<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11月焼成結果 牙猫の花器

ハート招き猫のハート猫第一弾が焼きあがりました。
とりあえず保険作品は完成しました。搬入日まで壊さないようにします。
大きい作品でかつ、粘土のきめが細かいのは乾燥中、本焼後のヒビが怖いです。
今回焼成を終えたハート猫もきめが細かいため、本焼を終えた各所に?
手練りで粘土を締めてるとはいえ、接合部分や、負担のかかる所がピキっ・・・。

粗い粘土での作品も完成して乾燥中ですが、気をつけないとです。

もう一個焼けた牙猫。
ワイルドな感じが結構不評です。
c0024502_106568.jpgダメ?
牙についた鉄赤釉が血みたいでいいっしょ?
口から本体まで貫通しているので花器になります。
本体は薄めたベンガラを塗ってふき取ったのですが薄すぎたのとふき取り過ぎて味が出なかったです。
次の機会には濃い目にします。

今回の実験
c0024502_10284541.jpg

粉引白絵土(新日本造形株式会社)という新白化粧。
ひび割れが入っていい感じになる予定でした。
生渇きテストピース(信楽中目と鉄赤土)は焼く前に剥がれました。
生がけはダメっぽいです。
カリカリに乾燥した黒陶粘土にはしっかりのりました。
カリカリに乾燥してる時がかけ時のようです。
(調べてたら、素焼き後の方がのりがいいとか・・・マジ?)
粘土はツルツルだとヒビが入りませんです。
先生の見立てではピンホールのとこからヒビが入りかけてるので、もっと粗い粘土ならヒビが入るかもとのこと。
写真ではブクブクしてますけどねぇ。

牙猫の牙にも塗ってみましたがヒビではなくて、ポロポロ剥がれました。
[PR]
by cokky1 | 2009-11-29 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(3)

招き猫三昧

ハート招き猫の出展が決まって招き猫三昧です。
現在3体目を作ってます。

今回は作陶するスパンが短いため、毎回招き猫の作成順序が変わります。
いつもはインターバルがすごく空くので忘れてしまいます。
で、今回は対策を実行することになり、結果的に作り方が変わってしまいました。
(変なところは作成中は気付きません。完成してから気付きます。)
しかし、尻尾はいつも難易度が高いです。(改善不可!中の空洞止めればいい?)
粘土が柔らいうちは、へにゃ~って垂れてくるし、乾燥中はひびが入りますし。
粘土の種類にも左右されますが、問題が多いです。

でも、作ってる時が一番楽しいです。

一体目は素焼きが終わったので施釉しに教室へ行きました。
その他、新しい白化粧のテストピースや、猫の目のテストピースなどやりつつ菊練りの練習をしてきました。
菊練りって全然できましぇん・・・。
先生の菊練りは左手の中に球ができるのですが、自分は渦巻きが中に吸い込まれる感じで球ができるどころか、凹んでくし・・・。
机に残る菊練りの後の大きさも全然違う。
先生は砲弾型、自分はダラーんと広い円・・・。
練習してないから当然とはいえ、上手くならないものです。
突然できるようになると思ってるのですが気のせい?
菊練りが自分でできるようになれば、失敗した粘土もまた使えるようにできるので少々の無茶が可能になります。(やれることの幅が広がる)
[PR]
by cokky1 | 2009-11-25 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

NHKハートプロジェクト「あなたのやさしさ・招き猫」出展?

陶芸教室の先生に10月中旬頃「NHKハートプロジェクト・第14回「NHKハート展」「あなたのやさしさ・招き猫」 の申請のチラシをもらいました。
陶芸教室をやってると時々公募展のチラシが届くそうな。
先生が教室で猫ばっかり作ってる自分のためにチラシを取っておいて下さいました。
10/23締め切りだったので直前に思いつきのデザインで申請してみました。

11/8までに書類審査的なものが通れば「作品作成依頼書」が届くとのことで何とか書類が届きました。
どうやら審査は通ったようです。(適当なデザインなのに・・・)
いつも、目的も無しに作ってたのでとりあえず作る動機ができました。
入選とかあるわけではなく、無料で展示してもらえます。
一般初公開です。(ブログで画像公開はしてますけど)
期日(2010/2/10)までに自分で搬入する予定です。
『作品は「ハートをモチーフにしている」招き猫、または「ハートを持っている」招き猫といたします。』となってます。
「招き猫」なので片手は必ず招いている必要があります。(多分)
「ハートを持っている」なのですが、片手しか空いてない・・・。
「ハートをモチーフにしている」なんとでもなりそうかな?模様とか?
デザインがかなり限られてきますよね?(立体限定です)
未発表な作品でということで、会期が終わるまでブログにアップするのは控えます~。
11月、12月、1月の3回の焼成機会がありますので、最低3体作っていいのを出します。
11月分の招き猫は既に持込して素焼き待ちです。
更に12月分のはもう作りました。(気が早いというか小心者なんです。)
まだ余裕があるので12月焼成には二体出す予定です。
30cm位の招き猫の場合、粘土が固めで腰があるものに限りますが5時間位で作れるようになりました。

来年の話ですが、出品が決まったのでとりあえず宣伝。
開催期間は2010/2/13(土)~2/28(日)
場所:瀬戸市美術館
所在地:瀬戸市西茨町113-3 瀬戸市文化センター内

さぁ~てどんな作品ができるやら?
気になる人は見に行くしかない?(誰も気にして無いし・・・。)
[PR]
by cokky1 | 2009-11-15 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

猫の花器 一輪挿し?

猫の一輪挿しです。
c0024502_223342100.jpgこの猫を作ってから最近「牙猫」を作っています。
同じのは作れないこと今更ながら痛感してます・・・。
自分の中では目を開けた猫って難易度が高いです。
基本、面倒なのは苦手なので目に彫塑粘土(白)、瞳に黒陶粘土(黒)は面倒~。
シンメトリも苦手で両目の大きさをあわせるの難しい・・・。
一度作るとその「見本」しばりが発生して変なプレッシャーにより歪みが。
初めて作成するのはしばりが無いので自由に作れます。
でっかい招き猫はそのしばりからも開放され、安定した品質が保たれてます。
というか作る度に改善点が発見できます。


前から。
c0024502_22341754.jpgにゃ~ん。
というより「ガーっ」って感じですね。
顔と胴体はつながって無いので、水は上部の穴から入れますが、口からダ~っともれることは無いです。
ちなみにネコバスの技術が投入されております。
鉄赤粘土に目は彫塑(白)、瞳は黒陶。全体に黒マットを釉をこすってます。
瞳はマンガン釉で吸い込まれそうなツヤツヤ黒に。


最近ブログ入力時に広告リンクボタンを押してしまって、入力内容が全部消えてしまうようなことが多いです。
通常、ブログ更新時は事前にパソコン上でテキストファイルで内容を書いてからアップしてたんですが、最近思いつきでアップするようになって、ミスが多発・・・。
今後はテキストファイルで文章作ってからアップします。(今もそうしてます)
exciteブログは無料なので文句は言いたくないですが、編集画面にでっかい広告リンク画像は止めて欲しいもんです・・・。
マウスオペレーションミスで全部消えちゃう・・・。
[PR]
by cokky1 | 2009-11-11 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

干支のトラ試作品達

トラの試作品の紹介です。
気に入った量産型トラができないのでトラの量産はあきらめかけております。
そのため、陶芸モチベーションが猫方向に向いています。
とりあえずトラたちです。
c0024502_16295235.jpg

寝ているでかいトラはブログの左メニューにあるライフログに載せてる「動物の置物をつくる」に載ってた大崎透さんのトラを見て作りました。
他のはいかに単純(手抜き)に作るかを試したものです。

c0024502_16301372.jpg猫試作として淡赤粘土に、ベンガラを超薄めたのを塗ってみたらいい感じに汚れができました。
そこで、淡赤粘土ででっかい招き猫を作ってみようと思っております。
真ん丸で牙むき出しで口を空けているのとか作成済みです。
後は普通のでっかい招き猫を週末までに作れば今月の素焼きに間に合います~。

[PR]
by cokky1 | 2009-11-08 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

トラの試作品 その1

一番上手くいったトラ
c0024502_13543878.jpg
彫塑粘土で空洞にせずに作ってからかき出ししたものです。
模様はベンガラで、胸、お腹に透明釉を吹きつけて、他は黄瀬戸を吹きつけ。
目は透明、瞳はマンガン、鼻は緋色釉。
目の大きさが違うので少々変ですけどね。

c0024502_13551725.jpg斜め前から。
こんな感じでっす。
途中で面倒くさくなって、適当にやったのが良かったのかいい感じにコゲました。
これを見ながら大きく空洞で作ろうかと思ってたんですが、これ以上にできるか疑問です。
この大きさでも釉薬かけるが手間だったのにねぇ。

久々登場!うちの陽気な仲間たち。
c0024502_13561182.jpg天気が良かったので犬も猫も日向ぼっこしておりました。
うちは犬も猫も居るわけですが、トロとあぶは仲が良いです。
というか、あぶが猫を気にしない子なのでどんな猫にも近づいていきます。
散歩中に見知らずの猫に近づいて「フーっ!」って怒られてます。
写真は、あぶがトロを食べようと大口あけて・・・あくびです。


c0024502_13563520.jpgあぶはじゃれてきたトロのお尻の臭いをかいでトロであることを確認します。
トロ「ただいまぁ~」
あぶ「くんくん・・・。通って良しっ!」
大体、玄関であぶが寝ている(優秀な番犬です。)ので犬嫌いの方はうちには入れません。
[PR]
by cokky1 | 2009-11-03 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶芸 花器のねぎちょ 

10月の焼成が終わりました。
まずは、今回の大物の「ねぎっちょ」
c0024502_2194566.jpg粘土は彫塑(手、足、目は黒陶)、上は織部、下は透明釉。
目にマンガン、口に鉄赤です。
口はベンガラで塗っておくだけが良かったかな。
鉄赤がはみ出してにじんでしまいました。
黒陶粘土に透明釉でグレーになることを発見!
トトロの色ができます。
先生が白と半々で混ぜればよりグレーになると。
菊練りできないのでそういう発想が無かったです。


少々上から。
c0024502_21131584.jpg彫塑粘土は目が細かいので水漏れは無いとは思います。
中は透明釉をかけてます。
織部が薄い感じもしますが、濃すぎると垂れるのでまぁ、こんなもんかと。


来年の干支のトラも思いのほか良さげにあがったので、ボチボチ紹介しま~す。
[PR]
by cokky1 | 2009-11-01 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

犬山クラフト おもしろそうだ..
at 2017-11-19 23:58
マーケット日和ってきた
at 2017-11-03 23:59
国際陶磁器フェスティバル20..
at 2017-10-29 21:46
GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧