<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レンタルボックス納品とか柳ヶ瀬のやなな引退とか

日曜日の午前中は雨が降って引きこもり感満載でしたが、そうも言ってられずに柳ヶ瀬に作品の納品とやななの引退イベントを見に行ってきました。

柳ヶ瀬通りに入るとすぐこの垂れ幕がありました。
c0024502_013290.jpg

ポスターとかもありました。
c0024502_014667.jpg


やななイベントの様子。人が一杯で写真も上手く撮れないです。
やってるとこが狭い場所の狭いステージなのでしょうがないのですけど。
c0024502_015869.jpg


彦にゃんの偽物発見。
通りに各種ゆるキャラグッズを販売してました。
柳ヶ瀬ってメイン通りだけなら歩くと結構狭いでということに気付いた。
c0024502_0273.jpg

何かのかわいいゆるキャラ。
c0024502_021698.jpg

猫がいた。
c0024502_022899.jpg

くまもんは背中した撮れず。
というかステージ周りだけ人が一杯で冷めてきました…。
c0024502_023752.jpg


冷静にイベントやってる柳ヶ瀬を見てみましょう。
イベントやってる通りはこんな感じ。普通の商店街ですね。
c0024502_024833.jpg

レンタルボックのあるやながせ倉庫の通り。
人が少ないというか二人しか映り込んでないっす。
メイン通りじゃないのでいっつもこんなです。
イベントやってようがやってなかろうが人通りは少ない。ある意味安定している。
c0024502_03677.jpg

やなな引退イベントの最終日でこんななので衰退していくしかないのかなぁ。

やななの本を買ったり、旧自由書房の古本を観たり、南陽堂に久々に行ってみたりしました。
レンタルボックにちいサンショウウオやコツメカワウソを納品してきました。
こんな感じです。
c0024502_032566.jpg


歩きながら近所の神社の桜を。
c0024502_033617.jpg

狛犬好き。
c0024502_0151165.jpg


岐阜の街は好きだけど、やながせ終わった・・・。
というかイベントの数減っただけかな。
俺には何もできませんが、自分の作品を販売して買いに来てくれる人を増やせれば幸いです。(無理?)
[PR]
by cokky1 | 2013-03-31 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

猫の住む塔(陶?)その2 信楽並土

猫の住む塔その2です。

粘土は信楽並土でペン立て。
レンガは緋色釉で壁の茶色は黄土。窓はベンガラは同じですが、黄土の反応が良すぎです。
粘土に鉄分が多いのか、還元(中性かな)に傾いたのか全体的に緋色が過剰に出てます。
c0024502_20415011.jpg

黒猫が落ちそう。
c0024502_2042552.jpg

内側は透明釉で白っぽく焼きあがってます。
使い方によっては面白い粘土です。(結構粗い粘土)

粘土は同じで花器バージョン。教室行った時に余った時間の2時間で作成、高さ22cm。
水がダ~ダ~に漏れてきます。
白マットで塔に積もった雪を表現しました。てっぺんに犬もいます。
c0024502_20423469.jpg

タタラを切ったままの跡を残して作りたかったのですが、先生がヘラで表面は締めた方がいいとのことで綺麗に均してしまいました。
綺麗な表面は不要なのでその時持ってたタオルでエンボス加工しました。
タオル地はいい感じです。
c0024502_20425878.jpg

窓のベンガラ真っ黒け。信楽並土は本当に鉄に反応良すぎますなぁ。
石垣は紅志野。
溶けきらずにツブツブが残って釉薬薄めで緋色が出るのも予定通りです。
(1250度の釉薬で還元で緋色が出るけど、教室は1230度で酸化なのですが上記のようにコントロール可能)
予想通り過ぎて面白くなかったりします。
陶芸の醍醐味は予想できない良い結果ですよねぇ。(悪い方は嫌い)

そういえばうちの教室で作るカブトはクオリティが高すぎる。
先生の指導と作成手順が洗練されてて生徒さんもみんな上手いです。
[PR]
by COKKY1 | 2013-03-29 22:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

岐阜市city版咲楽4月号に載ったよオオサンショウウオ

岐阜では有名なフリーペーパー咲楽。
その中で岐阜市版とという少し大きめで薄いのが岐阜市民のみに配布されてます。
(自分は岐阜市民では無いので入手困難です)
その4月号にやながせ倉庫が特集されています。

CROSS OVER ROADさんも掲載されていますが、その中にオオサンショウウオの写真が載りましたよ。
咲楽の記者さんが気に入ってくれたそうです。
ありがとうございます。

小さい写真ですので、是非探してみて下さい。
リンク貼っておきますね。

咲楽ホームページ


岐阜市city版咲楽4月号 やながせ倉庫特集
[PR]
by cokky1 | 2013-03-20 11:38 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

猫の住む塔(陶?)その1

猫の住む塔(陶)(漢字変換で「とう」と入力すると最初に「陶」が出る、何気に合ってるし・・・)。

粘土は古陶小です。ペン立てバージョン。
レンガは緋色釉で壁の茶色は黄土。窓はベンガラ。
c0024502_2210190.jpg

三毛猫がいます。
c0024502_22101241.jpg

試験なので黒マットでも汚しをしているかも。
色々やり過ぎて忘れました。
塔シリーズは成功ですので、今後は色々展開していきます。

陶器の宿命ですが課題は水漏れです。
花器系は水漏れ防止剤使うしか無いですが、サボテン用植木鉢を作ろうかと。
中に透明釉を施釉して本焼きしても漏れるので、中の施釉を止めて吸水性があるのを逆手にとって植木鉢にすれば丈夫で吸水性のある鉢できる!
次回からボチボチ作ろうかと計画中です。(タタラは自宅でやるのは超面倒。場所を取るから嫌い)

本シリーズも。
人の顔に色を塗るのはやめようと思いました。
白土と赤土を混ぜて焼いた時にアイボリーになるようにした方がいいです。
c0024502_22102460.jpg


施釉はいつも陶芸教室の1階で独りでもくもくと3時間ず~っとやってます。
ちなみに施釉をこんなに時間かけてやってるのは自分だけです。
今日も集中し過ぎてかなり疲れました。
c0024502_22104473.jpg

そういえばリアル猫がいました。
やっと仕上げたけど疲れて手抜きになりました。
[PR]
by COKKY1 | 2013-03-17 23:30 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

土岐クラフトフェア2013 気合十分 みんなGO!

昨年と違い気合十分で挑んできました土岐クラフトフェア2013。
3/8(金)から開催なのですが、行ったのは今日の3/9(土)で2日目なんですけど、明日もあるのでみんな散財しようぜ!
陶芸だけではなく、革や木工にも興味シンシンな今!
素人ですけどレンタルボックスで販売してるのでちょっと目線が変わったのです。
気合入れてゲリラ的に写真撮りまくってます。
それではレポートをお届けします。

お天気も良くて最高なクラフト日和
c0024502_231221100.jpg

気合入れて10時前に散策してるのでこんな感じです。
c0024502_23123235.jpg

駐車場から入ったすぐにある革もの工房さん
c0024502_23124297.jpg

お店の名前分からないけどドームでもよく見る木工屋さん。
いい作品が一杯。欲しい。
c0024502_23125290.jpg

流木作品
c0024502_2313117.jpg

布のパチワークカバンとか、いいデザインのがありました。
女性ものメインでしたが、センスいいです。お勧めっす。(多分)
c0024502_2313935.jpg

ここで、すごいの発見!
木彫ヤハラさん。仏壇の龍とかの彫刻をしてらしゃる職人さんがヒノキで作る彫刻作品!
クジラとか昆虫ですよ。生き物大好きで自分でも作ってるんで目に止まらないわけがないです。
c0024502_23131947.jpg

昆虫たち。
手前にある荒彫りの木からクワガタができるそうです。凄すぎる。
一発勝負の彫刻は陶芸より緊迫感がありますね。
c0024502_23133056.jpg

ザトウクジラやシロナガスクジラ、イルカ、サメ等々。
c0024502_23134732.jpg

バッタとかもいる。
c0024502_23135839.jpg

アクセサリーもあります。お勧めです。
c0024502_2314679.jpg

KAGURA神楽 椎名さん。陶器まつりでも毎回会うので顔見知りの作家さんです。
今回は新作のサボテン植木鉢がありました。
c0024502_2314183.jpg

カラフルで発色の良い植木鉢です。
お得意の貫入もありサボテン付きで作家さんの器が買えます。
神楽さんはいつも最初からお値打ちなのにそれにサボテンがついてきます。
いつ買うのか、「今でしょう」(CMのような感じで)
渋い作品もありますよ。これもお勧めです。
c0024502_23143098.jpg

次はつるがクラフトでも買った作家さん。
mittsu muttsuミッツ ムッツ革と雑貨の作家さん。
500円玉が2枚収納できるキーフォルダは絶対お勧めです。
c0024502_23144247.jpg

松永弦楽器工房Sinさん。木工いいよねぇ。
目を引いたのがさえずりどんぐり。
どんぐり大好きでタダでさえ食いつくのに更に付加価値がついた。
金具部分をクリクリすると鳥のさえずりが聞こえます。
c0024502_23145216.jpg

さえずりドングリはは小さいストラップと大きめのネックレスがあります。
付けないけどネックレスの方をGETしました。
c0024502_2315362.jpg

忘れちゃいけない、きのこ。
磁石が仕込まれてていい感じです。きのこも好きなんだけどね。お勧め。
c0024502_2315136.jpg

去年は我慢した変形椅子!
変形ものに弱いのです。(ガンダム世代は特にね。子供か!って自分で突っ込む)
クラフト工房さん。
椅子が、
c0024502_23152537.jpg

踏み台に変形する。
見本で置いてあるのは塗装がしてあります。
c0024502_23153440.jpg

販売されてるのはヒノキそのままで木の感じがいいです。
1年我慢したから買ったけど。
昨年との違いはネジ部分がダボで埋めてあるとこだそうです。
岐阜県の作家さんらしいけど、どこか聞くの忘れたぁ。しまったぁ!
c0024502_23154869.jpg

お店の名前分からないけど動く木の組立キット。
c0024502_23155840.jpg

お次はジョイライフワークスさん。木の人形。
これもある意味変形します。
手足がゴムで繋がれていまして、引っ張って位置を変えると立ったり、座ったりします。
女の子や豚などの動物、兵隊さんとか色々いますので見てるだけで楽しいです。
自分のお気に入りを見つけて下さい。
c0024502_23161897.jpg

鳥の笛のお店。名前分かんない。
小指より小さい笛ですけど、音階も出せるしうぐいすの声も出せるすぐれものです。
欲しかったけど、使う場所が無いので我慢しました。
気になる人は是非。
c0024502_23163064.jpg

まな板が置いてあるお店も。
c0024502_23163874.jpg

革工房FGLYさん
かわいい靴のネックレス?いい感じです。
こーゆーの好きなんですが、使えないので買えないです。
気になる方はお出かけ下さい。無くなっちゃうよ。
c0024502_23165662.jpg

五つの銅貨さん。桜の木で作った卵。
反射神経で買ったけど。
c0024502_23171563.jpg

木のスプーン
c0024502_23172437.jpg

木の器Uddyさん
c0024502_23173318.jpg

木のおもちゃ。店名不明。多分つるがクラフトで買ったことあるとこだと思うけど。
c0024502_23174374.jpg

実は、地元の土岐、下石とかの陶芸ブースはお客が少なくて寂しい感じ。
自分は見たことあるものばっかでした。
c0024502_23175593.jpg


では、余り興味が無いグルメブースです。
c0024502_2318550.jpg

ずわい天?高いんだけど。
c0024502_23182152.jpg

行列の亀之助らーめん。去年も行列だったなぁ。
どんなけ美味いんだろうか?でも、行列の時点でスルーです。
c0024502_23183246.jpg

厚切り牛たんクシも行列。そんなに有名なの?知らないっす。
c0024502_231844100.jpg

ホルモンうどん。4軒くらいあったような気がする。
興味があったがたくさんあり過ぎでテンション下がる。(なんで?)
c0024502_23192968.jpg


さて、散財してきた結果の戦利品です。
木彫ヤハラさんのオオクワガタ!。
ミヤマが良かったけどミヤマの黒オイル塗りが無かったです。これ一個の木からできてますよ。台も一体です。
色々お話させて頂き楽しかったです。
作家の禁句「面倒くさい」を聞いて、自分は作家失格と思った…。ずっと面倒くさい自分。
c0024502_23195260.jpg

神楽さんのサボテンカップと五つの銅貨さんの桜の木の卵。
黒マット系釉薬のカップ渋くていいです。
c0024502_2320472.jpg

mittsu muttsuミッツムッツさんの500円が2枚入る革キーフォルダ。
また買った。
欲しかったんです。今使ってるけどお気に入りです。
c0024502_23202024.jpg

松永弦楽器工房Sinさんのさえずりどんぐり。
メンテ用に松脂もくれました。
鳴かなくなったら、金具をスポって抜いて松脂を麺棒で補充してねとのこと。
摩擦で鳴くので脂は厳禁。手の脂も注意だそうです。
c0024502_23203489.jpg

ジョイライフワークスさんの熊。
猫は無いの?と聞くと、手間がかかるので止めたとのこと。残念。
c0024502_23204865.jpg

クラフト工房さんの踏み台&変形して椅子。
自分でニスを塗る楽しみもある。
c0024502_23205946.jpg


今年は楽しかったです。木工強しですね。
明日もやってるのでみんな行きましょう。
土岐プレミアムアウトレットも歩いていける距離にあるのでいいですよ。

それでは。
41枚の画像編集疲れましたですよ~。
[PR]
by COKKY1 | 2013-03-09 23:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)

コツメカワウソとちいサンショウウウオ とか

レンタルボックスで販売をしておりますが、ちいサンショウウオが売れ切れた模様。
ありがたいことです。
ということで、追加で作成しましたちいサンショウウオです。
お手頃価格の500円。粘土色々、黒御影、鉄赤、常滑、テラコッタ、信楽等々。
c0024502_21434938.jpg

こんなにたくさん置く場所が無いので納品するのは全部ではないですが、頼まれると余分に作成します。
これは空洞ではないので陶芸作品と呼んでいいか分かりませんが、作る度に色々改善して変化していくので興味深いです。
空洞にしないのと大きさが小さければ、面倒くさがりの自分にとっては早くできるので楽っちゃー楽かも。
で、コツメカワウソも作ってみました。
c0024502_2143589.jpg

白化粧の模様を描いたのは1匹だけですが、他のも同様に白化粧する予定です。
基本的に自分が欲しいものを作るので、販売するかは分かりませんけど、同じようなのが作れそうなので試しに販売してみてもいいかもです。
値段が悩むとろこですなぁ。
ちいサンショウオより白化粧分手間がかかるし、形成が難しい。

そういえば、このちいサンショウウオとコツメカワウソは一切部品を後付けしてないです。
一個の粘土の塊から手足耳尻尾をひねり出してます。
これも手間を省く要因になってます。
この方法で色々作れそうな気がしてます。古代魚とか作ろっかなぁ。
でかいネオケラ(オーストラリアの肺魚)を作りたかったけど、小さいの作ってみよう。(簡単だから)


ところで岐阜大学教育学部美術教育講座?制作展を岐阜県美術館に観に行きました。
この前、高校生のを観たので今度は大学生。
社会人手前の方々はどんな作品を作るのか?
自分は、親戚のおじさんが独学で油絵を描いてまして、小さい頃から油絵を観て育ってます。
で、そんな環境の社会人が観たコメントだと思って下さい(ちょっと辛口になりますけど)

油絵、彫刻、デザイン色々ありました。
大学ではこの制作展で展示されているような作品作りだけを習ってないことを祈りたいです。
その過程で得るものがあれば社会に役立つと思います。
作品自体はこれがゼロから作り出せる才能はすごいですが、生活していくための役にたたないかも。
素人目に上手いと思った作品は一つもなかったです。(すごいとは思ったのはあった)
今は芸術で食っていけないですから、女性が9割占めているのがその証拠かもしれません。
男は無理でしょ、これ。
社会で暮らしていくのに武器になりません(金にならない)。
趣味ならすごいけど、大学にたくさんお金使ってこの作品?って思いました。
素人さんが趣味で作ってる作品ならこんなこと書きませんけど、大学で美術専攻しててこれかぁ。
(「教育」ってついてるから教員免許とかとってることを祈ります。)

木で作った彫刻は????という気がしました。
なだろうあれ、どうしたいんだろう。
大胆さが無く、削り過ぎるのが怖くてボッテリした人の形の彫刻ってのが感じられました。。
木の模様は良かったけど。
自分的にはチェンソーアートのケイジさんを見習って欲しいかなぁ。

石膏とか粘土で作ったのは、片手間に作ったのならいいけどぁ、????だったです。
どこを目指したいのかなぁ。(あれくらいなら作れそうだよ?)
将来の趣味なら正解ですが大学に払うお金がもったいないなぁ。
アンケートに書きたかったけど、何も書かずに出しました。(漢字書けないので手書きは無理)
若い子、まだ時間はあるから頑張れ!先生は何してんだろう。
あー、こんな余裕のない世の中なんだよなぁ。
[PR]
by cokky1 | 2013-03-03 21:52 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧