<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第14回 来る福招き猫まつりin瀬戸 に行ってみた。

第14回 来る福招き猫まつりin瀬戸。まぁまぁ人がいましたねぇ。
せとものまつり程ではないですけどね。
猫メイクのサービスがあり、猫顔と猫耳の人がたくさんいて楽しげでした。
とりあえず、気になった会場の様子はこんな感じ。

■文化センター
・招き猫100人出展作家の展示即売
 猫ばっか作ってる個人的な感想としては買うまでのは無かったです・・・。

■瀬戸蔵
 ここは確実に行っとけっ!というかここがメイン会場でしょう。
・第11回平成の招き猫100人展やってました。(第一目的)
 インターネットで見れますよ。自分は現場で投票してきました。
気になった作品は、
「まいけるからわたさん 作品No.076 あんぜんこうふくねこ 安善興福猫」
陶器でないけど、造形とアイデアもすごい。
吉田一也さんの作品が無かったです。
出展してないのか・・・残念。大賞をとった人はダメなのかな。

・もりわじん「家猫」展
 ご本人さんがいらっしゃいました。
 10cm位の猫の中に1~2cmの猫がいる・・・。
 あんな小さいのをどうやって作るのか不思議。
 小さいのに型崩れしてないです。

・小澤康麿「国芳猫150年後」
 歌川国芳という浮世絵師が描いた猫の絵を立体化したものでした。
 上、中、下の3枚の浮世絵に複数の猫が地名になってました。
 原画の雰囲気を壊さず立体化して、更に作家さんの味がプラスされてました。
 絵の通りに尻尾が短いのが多く、一部に尻尾の割れた大好きな猫又がいました。
 6800円で高さ10cmの岡崎の猫又が売ってまして、かなり欲しかったですが
 別の猫(後述参照)を買ったので保留。限定で十数体あったんですが、
 帰りに再度見に行ったら3匹しかいなかったです。
 あれは押さえておきたい猫又だよなぁ・・・。
 招き猫まつりだもん、分かる人は一杯いるってことですね。
 この作家さんの発見は大きな収穫でした。
 作る猫は一度粘土でそのまま作成してから、切ってからかき出しだそうです。
 そうだよなぁ。あの小ささであんな風に紐で作るの難しいよねぇ。

・瀬戸蔵1Fのお店の商品。
このデザインの湯のみ持ってます。
c0024502_2320061.jpg

誰のだろう。中々いい感じ
c0024502_23201545.jpg

招き猫がたくさん
c0024502_23203718.jpg

■せと末広商店街
 ギャラリーその他色々なお店。古風な商店街です。

■招き猫ミュージアム
 招き猫好きはここに行くべき。全国の猫作家さんの作品が見れるだけでも行く価値有り。
 吉田一也さんの招き猫を買っちゃった。(本当は大崎透さんの買う予定でした。)
 招き猫を作り始めた時に、ずっと目標にしてた作家さんの作品をやっと手に入れました。
 今回過去に100人展で大賞を取った作家さんに依頼して特別に販売してたみたいです。
 (以前行った時吉田さんの猫いなかった。)
 店の中へ入ってすぐ目に付きました。購入までの遠い道のりは以下の通り。

 ①「うおぉぉ~っ!吉田さんの招き猫やんっっ!」と心の中で叫ぶ。
 ②大崎透さんの猫も見る。「う~ん、いいなぁ」
 ③吉田さんの猫の前でずっとにらめっこ。カッコええなぁ。
 ④目を開けた狛猫っぽいのが売れていくのを見る。「お目が高いですな・・・。」
 ⑤高いなぁ。やっぱ我慢しよ・・・。(前回のパターン)で、店を出る。
 ⑥他の会場を周ってるうちに、「もう一度行って残ってたら買おう!」と変な条件を決める。
 ⑦再度招き猫ミュージアムへ。
 ⑧「まだ残ってた~!」で、買われる前にお店の人に声をかけ無事に購入。

c0024502_23211574.jpg前から
首輪は布でできてます。
鈴の代わりの「福」の文字もいいです。
眉毛が彫ってあります。目もキワのとこが「ピッ」ってなってる。
この手が難しいんですよ。
できん・・・。

c0024502_23214020.jpgまったり窓際で。
以外にずんぐりしてます。
顎と胴体のとことか絶妙です。勉強になりますです。
本当にのんびり立ったまま昼寝してる猫みたい。
おまつりだったので、お楽しみ券がもらえました。
高額商品なので、たくさんもらいまして、引き換え会場に持ってったら大・中・小の招き猫3匹もらえました。
まつりならではの特典でしたっ!

 
■新世紀工芸館
 荒井良さんの猫というか人猫の作品がありました。本物が見れた。
 赤塚不二夫のバンザイ猫をやきもので再現ということで石膏型や、作成工程のパネルと途中経過の素焼き状態から完成品までありました。原型師の方がすごいと思いました。
 毛まで綺麗に掘り込んでありました。
 櫻井魔己子さんの個展「ねこしき」ってものありました。特徴ある猫さんでした。
 ここでも作家さんの猫が売ってました。
 カワセミ工房さんの猫もありましたが割高設定ですねぇ。

■銀座通り商店街
 ギャラリーとか色々あります。名物焼きソバがありましたが、並んでました。

■パルティせと
 子供用イベント。昼食がとれます。

c0024502_23222927.jpg猫みこしがありました。
型ものなのでそんなにあれですけど・・・。

9月も後半なのに暑い中、結構疲れました。
伊勢の方でもやってるみたいですけど、伊勢まで行く元気が無い。
伊勢まで行くなら釣りしてーよってことになってしまいます。
[PR]
by cokky1 | 2009-09-27 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

2ヶ月ぶりの陶芸で猫の花器

この前購入した東直生さんの猫を参考に猫の花器を作成しました。
参考にしただけで、全然似てません。
肝心の顔(作風)が全く違うからでしょう。
大きさも全然違います。かなり大きくしました。

c0024502_2029298.jpg写真はまだ穴が空いてない状態です。
本体は鉄赤土、目は彫塑、瞳は黒陶です。歯には白化粧してます。
彫塑は焼成すると真っ白になります。
前からは「ガ~ッ!!」って感じに。
ネコバスで習得技術が色々出てます。

右から。前足長~い。
c0024502_20294360.jpg

左から。
c0024502_20295749.jpg

2ヶ月ぶりなので、こんなところで勘弁してやるっ!(してください?)

猫には見えないかなぁ。
最近の目指すところは荒井良さんの五徳猫だったりします。
京極夏彦さんの小説「百器徒然袋風」の五徳猫。
あんなの作れたらいいなぁ。
頭に五徳乗せてるのもお茶目だし、全体的にカッコいい・・・。
猫又(妖猫系)って好きなんですよね。尻尾が2つに割れてるとか・・・。
夢枕獏さんの「闇狩り師」にもシャモンという猫又が出てきます。
闇狩り師の新刊が新書で出てるとか出てないとか・・・。中身見ないと分かりません。
[PR]
by cokky1 | 2009-09-24 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

犬山城までサイクリ~ング

最近陶芸をやってないので、陶芸ブログでなくなってきてます。
すいましぇん。
運動不足解消のため、日頃から自転車に乗りまくってるのですが、本格的に遠出をしてみました。
譲り受けたマウンテンバイクもどきの前だけブロックタイヤからスリックタイヤに変えた中途半端なオイラのケッタマシーン。(方言で自転車のこと「ケッタマシーン」といいます。「ケッタ」で通用します。)

ゆるキャラブームにのって作った「ねぎっちょ」で有名(?)な岐南町というとこから犬山までGO!
片道18km位で往復36kmでした。
自転車なので途中気軽に色々立ち寄れます。
木曽川沿い堤防のサイクリングロードもどきをズンズン行きます。
で、最初に見つけた知らなかった公園
江南花卉園芸公園。こんな立派な建物があります。
クラフト系の体験教室してました。蚕の繭の人形が良さげでした。
c0024502_19241137.jpg

花が咲いてます。
c0024502_19242576.jpg

犬山城到着。木造のままで、国宝だそうですよ。入城するのに500円かかりまっす。資料館とかからくり館への入場券も兼ねてました。
c0024502_1925232.jpg

すげー急な階段・・・。
攻めてこられた時に蹴飛ばせば、絶対に後ろ全員落ちます。それが作戦?
靴下で木造のつるつるした階段を上がるのは怖いですよ。
c0024502_19251876.jpg

天守閣からの風景。南側。正面です。
c0024502_19254375.jpg

東側。木曽川が流れてます。
c0024502_1926887.jpg

木の手すり。木造の証拠。
c0024502_1926192.jpg

北側。
c0024502_19263599.jpg

西側。
c0024502_19265360.jpg

場内には色々展示してあります。城の骨組み模型です。
c0024502_19271658.jpg

全国の城の写真も一杯ありました。
お城マニアではないのですが、自分の住んでいるとこの近くにはお城がたくさんありすぎて珍しさも無いので感動もないんですけどぉ。
岐阜城、大垣城、滋賀の方へ彦にゃんの彦根城、長浜城とか。行ったことないけど名古屋城もあるし・・・。
場内に石垣も。一階から上がったすぐのとこです。
c0024502_19275248.jpg

犬山城下町。少々ショボい・・・。お店もまばらでねぇ・・・。
c0024502_1928747.jpg

写真では人はまばらですが、城の前の道路が渋滞してました。
はぁ~、自転車で結構いけるもんですわ。
いい運動になりました。
[PR]
by cokky1 | 2009-09-21 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(2)

ぶどうを買うついでに魚釣り~

今年も琵琶湖方面にぶどうを買い(釣り)に行きました。(お盆前の話ですけど)
今荘ぶどう園でアーリースチューベンという種類のぶどうをGETするのがメイン目的。
お盆には無くなっちゃう種類です。今年は天候が不順で自分が買った時は少々若いかなぁ、という感じでしたが、2週間程寝かせたらいい甘さになりました。

今回はとりあえず「釣り」なので何を釣ってもいいわけで、淡水魚釣りに無敵の餌「ミミズ」も持参しました。
庭の土を掘ればミミズは出てくるんですけど、以前買ったミミズをバケツで養殖してるのでそれを持っていきました。(天然ものはでかすぎる)
腐葉土と畑の土を混ぜて飼育(?)してます。
既に1年以上になるけど、順調です。(世代交代してそうですけど)

で、釣果はブルーギルのみ。入れ食いです。「入れパックン」ミミズ入れればすぐパックン。
c0024502_745613.jpg

引きはいいので十分楽しめます。
これがブルーギルで外来種です。駆逐対象になってはります。

これがポイント。琵琶湖と水路で繋がってます。
c0024502_7453174.jpg

湖北の野田沼ってとこなんですが、バス釣りする人なら「良さそうなポイント」と見ると思うのですが、下手なのかいないのかバスは全然釣れません。
去年もダメでしたから・・・。ウェーダー(腰まである長靴)も去年から穴が空いて使い物にならないし、止め時なんだろうかなぁ。

結構ロケーションいいので気持ちいいです。
c0024502_7462989.jpg

この池の周りは手入れがされてなくて、結構様子が変わってました。
以前は草は刈ってあって歩きやすかったのですが、今は草がボーボーで歩くことも困難。
多分、人が来ないんでしょうね。
しかし、人が入ってない割りに釣れないのは如何なもんかと・・・。
まぁ、自然のままが一番いいですけど・・・。
[PR]
by cokky1 | 2009-09-20 23:59 | 釣り | Trackback | Comments(0)

せともの祭 行ってみたです。

陶芸モチベーションが低くて、モチベーションが上がらないもんかと
せともの祭に行ってみました。
まあ、土曜の天気予報通りに大雨だったです。(日曜日が快晴じゃん・・・ちっ)

土曜の夕刊にせともの祭の記事が。
量産品が100円とかそんな写真を載せてました。
一般的にはそれが目当てな人が大半なんですねぇ。
こちらは量産品には目もくれず作家さんの店のみを見て周ります。
しかし、作家さんが少ない気がしました。(つまんないですっ)
というか、見たことある作品(作家さん)ばかりぃ?
おかげで2時間で十分周れました。(2周位?)
招き猫ミュージアムも行ったんですが、大崎透さんの猫がいたぁ~♪
結構小さい・・・けど値段はそこそこ高い。欲しかったけど我慢してみた。
(帰宅してから買えばよかったと思うのは何故?)

陶器の祭で何を思いながら見て周ってるかと考えてみました。
そこから何が目的で陶芸祭り行くとか考察。

(1)どんな技法で作ってるのかが知りたくなる。
 (できる範囲でです。釉薬調合や薪窯などできないのは追求しない)
 「買って、先生に見てもらって教えてもらおうっと」 →ご購入

 【結果】陶芸の知識充足のためかなぁ?色々知りたいです。

(2)猫系のオブジェを探して参考にする。
 「これは自分で作れそう・・・」 →スルー
 「うわ~作ってみて~」 →ご購入(財布と要相談)又は記憶する。
 「欲し~い」 →ご購入(財布に相談しない)

 あっても無くてもいいもんなので、費用対効果考えてもしょうがないです。
 【結果】陶芸モチベーション維持?色んな作品を見て作成意欲をあおる?

今回(1)の作品は余り無かったかな。
 ・常連作家さんの中で作風が変わらない方は、もう所有してるためスルー。
 ・作風が変わってても、思わぬ方向に変わってててがっかり・・・でスルー。
  マジ?前の方が好きだったのにぃ~。作るの止めちゃったの?

c0024502_2018654.jpg代表戦利品 水差し?
エンボス加工と練りこみか汚しか分からないですけど半磁器っぽくて超薄作りです。
力一杯握ったらきっと割れます。


(2)は気に入ったのは買いました。
 少しづつ自分のお気に入り守備範囲が広がってきてます。
 今までは「それは無い」というような作品が「いいんじゃな~い♪」になってます。

c0024502_20182980.jpg代表戦利品 東直生さん(だと思います)のネコさん
結構いけてます。以前なら買ってないです。
こういうデザインの猫もありになってきました。
というか自分でも作ってみたいです。
顔の作り方は、口の中を見たら閉じ方が自分と同じ作り方の風船でした。
体部分は一輪挿しになってます。

c0024502_2019514.jpg猫その2 カワセミ工房さん
一宮でも購入しました。お気に入りの作家さん。
パグがいい感じです。ビーグルがあればなぁ。。


値段に関してですが、一般の方は陶器の価値観が違って、
コーヒーカップ1500円は高いそうで。
気に入った作家さんの作品なら速買いな価格なんですがねぇ。
(カップ&ソーサーで1500円もあった。あれは買いです。)
自分は陶芸やってるし、色んな作家さんの作品を見て買ってますから価値観が違います。
作家さんもやってられないでしょーね。
ちなみに作家さんの作品を値切るのは嫌なんで余り値切らないです。
(あきらかに高いのはなんとかなるのか聞いてみますけど)

後は信楽のまつりがあるから楽しみ。
信楽の作家さんは中々良いと思われます。
[PR]
by cokky1 | 2009-09-13 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶芸 ネコバスっぽい招き猫 その3

一番でっかい子です。
中くらいの子と同様でベンガラで模様を描いてマット系黄瀬戸釉吹き。
ちょっと釉薬が濃すぎました。

前から。
c0024502_08125.jpgねずみは灰色釉薬が無かったので黒マット。
ひげは100均のゴムひもが調度毛穴にピッタリ。
歯は白化粧したため、こいつも施釉時のマスキングで少し剥がれました・・・。

左横。
c0024502_09467.jpg

足が2本足りませんです。
まぁ、ネコバスっぽいものなので問題ないですけど。
こんなに苦労して作らなくても、もっとかわいいネコバスの置物が売ってるんですけど、陶芸の技術向上のために挑戦(製作)しております。
目標が無いと作んないんすよね。

右横です。
c0024502_093161.jpg

なんか足が長いな?

後ろから。
c0024502_095736.jpg
横に突き出した足にあまり意味は無いです。
何本か作った前足の候補からはずれた足です。
ほとんど折りたたんだ感じになってるのは面倒くさいからです。
作ってみると分かりますが本っっっ当に面倒なんです。
(プラモデルの設計図(手順も重要)、部品作成、組み立てを同時にやってる感じ)
だったら作るなよ~って話なんですけど、
効率よく作成する方法を見つけることに燃えるのでした。


3匹並べてみましたが、こんな感じです。
c0024502_0101030.jpg

でっかいのは本当にでかいっぽいですが、最近先生の作品見てるからそれと比べると全然小さいし。

道具出しっぱなしにしていい作業場が欲しい・・・。
あればもっとたくさん色々作れるはず。
[PR]
by cokky1 | 2009-09-05 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧