<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

三毛猫とガジュマル トックリランもね

この前焼成した三毛猫とガジュマルを並べてみました。
c0024502_2137262.jpg

白化粧がほとんど目立たないですね。
もうちょっと汚せば良かったかな。

トロの散歩・・・何か見とる。
c0024502_2137183.jpg


でっかいトックリランを植え替え。
結構、根が詰まってたので根の下の方を切って口径の大きい鉢に植え替えました。
根本のコブを大きくしたいので深さより広さを優先しました。
c0024502_21372815.jpg


上の子の植木鉢のお下がりを下の子がもらって植え替え。
大きくなぁれトックリラン。。
c0024502_21373745.jpg

[PR]
by COKKY1 | 2012-07-31 23:50 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

形あるものは壊れる

形あるものは壊れます。
自分も数々の作品を意図せず壊してきてます。
(職人さんみたいに「こんなの俺の作品じゃねぇっ!」って壊したことは無い。)
全部不注意です。素焼き前、素焼き後、本焼き後。

今回、作品が飾ってあった場所にものが倒れて大惨事になりました。
作品が壊れることに関しては悟りを開いているので慌てることはありません。
「形あるものは壊れるんやからねぇ。まぁいいや」という感じです。

でも、大事な作品ですので修理するための信頼のアロンアルファ、瞬間接着剤です。
買って来ました。100均のはダメです。
c0024502_20311933.jpg

大惨事の現場は写真には撮ってないです。片付けるのに必死でした。
被害者の方々ですが、この子達は既に修理した結果です。
c0024502_20313174.jpg

アロンアルファはすごいぞ!これからはアロンアルファ使います。
ありがとう瞬着!
一番重症だったのはこの子です。
超面倒くさかった大きな龍。
c0024502_20314679.jpg

これでも結構修復後の写真です。
鬣とかポリンポリン折れて、足の指もポロポロでした。
写真の胴体の折れ方って、3分割で作った時の接続部分じゃないか?
確かこんな感じで3分割の筒を接続しました。
中は空洞のポリシーによりこんな感じ。
c0024502_2032533.jpg

尻尾は複雑骨折というかバラバラ殺人事件です。
c0024502_2032188.jpg

今回、直していて思ったのですが、すごく楽しいんだけど。(●⌒∇⌒●)
もう、立体パズルなんですよ。
細かい破片を組み立てると部品になる世界。
プラモデルと似てなくも無いです。
ピンセットで破片を合わせてぴったりはまる所を延々と探します。
破片が一致した時の喜びは言葉に言い表せないです。

結局、ここまで修理しました。
余ってる破片多数ありますけどね。
c0024502_20323416.jpg

後は上半身部分とお腹を接続なんですけど、頭の重さの負荷が一番かかる所なので瞬着で接着するだけでいいものか思案中です。

陶器の修理が以外に楽しかったのに驚き。
怪我の功名でした。

本当は壊れて欲しく無いですけどね。
もう、危険なものがある近くには飾るのを止めます。
再発防止対策は必須です。

陶芸をやってる方お気をつけ下さいませ。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-29 23:30 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

フクロウ祭の結果

チビっこフクロウ達。
気晴らしに作るのも悪くないかな。
c0024502_1523650.jpg

目のマンガン釉がはじかれました。
素焼き前に塗ったのがいけないのか。
先生に確認すると釉薬が多いとはじかれるとか。
素焼き前がいけなかった気がしなくも無いですけど。
施釉時間を短縮するため、乾燥時に目をマンガン塗って持ち込んだ訳です。
素焼き後の釉薬の吸着力と素焼き前の吸着力ではやはり違いがあるような気もします。
今度は面倒でも素焼き後に塗りますよ。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-24 21:50 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

フクロウのランプシェード&香炉

フクロウ焼成結果です。
一番でっかいフクロウ。
切り株台に乗せて撮影。
c0024502_18255763.jpg

お香を入れたら予想通りに頭から煙が出ました。
思惑通りです。
この焼成は予想外にいい色に焼きがりまして良かったです。
あっさりアイボリーでなく、焦げ茶っぽくなって満足です。

光の関係もありますが、下のひげクジラと同じ配合の粘土です。
[PR]
by cokky1 | 2012-07-22 19:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

シロナガスクジラ ヒゲ系

一番大きく作ったクジラ
c0024502_21490100.jpg

何とか一輪挿しになりました。
水漏れもしません。
c0024502_21491315.jpg

お腹は白化粧。

この粘土の焼き上がりの色は想定外。
(てゆーか、でっかい龍がこの色だった。忘れてました。
フクロウ全部この粘土だったけど大丈夫だったのに。焼成の加減か?)
酸化だからしょうがないけど…。
信楽赤土中目+A4赤土混合。
両方共信楽粘土だけど色が薄い?
赤土なら赤土らしくビッと色出さんかい。
赤土焼成結果嫌い…。酸化焼成はのっぺり単調。
古美濃山赤+A4赤土混合なら良さそう。

最近続けてコメントスパムがあったのでコメントを承認制に設定変更しました。
また続くようならコメント禁止にする予定です。
面倒くさがり屋に嫌がらせしないで。面倒だから。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-15 23:47 | 陶芸 | Trackback | Comments(6)

シロナガスクジラ 織部系

シロナガスクジラですがグリーン。
お茶っぽいくいい感じ。
c0024502_21593834.jpg

透明釉の上に織部。
黄土で全体を汚してから、お腹部分に撥水剤を塗って透明釉に背中部分をドボン。
続いて織部へ背中をドボン。
余分な釉薬を削り落とす。
目の部分を掘り出してマンガン釉を詰め込む。

この施釉結果はいい感じ。
白くなくてもカッコいい。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-12 22:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

じきかぼちゃの謎 実は印食かぼちゃ(いんじきかぼちゃ)

自分が小さい頃から食べてるかぼちゃは「じきかぼちゃ」と呼ばれてます。
(漢字はずっと不明だった)
一般的な「ホコホコ」なかぼちゃでは無く、煮ると「トロトロ」で味が全部にしみわたり非常に美味。
「じきかぼちゃ」という名前自体も一般には通じないようです。
何でこんな美味しいものが!とずっとネットで調べてもずっと分からずじまいでした。
これです。
c0024502_2236848.jpg

じきかぼちゃを作ってる農家のおじさんにどんな名前の苗を買ってるのか聞いてみたが、
自分で種をとって次世代の苗を育てるので種、苗は買ってないと…。
ずっと自給自足状態。
ただ漢字で書くと「食かぼちゃ」(じきかぼちゃ)だということでした。
でも、じきかぼちゃは戦前からあるとのことが判明。
自分の住んでる岐南町の歴史まで遡るのですが、昔は印食村、徳田村などがあり、
合併して八剣村になったとか。
現在でも徳田、上印食、下印食の地名は残っています。
「じきかぼちゃ」は方言だろうとは推測してました。
で、キーワードの「印食」(いんじき)
本来は「いんじきかぼちゃ(印食かぼちゃ)」じゃないのか?と。
調べてみたらありました。岐阜県のHPに
やっとみつけました!スッキリしました。

印食かぼちゃをずっと食べてるので、普通のかぼちゃは余り好きじゃないです。
ホコホコしたかぼちゃはさつまいもと変わらないし。

農家のおじさん曰く、宮崎の「日向かぼちゃ(黒皮かぼちゃ)だろうという情報も。
その特徴を調べると、
「果肉はねっとりとし煮くずれしにくく甘みが控えめなのが特徴ですが、その分、調理する人の好みの味付けが可能」
まさに、その通り!
のっぺりしたかぼちゃは自分にとってはかぼちゃじゃないのです。
ごつごつしたかぼちゃがかぼちゃなのです。
いくらでも食べれます。
c0024502_22363064.jpg

興味を持った方は一度、印食かぼちゃ(日向かぼちゃ、黒皮かぼちゃ)をご賞味ください。
くれぐれも、味付け勝負なので岐阜県HPのレシピを参考にどうぞ。
じきかぼちゃ美味し~い。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-08 22:42 | 考察 | Trackback | Comments(0)

シロナガスクジラ リアル系

一番最初に作ったクジラ。
目が怖い。
c0024502_21154031.jpg

でっかいクジラ計画中だけど、面倒くさくなったら中止。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-07 21:15 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

やながせ倉庫 ゆるキャラも大集合

岐阜の柳ヶ瀬にやながせ倉庫という作家さん作品など販売する雑貨屋さんかあると聞き見てきました。
噂では知ってたけど、どこか知らなかったんです。
キーワードの「やながせ倉庫」でやっと判明しました。
柳ヶ瀬商店街の完全なマップ作って欲しいもんです。
c0024502_12133890.jpg

岐阜へはよく行くほうなのに全く知らなかったです。
c0024502_1213515.jpg

どこをどう見ていいか良くわからない…。
こーゆーの嫌いじゃないけど、狭いので邪魔になっちゃーいかんと思うと、落ち着かないなぁ。
芸術家さんはビジネスはおいといて、このような雰囲気のを好むのかな。
入った中なんだけど、ここ何?吹き抜けとる。
c0024502_1214210.jpg

自分にとってはダンジョンと化してます。
3次元構造なので2次元マップを見てもよく分からない。(強度の方向オンチ)
目当てはレンタルボックスCross over Roadさん。
邪魔な作品を置いてもらっって販売をたくらむ。
しかし、行った日はお休みでした。
自分も知らなかった、知る人ぞ知る感じの場所。
おまつりイベントの休日でこれだと普段のお客はさんはどんなだろう。
雑貨好きのマニアさんしか行かないのかねぇ。
ゆるキャラまつりで人が賑わっているのに、ここはガラーンと人が少ない。
人が一杯いても入れないっぽいけど。

やってたゆるキャラまつり。
c0024502_12141795.jpg

やななとひこにゃん見たかったがいなかったよ。
くまもん。簡単そうなので作ったろかい。
c0024502_12142650.jpg

グーグー?名札に書いてあった。
c0024502_12144996.jpg

ガンダムっぽいもち。控え室から出てきたとこ。
c0024502_121558.jpg


ゆるキャラまつりは撤収して移動。
長良川。
カヌーやってるとこに水上バイクが爆走。
水上バイクはひっくり返って沈めばいいのにと強く念じました。ヽ(`⌒´♯)ノ
マナーとかルール守らない輩は嫌い。
c0024502_12153841.jpg

ここまで行ったけど、力付きて撤収。
マウンテンバイクでは坂はきついぜ。
変速がずっと調子悪くて、調整してったんだけどなぁ。
c0024502_1217375.jpg

疲れました。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-01 12:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧