肉片のつもりです。まぁまぁ?
歯とかの汚れが意外に出なかったようです。
今回の焼成は窯の最下層だったのですが、それも関係あるかもです。
通常、でかい作品は窯の上に詰められるのですが、今回は先生の新たなる挑戦により下でした。
c0024502_1831284.jpg

後ろです。背骨から筒がビヨーンって出てるのはアレンジです。
巨神兵の脊椎からこんなの出てないです。
なんかしたくなってやっちまいました。
c0024502_1832614.jpg


下からあおって撮ってみました。
c0024502_1833880.jpg

真横です。自分で作ったんですけど、良いものです。
口からプロトンビーム出てもおかしくないカッコ良さ。
c0024502_1835373.jpg


これで野望の一つを制覇した訳ですが、満足な結果でした。

陶芸って本当にいいもんですね。(水野晴郎風に)

みんなもやろうよー陶芸は楽しいよっ。
でも、ロクロをいくら回してもこのような作品は作れないです。

陶芸 ブログランキングへ
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-20 20:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

猫ちいサンショウオ植木鉢。アクアトトで販売か?


球猫とちいサンショウウオとカップ(植木鉢)を合体!
c0024502_6591369.jpg

ちいサンショウウオはこんな感じに乗ってます。
c0024502_6592871.jpg

後ろは尻尾で植木鉢と猫の結合力をサポートしています。
c0024502_6594228.jpg

植木鉢なので穴が空けてあります。
c0024502_6595947.jpg

アクアトトで年数回のボランティアをしています。
昨日は川遊びのサポートだったのですが、自前のウェーダを履いて炎天下でフラフラでした。
低学年の子が対象でして、ヌマエビメインで、ヨシノボリ、カマツカなどが捕れました。
レアでいけばコオイムシとか、タイリクバラタナゴもいたり。
子供は元気ですねぇ。

実はボラのツテで、アクアトトの水族館グッズ販売店「Fish Tank」さんにオオサンショウオ達を置いてもらえるかもです。
水族館でオオサンショウオを販売するとなると自分を含めて水生生物好きの方がいるので売れ行きに興味津々です。

今後、どんなのを作ればいいかアクアトトの体験学習チームの方やボランティアで一緒の方に聞くと、一般の方が知らないようなサンショウウオやアルビノを作ればいいとか、絶対誰も知らないものばかりを挙げて下さいました。(自分は分かるけどダメだよ、マニアック過ぎるよ~)
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-15 06:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

モモンガとぶ!

モモンガ空を飛ぶよ~。
自立しないモモンガを見事にリカバリしました。

「ダンバインとぶ」のBGMで御覧ください。
c0024502_17123270.jpg

カッコいいっしょぉ~。
見事なリカバリでした。こりゃいけるぜぇ。
木の穴を結構ユルユルにしておいたのに、想像以上に縮んでギリギリでした。
ってゆうか尻尾が中に入ってないです。
c0024502_17124256.jpg

びゅーんって感じです。

適当に作った木が中々良い色に焼きあがりました。
プレッシャーに弱い生き物なので適当というのが大事です。
今度はモモンガと木は同時に作って穴の大きさをちゃんとマッチさせしましょう。

それにしても暑いですね。
最近の世の中の暑さに、今に外気温が60、70度になって普通の格好では出歩けない環境が来るんじゃないかとリアルに錯覚しました。
SF好きなもんで色々妄想します。中二病かもしれない。

ところで、「キケン」(機械制御研究部)という小説を一気読みしました。(久々に止まらなかったよ)
かなり、面白い。
著者は有川浩さん。wikiで調べたら女性で更に、影響を受けた作家が新井素子さん?
あ~、そりゃ自分がハマるわけだわさ。新井素子は自分も好きやもん。
最後にジンきたですよ。

柳ヶ瀬に納品ついでに自由書房で雨宿りしながら衝動買いした割に大当たりでした。
この人の作品は読んでみよう。
「三匹のおっさん」ってかなり気になってたんだけど、この方の作品だった。
なんか感じる作品は素直に買って読んどいた方がいいかもなぁ。
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-13 21:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

蒸し暑い!けど、CROSS OVER ROADさんのレンタルボックスに納品

暑いYO、蒸し暑いYO!
暑い、暑いって言うな!余計暑くなるってよく言われますが、暑い。

朝から曇ってたんですが、まぁ、なんとかいけると思って自転車で柳ヶ瀬までチャリチャリ。
早めに着いたのでクロッキーとか寄り道してからCROSS OVER ROADさんへ。
ミニギャラリーの作品の引上げもする予定でしたが、CROSS OVER ROADさんのご好意で8月くらいまでは展示してくださることになりましたので、そのまま居残りとなりました。
今のレンタルボックスの中
c0024502_18281530.jpg

その前にズラリと並んだ作品達。
c0024502_18282191.jpg

ちいサンショウウオが全部売れ切れてしまってたので、早速納品しました。
ちゅうサンショウウオがかわいいのに売れないですよ。
売れちゃうと思って自分用にさらに作成したのになぁ。
この不景気の中、こんなもんに1000円以上は出せんわ!という感じでしょうか。
1700円なので納得です。
大きさが違うだけでほぼ同じ作りなので、500円のちいサンショウウオを買いますよね。
c0024502_18283194.jpg

はっきり言おう!
手間はほぼ同じで、大きい方が作り易いです。
小さい方が細々して難易度が高いと思います。
(原価は当然でかいほうが高いけど)
作った人にしか分からない苦労があるのです。
まぁ、売れ残ってもオオサンショウウオ大好きなので家に一杯あっても問題はないです。
棚を作らないといかんです。
植木鉢も人気無しで一個しか売れなかったです。
すごく手間がかかるので、もう作らないですよ~。1800円です。
c0024502_18284096.jpg


岐阜は夕立なのか、土砂降りが何度かありました。
高島屋で買い物(本屋とか地下の御座候)して外に出ると滝のような雨が降ってました。
自転車なので帰れない・・・。(登山用リュックを持ってたのでカッパは所持してましたが)
商店街はアーケードなので雨も避けられ便利です。
大衆食堂「来て屋」のあんかけナポリタンで遅い昼食をとり、空の様子を見切って帰宅しました。
へっへーん、降られなかった。天気を膚で感じ、見切る男です。

雨が降ったなら涼しくなってほしいですね、すげー蒸し暑いままです。
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-06 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(2)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧