<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

変わりゆく招き猫

招き猫をしばらく作ってなかったため、納得いくのができくなっちゃいました。
で、今回多少大きめのを作ってみたのですが、以下のように顔が変わっていくのでした。

c0024502_082315.jpg最初の顔
怖過ぎるんですけど。
リアル路線を変えるつもりはなくとも、かわいらしさが必要なのですよ。
猫はかわいいんすよ。
これでも結構いじくった結果なんです。
そのため、顔にモリモリ粘土を盛るので顔が長くなってるんですよ?
この写真はいじくりまわしている途中です。



c0024502_08366.jpgあっさり顔猫
こんなの本焼きしても、焼き上がりを見て下がるテンションが更に下がる。
作品を作っても、しばらくはビニール袋に入れて修正可能期間を数日設けてます。
(なので教室では作成時間も含めて絶対にできません。)
一旦作業を中断してから見ると、変な箇所がよく分かります。
で、顔を一旦さっと削ってのっぺりさせてから、こんなあっさり顔へ。
自分にとっては新境地な猫ではあるけど、かわいくないなぁ。
自分のっぽくないし。



c0024502_084899.jpg最終系?
大きな作品にあっさり顔は似合わない。
小さいのはあっさりでも問題ないのですけど、大きいと尚更あっさりが強調される。
飼い猫を観察して、やはり盛るとこは盛らないといかんっ!
と、いうことに気づいて盛った結果がこれです。
やっと、思い出した。
以前は無意識にやってたことを無駄だと思って省略してたのを戻しました。
まったく表情が変わりましたよ。
直感でやってたことなんですけど、適当ってすごいな、俺。

自己満足の世界ですがねぇ。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-30 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

トロの肉球まくら(肉球に突っ伏して寝る)

秋も深まり寒い日もあります。

でましたっ!
トロの肉球まくらがっ!
年に数回しか見れないレア画像!
c0024502_2245202.jpg

肉球のつっぷしてるのは、いつ見てもかわい過ぎる。(猫バカ?)
毛布はかぶせてもらってます。
基本的にかぶせてもらうのは嫌いなトロでした。
ほっといてくれ主義です。
時々肉球のにほいをかがせてもらって癒されてます~。(嫌がるけど)

c0024502_22463053.jpgお気に入りのアブチロン(アプチロン?)
アブラムシがごっそりついてました・・・・。
手でガーって捕ってたのですが、そらじゅうに尋常な量で無く繁殖してはる・・・。
カーマで駆除剤を買ってきて全体的に散布してやりました。
食べ物では無いので化学兵器で対応です。


c0024502_22464030.jpg赤いちょうちんみたいな花が咲いていい感じです。
ツル系が好きなのでお気に入りです。
でも余り売ってないんですよね。


駆除剤を買いに行ったらトックリラン498で売ってたので買ってしまった。
最近はまってまして、4本いますよ・・・・。
陶器と観葉植物は見て欲しいと思ったときに買っておけ。です。(値段にもよるけど)
斑入りガジュマル買っておけば良かったよ。(ToT)
[PR]
by cokky1 | 2010-10-23 23:59 | Trackback | Comments(0)

動物の置物をつくる 大崎さんのうさぎを作ってみる

ブログのライフログにも載せてますが、「動物の置物をつくる」という本に
大崎透さんのうさぎのつくり方が掲載されております。

うさぎを作らなきゃとあせっても新たないいアイデアなんて無いので、本を見ながら作成してみました。
本では220gの胴体と40gの顔。
自分は100gの胴体と25gの顔。(100gこだわり)
比率は何となく似てる?
自分は完成すると155gになります。

本を見ながら作っても全然似ておりません。
顔に丸みが足りないのですよ。プックリ、ホワホワ感ってやつ?
本に載ってるような釉薬も無いし、仕上がりも全然違うものになります。
c0024502_22544593.jpg

とりあえず10匹を目標に作成します。
1匹で1時間かかります。
10時間ですなぁ。
1日2匹ペースで作れれば理想ですね。
これでも普通に仕事してますので・・・。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-19 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

やる気とは?狛猫&招き猫作成

よく陶芸モチベーションが下がっててやる気でないとか書いておりますが、
自分が毎日見ているHP「ほぼ日」に興味深い特集がありました。
「脳の気持ちになって考えて見てください。」特集。

「やりはじめないとやる気は出ない」

にゃるほど・・・。
脳の切り替えスイッチは身体にあるらしい。
行動しないと脳の意識は変わらない。
とりあえず行動しとけということでしょうか。
矛盾しているようですが、実感できるところもあります。
面白いので興味のある人は記事を読んで見てください。
お勧めですよ。

c0024502_830915.jpgで、やる気より先に行動してみて招き猫作成。
1kg強の重さになりました。
後ろに同じようなのが写ってますけど。マンネリか?
作ってるときは楽しいし、集中できます。
意識はしてませんが、作ってる最中はやる気が出たということでしょうか。
やる気がなかったことを忘れているか、それを超える楽しさがあるから?
自分の中ではいまいち納得いかない作品ですな。



c0024502_830265.jpgさらに狛猫。
上の招き猫を作った粘土の余りで作成して、きっかり使い切りましたよ。
(尻尾が短くなったりはしましたがね)
ブレンド粘土なので、足りなくなったからといって他の粘土を継ぎ足しする訳にもいかなかったという事情がありました。
2006年に作成した狛猫と雰囲気が余り変わらないんですけど?
形は違えど、余り上達してない気がする。
模様の描き方とか・・・。
技術うんぬんはおいておいて、発想が変わってないということでしょう。
技術の向上といえば、手も空洞になってること位しか変わらんです。
陶芸始めた当初から空洞にはこだわってましたので。

とりあえず作って楽しければいいです。
自分の陶芸の目的は「作る」ことです。
結果としての作品はおまけってことで。

それにしても大量買った粘土、在庫粘土の置き場所に困るんですけどぉ。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-16 06:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 2010セラミック・アートマーケット~

イベント名が信楽焼まつりでは無くなったのか?のイベントに行ったのでした。
今回は量産品の業者さんも同じ場所で販売でした。
作家さん目当てなので、どーでもええわいと思ってたんですが、これがあ~た掘り出しもんがあるわけですわ。

c0024502_22565484.jpg今回の作家さんヒット!というホームラン。
3万円でっす。買えばよかった。
すごいでしょ?しょ?
バス釣りやる人なら分かるはずっ!
ランカーバスのエラ洗いです!
まじで60UPの大きさ
焼成前は70UPだとか。
信楽の方だそうですよ。

c0024502_22571015.jpgエラ部分も見事です。
一体どーやって焼成したのか疑問ですよ?
背中にビードロ釉で緑っぽくエアブラシで施釉してあるそうです。
お腹も透明釉かな?
来年はもちょっと小さいバスを販売してくれるそうです。
期待してます!というかこの大きい方が欲しい。
小さい招き猫に4万以上出す人なのでランカーバスに3万くらいへ~きっすよ。


c0024502_2257379.jpgで、業者ブースでの掘り出しもの。
薪窯での植木鉢です。灰被り。
これは直径30cm弱。
何でこんなに安いの?とお店の人に聞いてみたら、「タイ産」だからだそうです。
タイでは灰被りとかは評価されないからとか。
4、5年したら変わるかもしれんけどと、おっしゃってました。。


小さいのも購入してガジュマルを植えてみました。
いい感じっす。
c0024502_22575752.jpg

帰りに丸二陶料さんで粘土40kg買って帰りました。
イベント中でおまけで5kg程の粘土をくれました。ありがとう~。

【番外】
陶芸の森信楽産業展示館やってた「環境と暮らし展」(だと思う)に一言もの申~す!

去年もやってた、県のなんとか法人がやってる無駄な公共事業の紹介?
「近年、増々深刻化する地球環境問題。信楽焼の最新技術を生かした、環境志向の製品開発の現状に迫ります」
だそうです。
廃材利用的なことをやってましたが、費用のことは一切情報なし。
いくらいいアイデア、エコ、技術でも利用されなきゃ意味が無いって分かってます?
素人でも考えそうなボンプ使った噴水?(なんじゃありゃ・・・)
透過性のある陶器?泥漿を使用した型での形成ではなく、ロクロで形成できるのが売りとか。
そもそも磁器って透けますよねぇ。
透けるという理由で需要があって売れてるの?
透過率が高い粘土を開発したら信楽が活性化するんですかね。
特許を取ってるらしく、その素材を使うなら信楽の業者は特許料を払わないといけない。
何が目的なんですかね?
新たな研究することは否定しませんよ?
税金を使って運営しているなんとか法人にお金が入っても意味ないんですよね。
そんなお金あったら薪の材料の赤松の植林とか管理にお金使った方が信楽にはいいのでは?
信楽の売りってなに?「信楽焼き」じゃないんですか?
ブースにいた方に上記のように突っ込んでみましたが、納得いく回答はありませんでした。
そんなレベルの事業ですよ。もったいない。

少々熱くなってしまいました。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-13 23:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

2010 来る福招き猫まつりin瀬戸 実は行ってきた。

とりあえず猫の祭りなので行ったのでした。
c0024502_2353654.jpg

運動のためにほぼ全会場を周ってみました。
(子供向けっぽいのでノベルティ・こども創造館だけ行かなかった)
文化センター、瀬戸蔵、新世紀工芸館、招き猫ミュージアム、せと末広商店街、窯垣の小径ギャラリー、深川神社、銀座通り商店街、中央通商店街、パルティせと。
スタンプラリーやってたらほぼ埋まるでしょう。(やってへんけど)
ついでに洞本業窯、一里塚本業窯(山越えて行ったけど見つけれなかったよ・・・。(ToT))
坂あり坂ありで結構な運動になりますよ。

平成の招き猫100人展は、陶器以外が頑張ってますよ。
猫の薪ストーブ良かったなぁ。(招いてなかったけど、猫のデザインがよい)
去年の大賞も陶器じゃないですからねぇ。(石粉粘土)

その去年大賞作家さん「まいけるからわた個展」は一見の価値あり!
すっげーっす。
まぁ、陶器じゃないので普通のフィギアと同じなんですけどデザインすごっ!
壁に漫画が貼ってあって、読んだ後に実際にその漫画のキャラクラーが立体化されていたりして。
「おおっ!あの絵が立体化されてる!」ってな感じです。

石粉粘土を調べてみたんですが、陶芸ではできないことが可能です。
焼成しなくても硬化し、硬化後の付けたしも可能なようです。
芯を針金など入れて食いつきが良いように麻紐など巻きつけて・・・。
仕上がりを陶芸と比較されると陶芸は分が悪いですね。
仕上がりが綺麗でカッコいいもんなぁ。

c0024502_2373871.jpg戦利品は小澤康麿さんの猫。去年、買わなかったもんで!俺のアホ!!!
本当は猫又が欲しかったので、大賞作家個展の受付の方に聞いてみたら、小澤さんが祭りにいらっしゃったみたいで、電話連絡してくれました。
電話でお話させてもらい、また猫又を作成して個展を開催するとのことでDMいただけるように住所を残してきました。楽しみ!
とりあえず普通の猫で我慢。
普通の猫でもかわいいし、カッコいい。

周ったとこを紹介
窯垣の小径ギャラリー
c0024502_2381957.jpg

c0024502_2384466.jpgこんな細い坂道を歩くとギャラリー、資料館などあります。

洞本業窯
c0024502_239085.jpg

これが登り窯の横から
c0024502_2391414.jpg

c0024502_2393417.jpg窯の中。ここは四の間だと思うんだけど、最後の煙突につながる煙道が無かった。
煙突も無かったんだけどね。


下は三の間と四の間をつなぐ穴っす。灰が緑色になってますなぁ。
結構小さな穴で繋がってんですなぁ。もっとでっかい穴空けたらあかんのだああろうか?
各間の熱が段々上に行くわけでしょ?
効率よく伝わった方がいいような気がしますが。
それぞれの間にも薪をいれるならいいけど、よく分からんです。
c0024502_2395749.jpg

瀬戸はいい町ですよぉ。
個展の受付の方とか親切に対応してくれるし、
駐車場の案内(ガードマンさん?)の方もあいさつしてくれるし気持ちいいです。
瀬戸は好きっす。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-04 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

折れた!?うさぎも作ってみたけど。

c0024502_8441272.jpgロボット兵の腕が乾燥中に折れました・・・。
支えを下に入れてたのですが、結構乾燥したので支えを外していたら知らない間にポッキリ。
今は下に支えを入れてますけどね。
支えてないと折れるような強度なら焼成に耐えられる訳が無いけど。


まさか乾燥中に折れるとは!
節のところの強度はかなり低いとは思ってましたが、切り取り線的な弱さ。
腕自体は軽く曲げて作ってありました。
寝かせて焼いてもらうつもりだったので、焼成中にダレ~んって垂れて真っ直ぐに伸びるかと思っちょりました。それが腕の弱いところに負担をかけたんでしょうねぇ。
c0024502_8442885.jpg

焼成前のリカバリは不可能だろうと思い、腕と本体の切り口にピンバイスで穴を空けて焼成後にアルミ線入れて補強して接着してやろうかと。
素人ではこれくらいしか思いつかない。(プラモデルで折れた時の修復方法なんすけど)

うさぎは、粘土の扱い難易度が超高い「もぐさ土」
c0024502_8444485.jpg

興味本位で買った粘土ですがオブジェ系には最悪?
粘土がパスパスだし、接着しづらいし、強度的にも低い気がします。
ロクロが下手なのでなんともらならん粘土です。
先生に古陶小を半々で混ぜてもらってなんとか扱える感じですけど。
ただ真っ白に焼きあがるのでうさぎで使っちゃえ!
グレーっぽい色のは余ってた粘土で何粘土か不明です。

作成工程を簡略化したつもりですが、結構手間がかかったりします。
目を点にしたらミッフィーみたいに見えちゃう。
[PR]
by cokky1 | 2010-10-02 12:00 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

犬山クラフト おもしろそうだ..
at 2017-11-19 23:58
マーケット日和ってきた
at 2017-11-03 23:59
国際陶磁器フェスティバル20..
at 2017-10-29 21:46
GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧