<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

庭の植物たち 気まぐれ剪定など

気が向いたので黒竹のボッサボサの葉っぱを剪定しました。
これでもがっつりやったんですけど。
手前の葉っぱが無い数本は黒竹の釣り竿にするやつを育成中。
全然黒くならん。
c0024502_22124728.jpg

小さいのも周りに生えてきます。
普通は一本ドーンって生えるのですが、広範囲に根が侵食してきたので掘り返して
根っこごとぶった切ったとこ。
根っこの終端はこんなんになるんかなぁ。
小さくていいです。植木鉢に植え替えてやろうかな。
c0024502_22125850.jpg

ジオラマ好きなので、盆栽を始めようかと買ってきたやつ。
欅(斑入りけやき)と楓(かえで)。
盆栽の仕組みがいまいち理解できない。
小さいのに大木のような風格を出すにはどうする?
幹を太くするには?小枝と葉っぱだけ伸びるのは他と一緒やけど。
まぁ、気長にやります。
後ろのオリヅルランは雪でやられたはずなのに完全復活。強い!
でも、増えて困る。
c0024502_2213147.jpg

どんぐりから発芽。多分コナラっぽい。
盆栽にするしかないな。
c0024502_22132578.jpg

ワイヤープランツ。
うちでは古株。雪や水キレにも負けず頑張る丈夫な子です。
剪定しなきゃね。
c0024502_22134242.jpg

アイビー。イエローリップル?古株です。
一時期マイブームで買いまくったうちの生き残り。
小さな苗からこんなになってます。
剪定したんだけど思い切りが足りない。
c0024502_2214467.jpg

アイビー。ゴールデンチャイルドかなぁ。古株。
c0024502_22141643.jpg

アイビー。ホワイトワンダー?幹が木みたいに固く太くなってる。
この子も長生きさんです。
c0024502_22142585.jpg

トックリラン。形が面白いし成長(変化)するので好き。
一時期マイブームで買いまくったうちの一つ。
合計5つあります。枯れたら嫌なので複数抑えるのがクセです。
c0024502_22143881.jpg

ベンジャミンスターライト(斑入りのやつね)
たくさんあったのにほとんど枯れました。
ベンジャミンはもう買いません。難しいです。
何故か成長しないというか幹が太くならない。
c0024502_22145157.jpg

ハツユキカズラ
この子も元気。
c0024502_2215012.jpg

桔梗が咲いてました。
この子も毎年咲きます。アイビーと寄せ植えですが、このアイビーの種類は不明。
c0024502_22151483.jpg

ゴーヤ4号鉢。これで最後。もう増やしません。
c0024502_22152329.jpg

穴の中のあぶ。
暑いからって穴掘るなよなぁ。
c0024502_22153382.jpg

[PR]
by COKKY1 | 2012-06-28 23:30 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

シロナガスクジラ 目がテン系

シロナガスクジラが焼けました。
白土で作成し、黄土で汚しました。
c0024502_1143355.jpg

100gちょいの粘土で作成してるので小さいです。
上の穴が小さくて一輪挿しにならないことが判明しました。
不安定な置物になりました。
これは口にスミ入れし過ぎた。
c0024502_1144596.jpg

尾ひれを下げてあるので案外安定してます。
c0024502_1145972.jpg

[PR]
by COKKY1 | 2012-06-24 11:06 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

溶化化粧土 実験

動物の置物をつくるという本に、溶化化粧土というのが紹介されています。

天草陶石62+合成ワラ灰12+蛙目粘土7

合計81にしかならないという不思議な調合。
教室の先生に調合を相談した時、二人で「えっ????」ってなってました。

たくさんつくると失敗した時にゴミが増えるので
全部2倍にして調合しました(124g+24g+14g)
ワラ灰は天然です。自分でワラを燃やして作ったのを使用しました。
天草陶石は持って無かったので200gぐらい先生に売ってもらいました。
乳鉢でスリスリ。
c0024502_22301217.jpg

本は還元焼成1250度ということでアイボリーっぽく仕上がってて良い感じ。
教室は酸化焼成+1230度
向かって左から、素焼きに厚めに垂らし、生掛け、素焼きに筆塗り。
c0024502_22302273.jpg

真っ白け。
先生曰く、「溶けきってない」、「直置きすれば棚板にはくっつく」
温度が1230度と1250度の差があるので溶け具合は当然。
更に酸化と還元の違いがあるため、色合いは還元の方が味が出ますわなぁ。
まぁ、当然の結果になった訳です。
酸化では白化粧と余り変わらない感じがします。
やはり陶芸といえば還元だよな。(酸化はあっさりするからねぇ)

還元って「分子(原子)が電子を与えられること」らしい。
還元焼成って粘土から酸素を奪うことと思ってたけど、電子の移動なの?
そもそも、何で還元すると素地に色んな色が出てくるだろうか。
理由をすごく知りたい。
[PR]
by COKKY1 | 2012-06-20 23:29 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

梅雨の晴れ間は気持ちいい

梅雨なので昨日は1日中雨でしたので洗車しました。
降ってる雨水のみで洗うのでエコです。(コーティングしてからできる技)
今日は段々晴れてきましたね。
風も案外冷たくて気持ちいい日和でした。
トロは勝手に散歩&縄張り偵察。
c0024502_17522853.jpg

あぶの散歩帰り。
c0024502_17523832.jpg

教室で古陶小の粘土を買ったので色々作ってみました。
久々に100g猫。(120g位だったか?)
古陶小は手練り系では作りやすい粘土です。
見づらいですが、顔の下からお腹は白化粧してあります。
左上部は黄土と蛙目粘土を適当に混ぜた化粧土。
予定ではこげ茶色になります。
c0024502_17525188.jpg

鯉のぼり新バージョン。
鱗を手抜きして網目状にしました。
ナイフで斜めに切れ目を入れるだけ。
c0024502_1753499.jpg

これを作ったら、普通の魚もいけるじゃん?と。
顔を見なければセイゴっぽい。
では、かわいいメダカをと作ってみました。
c0024502_17531544.jpg

口というか顔がメダカっぽくないかな。
顔がベラみたい。
もう少しうけぐちっぽいのがメダカ。

何か大きい作品を作りたいけど、猫しか思い付かないです。
V作戦やろかなぁ。面倒だなぁ。
[PR]
by COKKY1 | 2012-06-20 00:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

フクロウ祭り

陶芸で何かを作ると作成工程をラーニング(青魔法的な)するためにたくさん作ります。
前回のラーニングテーマは鯉のぼりでした。
フクロウは久々なので小さいの10g位の粘土で複数作成。
徐々に粘土の量を増やしていきます。
20g(頭に皿乗っけたやつ)に増やし、50g(羽根広げてるやつ)に増やし、100g(一番後ろの)でラーニング完了。
c0024502_1956599.jpg

三角模様は竹の割り箸の先と元をカッターで三角に削った自作道具で付けてます。
竹の割り箸は捨てずに取っておきましょう。
陶芸道具としては色々使えますよ。

施釉時の作業軽減のため、ほとんど加飾しました。
焼締めなのでこのまま本焼きでもいいけど、くちばしのバリエーションのアイデアが出ない。
くちばしって黄色のもいるけど、どうしよかね。
次は何祭りにしよかな。

ツイッターの真似。

ねこの森には帰れない

っていきなり書かれても意味不明でしょ?
自分はこの人一言に色々意味があるんですけどね。
[PR]
by cokky1 | 2012-06-12 23:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

わいわいながらフリマ 人が一杯

岐阜では最大級のフリマです。
前日の雨の影響もなく、よかったです。
申し込もうかどうか悩んで止めたフリマです。
■止めた理由
1.申し込みに行くのが面倒。
2.販売する作品を作るのが面倒。(在庫一杯なのに、新作出したいという矛盾。)
3.作品を会場まで運ぶのが面倒。(重いし)

すごい人でした。ロケーションはいいし気持ちいいです。
やはりフリマなのでクラフト系は少ないですね。
アクセサリーや布で作った雑貨?的なものとかはありました。
フリマは不要なものを売るところなのかな。
子供服と婦人服が大半を締めてますが、人がたくさん集まるというイベントとしてはすごいです。
変わり種では花とか米とか売ってました。
展示と割りきって出店してみるのも面白いけど、止めた理由が解決しないのでダメだなぁ。

駐車場も開催時間前でこんな感じです。
c0024502_21543595.jpg

人がいっぱい。これは会場の一部です。
すごく広いから全部写真に入りません。
c0024502_21545148.jpg

金華山と岐阜城も見えるし。
c0024502_2155314.jpg

長良川も綺麗。淡水はええなぁ。海水より淡水やわ~。(何が?)
釣りしたい。
c0024502_21551241.jpg

石を見てたら自然の芸術を発見。一杯ある!
サビた感じの石。鉄分含んでるんだろうか。
c0024502_21552398.jpg

赤と青のグラデ石。
辰砂の赤じゃないなぁ。
焼成前のベンガラの赤っぽい。焼いたら違う色になるけど。
赤と青は合わない気がするけど、自然に存在してるので否定できない。
c0024502_21553643.jpg

かっちょいい模様の石。
作品にこんな模様を自然に出したいっ!どうやったらできるん?
白土に薄い黄土垂らして模様を・・・。う~ん。
c0024502_21555529.jpg

水面みたいな石。
川を見てる感じがする。自然の芸術ですな。
c0024502_21573683.jpg


どこの家にでも一個はありそうな戦利品の熊。100円。
(何買ってんの?自分は普通じゃないんでしょうがない。)
c0024502_2158150.jpg

こうみえて小学生の頃の将来の夢は「彫刻家」なのです。
加工&塗装によりかわいいパンダに改造予定。
サフを吹いてからマスキングして黒を乗せて、つや消し仕上げかな。

自宅のスイレンが綺麗に咲いてました。
c0024502_21581478.jpg

今年のスイレンの花は大きくて元気です。液肥が効いたかも。
いいぞ、ハイポネックス!
[PR]
by COKKY1 | 2012-06-10 22:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)

フクロウのランプシェード&香炉にもなる(はず)

陶芸教室にフクロウの置物を作る方がいて、常に乾燥棚にフクロウがいます。
それを見てクジラとか鯉のぼり等、猫以外を作った後だったこともあり、変わり種を作ってみるかとフクロウを作成しました。
フクロウは時々作るのですが、人から「フクロウっていいよね」とか聞いたりした時に作ったりするだけ。
覚えているのは過去2回紹介しているこれ。
2007年のフクロウ
2009年のフクロウ 大崎さんの真似たやつ
フクロウって色んな種類がいて更にミミズクとかあるし、種類が「これ!」って分かるのが無いっす。
正解が無いから難しいですよ。
2007年のフクロウなんて色んなデザインのを作ってるし。
ちなみにフクロウは自分の飼ってみたい生き物に入ってます。

以前作ったのと同じじゃーつまらないので、
今まで蓄積された陶芸スキルを総動員(大したもんじゃないけど)して2012年版フクロウを作成。
と、言ってもいつものいきあたりばったり。
こんなフクロウは実際にはいません。
途中で穴を空け出しすし、本当に適当。
赤土で高さ17cm、750g程度の重さになりました。
c0024502_23304868.jpg

普通の置物ではもったいないので、ランプシェードにもなるし香炉にもなるものにしました。
フクロウの底は穴を空けてあります。
オプションの名付けて「ドダイ」(ガンダムやん)の切り株。
c0024502_2331287.jpg

この切り株に、ロウソクかお香を入れます。
合体!で、こうなります。合体後は高さ23cm位です。
c0024502_2331122.jpg

お香を入れればそこらじゅうの穴から煙がでるはず。
切り株の後ろはトンネル状に穴が空いており、フクロウの頭にも複数の穴が空けてあります。
お香の熱による上昇気流が、上から抜けるため下のトンネルから空気が入り酸欠で消えることは無い設計です。(予定)
密閉型のお香入れってすぐ火が消えますもん。

実はこのフクロウ、風でひらめくカーテンに巻き込まれ、倒れてくちばし取れました。(ToT)
フクロウ全体に水をぶっかけて接着しましたけど、どうなるかな。
経験上これでひっつくんですけど。
切り株の葉っぱも取れました。(ToT)
今日はついてない日だ。
[PR]
by COKKY1 | 2012-06-04 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

グリーンカーテン準備 水耕栽培から地植えは難易度高い?

今年もグリーンカーテンの準備完了。
c0024502_15434779.jpg

いきなり苗の葉が黄色いし、元気が無いのが気にかかります。
植物は難しいです。何に不満があるんだろうねぇ。
今年は白ゴーヤと普通のゴーヤと去年採れたゴーヤの種の自家栽培ゴーヤです。

自家製ゴーヤは熱帯魚水槽の上部濾過装置で発芽させました。
発芽にはある程度の温度が必要なようで、ヒーター無しの水槽では発芽しなかったのですが、22度設定水槽ではすぐに発芽しました。
日光があたらないのでひょろひょろです。
そもそも、水槽は日光が直接当たる所に置くとガラス面に苔が発生して水槽の中が何も見えなくなります。
(掃除すりゃーええんですけど、日光当てるのは通常タブーとされている)
c0024502_15441912.jpg

ウールマット(アクアリウムアイテム)に水と液肥を与えて、窓際で日光に当てておきます。
環境変化を少しづつしてやればいいかと勝手に思ってやってます。
剪定したアイビーとかアブチロンも挿し木してます。
c0024502_15443573.jpg

で、ポットに植え替えします。
これは植え替えて数時間。外に出しておいたのですが、家に入れました。
c0024502_1547048.jpg

自立できませんので串で支えてます。
水耕栽培したものを地植えというか土に植え替えるとすぐヘナヘナになります。
調べてみると、植え替え時の根へのダメージ(当然根が切れる)と、根が水耕栽培用になってるらしくすぐには土に適用できない感じです。
気持ちは分からなくも無いけど。
何でも、環境変化はすごくストレス与えますから。

土に植え替えて2週間位経過しているゴーヤ達。
全然大きくならない子と枯れてる子。
早めに植え替えてもダメなもんはダメという結果になってます。
c0024502_15474262.jpg

この子は、何とか持ち直しているけど大きくならないです。
買ってくるゴーヤの苗は双葉の後にすぐ本葉が出てぐんぐん伸びるんですけど、
小さな本葉が4枚しかない。
c0024502_15475336.jpg

植物の出す微かな合図を察知しないと枯れてしまいます。
本当に難しい。農業系には経験と知識が必要ですな。でも好き~。

鉄腕ダッシュとかの農業系の放送は大好きです。
ダッシュ海岸も大好き。生物、植物全部大好き。
[PR]
by COKKY1 | 2012-06-02 18:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧