<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

猫も作ってる 100gシリーズ

オオサンショウウオばかり作っている訳ではありません。
(粘土と釉薬の組み合わせが多いのでしつこく作ってるけど)
当然、猫も作ってます。
乾燥中の猫さん達。
現在、教室で施釉して本焼き待ち状態です。

色んなタイプを作ってみました。
いつものお香立て猫
c0024502_22582139.jpg

壷を持ったり。
c0024502_22583221.jpg

皿を持ってる。
c0024502_22584164.jpg


さ~て、レギュラーサイズの招き猫でも作りますかなぁ。

それにしても花粉症の症状が悪化してきています。
イネ花粉(5月以降)がメインの自分がこの時期に目が痒いし、くしゃみが出るわ、鼻水出るわで散々です。
今年は花粉が多い、多いと言われてましたがこれほどとは。
薬を飲めば症状はおさまるのですが、薬は最終手段なので日ごろは飲まないため目は真っ赤です。
[PR]
by cokky1 | 2011-03-25 23:57 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

今年新たに始めたこと

今年新たにやってみようかと思って始めたことがあります。
多趣味でこれ以上何を始めるか?って話なんですが、ボランティアということを始めました。

ボランティアといっても震災のボランティアではないです。(すんません)

近所にある岐阜県世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふという水族館でのボランティア活動です。
c0024502_17334522.jpg

広い敷地内に水族館やレストラン、高速サービスエリアが混在し、それぞれ管理管轄が違いややこしい施設の集合体です。
c0024502_1734023.jpg

色々調べてみると水族館などはボランティアさんにより成り立っている活動も多いようです。
ちなみにこの施設は岐阜県の所有物。(らしい)
江ノ島マリンコーポレーションという会社が委託されて運営している。(らしい)
なのでボランティアというもの公的事業の一つなのかも?

ボランティアの内容は「ハンズオンガイド」、「バックヤードツアー補助」、「工作教室補助」など。
ご近所、お魚好き、クラフト好き、やるしかないでしょと。
10年近くアクアリウムをやってる知識を生かしつつ新たな専門知識の習得のきっかけにもなる。
更には新たなスキルが身につくかも。
お客様に直接接する仕事は、はるか昔のバイト経験以外無いわけで新鮮です。
自分の空いた時間に無料で体験させてもらえる訳ですね。

下の様な水族館内のイベント会場などで来場したお客様に魚に関することを標本を元にご説明する。
下のは春休み特別企画でおおげさですが、普段は水族館コースに折りたたみ机を出して、そこで標本を広げ説明します。
c0024502_17351972.jpg


標本はこんな「骨」。(食べ残しではない)他にはうろこ等々。
c0024502_1735441.jpg

生き物好きなので覚えようとする行為自体が嫌ではないのでいつかは身につきます。(多分)
今は資料読んでもすぐ忘れますけどね。

お客様に骨の標本とかを「ハンズオン」(Hands-on 手を置く(手を触れる))して、体験学習します。

これとか。鯉の頭の骨。
c0024502_17361195.jpg

鯉は咽頭歯(いんとうし)という口の奥に歯を持っています。
その歯でタニシなどの殻を割って食べます。とかの説明をするわけです。

楽しいです。
しかし、下記ネックがあります。
①立ちっぱなしがつらい。
 座り仕事ばかりの自分には2時間立ちっぱなしが限度。
 ジッと同じ場所で立ってると腰などが痛くなってくる。
 2時間以上歩くのは平気ですけどね。
②水族館内構造が複雑で何がどこに展示してかなどさっぱり?
 ぐにゃぐにゃ入り組んでましてさっぱり分からない。
 ただでさえ方向オンチなのに。
 
ボチボチやってるので(よくて月一回)中々身につきませんです。
陶芸もやりたいですし~。
[PR]
by cokky1 | 2011-03-20 23:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

1月焼成作品 よく分からない織部招き猫

甲賀白に木灰+織部の猫。
c0024502_23442751.jpg
何も考えず無計画に作った猫。
手の位置も思いつきでやってみたら、何か変だし。
無計画に無心に作ったつもりだが、余計な意図が入り込んで作っていくうちに変になる。
邪念が多いのです。
まだまだ修行が足りません。
こういったのを作る時風船を閉じるタイミングを誤って長くなる傾向にあります。
閉じる時は早めに閉じる方向に持ってかないとこんな感じにデコが広くなります。
[PR]
by cokky1 | 2011-03-17 23:43 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

土岐クラフトフェア2011遠征

地震で大変なときですがレポートのアップをします。
土岐プレミアムアウトレット近くで開催された「土岐クラフトフェア2011」に行ってきました。
1時間30分程のドライブ。
c0024502_21434677.jpg

全国から陶磁器、木工、布、人形、ガラス、楽器など手づくり作家が集まるイベントです。
何故か新潟の方が多かった気がする・・・何故?
飲食部門にB級グルメがあったりして、そっちの方がお客が多いし・・・。
人を集めるにはいい方法かもしれませんけど。

10時開催で9:30には到着。なのでクラフトエリアの到着時はこんな感じ。
c0024502_2144792.jpg

パンフに載ってた気になる作品
土ぼっくり「くらふと一期舎」さん。
オーブン陶土だそうです。いい感じの色合いでした。
色付粘土で作成されているとか。
オーブンの低温焼成なので普通の顔料粘土でも色が飛ばないのでしょうかね。
手軽でいいかもです。
しかし、自分は1230度の高温(先生に焼いてもらうんだけど)での陶芸で勝負です。
c0024502_2145207.jpg
このキャラ見たことある気がして、実物見てみたら「こけももさん」に似ている・・・。
「こけももさん」とは、名古屋のフリーペーパー「MAD」に連載してたマイナー四コマ漫画です。
これを読むためだけにMADをGETしてました。
大好きで単行本も持ってたりします。
なのでかなり惹かれました。


でっかいやつ
c0024502_2146579.jpg

岩手の作家さんなので伊達政宗?まさむねだまくん。
c0024502_2147189.jpg

エアープランツ用ポット
c0024502_21473280.jpg

で、戦利品ののうんたまくんとぼっぱくん。どんぐり根付はウッドビレッジイノウエさんの作品。
c0024502_214819.jpg

陶器も面白いのがありました。釉薬について色々教えてくださった村山大介陶芸研究所さん。
配合とか教えてくださいました。土も釉薬もいい味出されてました。
半磁器の方へ移行している最中だとか?
(購入しなくてすいませんです。器は一杯持ってるので・・・)

木工も面白いのが一杯ありました。
c0024502_2149782.jpg木製段ボール
意味分かります?
木で作成した段ボール箱に見える作品です。
たたんだシャツもあったりします。

こんなのも
c0024502_21495840.jpg

大阪のWood Craft MIZUさんで木の台とかも買いまして、作品を置くのに大変よいです。
木の台とかはクラフトフェアでしか買えないです。(ビジネスとして弱いのでやる企業がいないとか)
エコなので自分がやりたい位ですよ。
原料は端材だそうです。
しっかり乾燥させてひずみが完了したものを加工することで、もう割れたり、ひずまない。
多分捨てられてるのが一杯ありそうで、もったいない。
木の勉強したくなってきました。

革製品
c0024502_21501166.jpg


彫金。実演中。すごくいい作品です。欲しいけど値段が・・・。
c0024502_21502977.jpg

何故かクラッシックカー。余り興味がない。ミゼットは好きだけど。
c0024502_21505457.jpg


とりあえず、食べ物エリア
チンパオ?焼き豚まんだそうで。行列・・・なのでスルー。
c0024502_21514468.jpg

ひるぜん?何?それ。行列?見てみぬふり。
c0024502_21521674.jpg

宇都宮餃子。餃子は後ろ髪ひかれつつ行列はスルーする。
c0024502_21524224.jpg

飛騨牛コロッケ。食べたことあるしこれも行列なのでスルー。
c0024502_21525298.jpg

行列でなかった「たじみ焼きそば」瀬戸やきそばは知ってるけど、たじみも?
c0024502_21531427.jpg

最近始めたそうです。B級グルメブームに乗っかった?
並んでないので買ってみたら「美味いっ!」甘辛みそらしいですけど、そんな単純な味ではないです。
食べてみるもんですね。たじみ焼きそばソースも売ってたので購入。家で作ってみよう。

このようなクラフト系のイベントはもっとやって欲しいですね。
作家さんの発表の場所は多い方がいいです。
それでも、お客さんが集まるとことそうでないところがはっきり分かれてる感じがします。
分かる人にしか分からないから芸術作品ってのはそんなもんです。

ポートメッセなごやで開催されるクリエーターズマーケットもあるのですが、入場料、駐車料金がかかるのに良い作品に出会えない場合があるのでリスクが高いため足が遠ざかります。
行く人は行くと思いますが、自分は名古屋(都会)嫌いなのでなおさら行かないし。
屋根付の会場代があるので無料にはできないのはわかるけど。

お隣の土岐プレミアムアウトレットは人が一杯いるのでスル~して、
セラミックパークMINOで開催中のフリマも覗いてきました。
c0024502_21534636.jpg

こんな感じ。屋上の駐車場でやってました。
c0024502_2153589.jpg

竹を加工した手作り花器を買いました。
趣味で作ってらっしゃるそうですが、激安でした。
趣味とはいえこんな安くていいのかと。

今年も胃腸風邪ひいて年一回の病院へ。
毎年2月に風邪引く。今年は2月を突破!っと思ったら3月に・・・。
火曜にゲロしてまだだるい。やっとおかゆ以外を食べれるようになりました。
はぁ~。ダルっ。
それにしても長いレポートだな。
[PR]
by cokky1 | 2011-03-11 23:42 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

ゆるキャラまつり ねぎっちょ やなな

焼けてたのでアップします。
毎度のねぎっちょ。100g粘土から作るれば大体同じ感じに仕上がります。
c0024502_21511582.jpg

やなな
絵の具の上手な使い方が分かりません。
色が薄いのと、にじむのと、変なのと・・・。カッコ悪いなぁぁ。
c0024502_21512758.jpg

岐阜の髙島屋9階自由書房にて「箱入り娘~非常識でごめんなさい~」を購入。
面白いです。
もっと四コマ漫画を本格的に描けばいいのに・・・。
らくがきみたいなページとかページ稼ぎ的なのも

ねごとの「カロン」ええ曲だな。少し90年代を感じる。

それにしてもMSIMEのバカさにはあきれてイライラします。
昔のOASYSワープロの方がましだわ・・・。
[PR]
by cokky1 | 2011-03-07 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

1月焼成作品だけど・・・100gシリーズ招き猫

甲賀白粘土
酸化あっさり。
右の子は目の周りに粘土を盛ってみましたが、良さげです。
左の子はうさぎの時の目を猫に応用してみました。
目の位置と大きさを研究すれば良くなるかも。
c0024502_151328.jpg

100gシリーズは色々試せるのですきです。
オオサンショウウオばかり作っていてもいかんので、本業(?)の猫を作成中です。
手を入れ過ぎちゃうので、一匹つくるのに2時間弱もかかったり・・・。(100gなのに)
[PR]
by cokky1 | 2011-03-06 01:08 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

オオサンショウウオ1号 赤土テストVer

2月の焼成の目玉作品のオオサンショウウオです。
信楽赤土中目、黒マットふき取り仕上げ。
c0024502_22502745.jpg

水槽に入れてみました。
口からブクブク泡がでて全然沈まない。
ちょっとの間浮いてました。
・・・本物っぽくないな。
c0024502_22503645.jpg

どじょうの尾ひれが見えてます。
今回は還元がかかった様なんですが、ムラがあり照明の関係もありますが、結構白っぽく焼きあがってます。鉄赤土ならもっとよかったかもです。
まず、手、足が大き過ぎですね。改良点です。
現在、作る度に足のサイズが小さくなってきてます。

実は石膏型の腹側がポッキリ折れました。リカバリ方法はこんな感じです。
c0024502_22542113.jpg

こんな感じですけど、正しいかは分かりません。
c0024502_22505135.jpg

原型はまだ残ってるので腹側だけもう一度作ろうとはしたのですが、さくがに面倒なので適当にリカバリ。
c0024502_225113.jpg

これが結構うまくいきまして問題なく作れます。面倒くさがりの勝利です。
最近は力の入れ具合と場所に気を使ってます。

この型で2匹以上作ったのでこの勝負(自分との戦いです)は勝利確定なんですが、10匹は作るのですよ。
オオサンショウウオのフィギアは高すぎる~、そんなら自分で作ったる~ってのが原動力なのでトコトンやるよ?
他の子たちも結構いい感じに仕上がるかも~。
でも猫は?
[PR]
by cokky1 | 2011-03-01 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧