<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小さい子達全員集合~

小さい作品達です。
c0024502_232637100.jpg

奥の大きめ猫は赤土に伊羅保釉を吹きかけました。
黄瀬戸で還元で焼成してた時と同じ感じです。
伊羅保が黄瀬戸と近い釉薬なんでしょうかねぇ。

うさぎは赤土に黄瀬戸です。耳が以前の形と違います。
新たな試みだったのですが・・・いまいち?

左の犬は赤土に耳が鉄赤、目にマンガン、鼻は黒土です。
お腹が部分的に汚れてるのは黄瀬戸をスポンジでこすり付けた結果です。
一度釉薬に浸してからふき取るのと、スポンジで少し釉薬を付けるのとでは
全然違いますね。
同じような気がするんですけどねぇ。
使う釉薬の量が前者の方が多いので節約のために後者で実験してみたんです。
まぁムラが出るのはしょうがないですね。

手前の寝猫は余った萩風土で作って、黄瀬戸をかけました。
以外にいい感じにできました。現在、会社の液晶ディスプレイの上で寝てます。
大きい寝猫を作ってみようかという気になりました。
[PR]
by cokky1 | 2008-02-27 23:45 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

湯のみ招き猫

湯のみ持った招き猫です。
重さは1.1kg、高さ20cmになりました。
花器のつもりです。
萩風土に伊羅保を吹きかけました。中は透明釉で水漏れ防止しました。
しかし、さすが萩風土。水がジワジワもれます。
そもそも、萩風土で花器を作ることが間違ってるんですけどね。
c0024502_2143235.jpg
湯のみからの水の補充は大丈夫でした。
以前は湯のみの重さに耐えられなくて、手の付け根が避けたんです。
どのみち、本体が水漏れするのでただのオブジェですけど。

そーだ、湯のみはチタン釉で乳濁してます。
焼成温度が1230度になってから大活躍です。
窯全体が1230度になるわけでなく、かなりムラがあるのでもっと温度低いと思われます。
作品全体も叩いた時の音がすごく低いので焼締まりが甘いのでは?
1250度に戻して欲しい・・・。それと還元にしてくれないかな・・・。
教室でこんなことにこだわってるの自分だけだから無理だよなぁ。
酸化で1230度なのでしょうがなく伊羅保釉かけただけなんですよね。
本当は焼締めで還元かけると全体に黒ずんだ模様が出てくるので、耳だけに緋色釉をかけたりして仕上げたいんですよぉ。あ~ぁ・・・、還元できる窯が欲しい。
今、宝くじとか当ったらガス窯買って、作業場作りたいです。

上から見るとこんなです。
c0024502_21462144.jpg
耳に穴が空いてるのでここに花を挿すわけです。
以前作ったのは顔を上に向けてまして、口に花を挿すバージョンでしたが、評判が良くなかったです。
水漏れはしませんが、デカさも手伝って邪魔者扱いとして部屋の隅にたたずんでます。(ToT)


花器なのでアイビー挿してみました。
c0024502_2203312.jpg
耳に挿してるんですけど、結構いい感じではないでしょうか。
水漏れするので下に皿がいりますけどね。
このときはまだ漏れてないときです。


余談ですが現在、熱帯魚水槽の上部濾過装置の水の中にウォーターマッシュールームという湿地や沼地に生育する植物を植えてます。
濾過能力を上げるのと、同時に植物も育ててしまおうという以前からの試みです。
水自体は水温が20度(熱帯魚には低い設定ですので真似しないで下さい。)で、
お魚さんたちの老廃物による栄養も豊富で順調に育ってます。
ただ、日光が当らないので間延びしてます・・・。葉っぱ小さいし。
アイビーも挿してるんですが、この季節にしては新芽が出て綺麗な緑の葉が出てます。
ネックは、濾過装置の蓋を開けてるのでそこから水が気化して水の減りが早いです。
気化した水は部屋に充満して冬にも関わらず乾燥とは無縁の状態です。いいの?
[PR]
by cokky1 | 2008-02-23 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

アマゴ?の蚊取り線香入れ

信楽赤土細目に白化粧象嵌モドキに全体に黄瀬戸、口元?織部です。
c0024502_2314181.jpg

アマゴに見えないので魚ってことでいいです。
焼締まっても、蚊取り線香は入りました。
ただ、蚊取り線香が結構不安定なので、危険かもしれません。
手練りで作ったんですが、今度はタタラで作ってみようかなと思ってます。
そこでexcelでタタラの型紙を作ってみました。
元々円形で作りたかったのが、粘土が柔らかいうちはへたって下は平らになるは、
どーにも上のようなものしか出来なかったです。
c0024502_2310130.jpg

こんな感じのものをA4の大きさで作成して印刷して型紙にしようかと。
タタラなら大量生産可能です。(多分)
どの粘土で作るかは分かりませんけど、やってみたいです。
コンパスで描こうと思ってたのですがexcelでできるじゃん?と、
コンパスを100均で購入後に気付きました。電子データとして残りますしね。
2つの円を重ねただけです。蚊取り線香も余裕で入ります。
この形でどう安定させるかが問題です。胸びれで安定するかな?
[PR]
by cokky1 | 2008-02-21 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

大崎透さん風ねずみ

つくる陶磁郎41に載ってた大崎透さんの作り方のねずみ。
焼きあがりました。
焼締めなので素焼き前と色が変わっただけです。
高さ6.5cm、重さ27g。
c0024502_21584294.jpg
中が空洞なのと、目を粘土で付けてないとこが違います。
目は穴を空けて、マンガン釉を穴に入れてはみ出しました。
自分の場合は中が空洞でないと形が定まらないです。
目は粘土を小さく丸めて付けた方がかわいくなると思います。
マンガン釉なんかかけるとクリクリな目になっていいのではないでしょうか?

c0024502_21594597.jpg
焼きあがって気付くことなんですが、目が左右対称でないです。
何故か作ってる最中は気付きません。
焼きあがって見るとどう見ても歪んでます。
左右対称に描くのは難しいです。
(先生に左右対称のことを「シンメトリー」って聞いたことあります。)

もうねずみは最後かなぁ。
[PR]
by cokky1 | 2008-02-19 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

猫の香取線香入 縮んで歪んでオブジェ?(ToT)

今回の本焼の目玉作品?
猫の香取線香入れでした。(過去形)

信楽土に黄瀬戸、耳に織部です。猫足の穴には白化粧してます。
ますは前から。
高さ12.5cm、横幅15cm、重さ517g
高さが変わってないんですけど?素焼き前
c0024502_21521999.jpg

これは斜めショット。
c0024502_21524850.jpg

後ろは御須で蚊取り線香っぽい渦を描きました。
渦に勢いが無いですねぇ、へにゃへにゃしててカッコ悪い。
線はさっ!と描かないと。
c0024502_21531114.jpg

上から~。おおっ!穴がふさがってる!\(>_<)/
c0024502_21533059.jpg

結果は写真を見ての通りに大失敗でした。
教室では貯金箱に・・・、とか言われましたがお金を出すとこがない・・・。
作品を持っていったときに、口がふさがるかも?と先生に言われたんですけど
そのままの結果になりました。
きっちり閉じてますねぇ。
なんか鈴か木魚みたい?

道具土を3点程はさんで焼けば、口に釉薬はかからないけど
口が閉じてしまうのは回避できるかもとのことでした。

こーゆー変なものを作ろうとしてらっしゃる方(いないって)
気をつけて下さい。
形とか穴の大きさ色んな要素でこうなったんだとは思いますけど、
陶芸恐るべし・・・。(って、失敗なんていつものことじゃん?)
[PR]
by cokky1 | 2008-02-17 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

怖い招き猫・・・。

目を開けた猫は難しいですねぇ。
新たに20kgも購入した信楽鉄赤土のテストピース!
かなり粘土の粒子が細かいです。手練りではまぁまぁ作りやすいです。
器では目が細かいので菊練しないダメですね。(できないけど)
酸化で焼成したら黒くなるのかな。まぁテストです。
c0024502_22144088.jpg

多分、目がもう少し上なんですよ。それか鼻がブタ鼻なのがいかんです。
マウスカーソルで鼻を隠すとそんなに怖くない?
なんか怖いですよね。
下のはもっと怖いです。
c0024502_22153970.jpg

素焼き後に目を入れようと考えてますので白化粧で白目。
目の上に少し粘土を盛ったのがいけないのかなぁ。
立体感を出したいんですよね。
それにしても怖い。すごくかわいくないね~。
うわぁ、いらねー作品できてもーた。
まぁ、テストピースだからいいです・・・。
[PR]
by cokky1 | 2008-02-15 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

いつもの猫

猫のお香置き。
c0024502_22154122.jpg

このタイプは品質が安定してしまって、同じものしか作れなくなりました。
右手にトレイで、左手招きになってますが、自分の中ではめずらしいです。(多分)
いつも右手招きなんです。(金運)
作りやすいというかバランスが取りやすいです。
しかし、こんなのばかり作っても邪魔になるだけなんですけどぉ。
粘土を買った「ねんどやさんcom」さんがサンプルでくれた赤土中目です。
酸化で釉薬無しで焼いたらどうなるかテストピースです。
いい感じならまた買わないと~。といいつつ粘土邪魔・・・。

このブログはexcite同士なら簡単にリンクがはれる「リンク」ボタンがあるわけですが、
自分はどーやら出てない。
調査の結果、ブログの更新データを送信するかどうかの公開設定にあったようです。
以前、しょーもないコメントとURLを機械的に書き込んでいく行為が頻発しまして、
コメント消す作業も面倒なので非公開に設定してあったためでした。
で、自分で自分のブログを見ても「リンク」機能は確認できないらしい・・・。
自分のブログに自分のリンクはってもしょうがないということでしょう。
出てるか確認できないので、別のIDでログインして見てみたら下の様なのが出てました。
ということでリンク機能復活しました。
Add link | Top | My blog
しかし、この仕様はいかがなもんでしょうね。
せめて設定することろに注意書きして欲しいもんです。
使用者が不特定多数であることを考慮して説明及び、本人では確認できないことを記述してくれればいいのに・・・。
SEのはしくれとしては少々突っ込みたくなるわけです。
[PR]
by cokky1 | 2008-02-14 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

変なもの

変なもの作ってみました。
普通しないだろうということをあえてやってみました。
c0024502_18154139.jpg

それにしても、器はへたくそ。
全然作ってないくせに、ロクロ目を強くつけようとしてへにゃへにゃにしてます。
まずは普通に湯のみをつくれてってことですなぁ。
ますます器を作るのが嫌いになってきました・・・。
意味無く、白化粧してみたりして変な風になっちゃいました。
で、本題ですが器の中に猫を付けてみました。
ありえん・・・。「普通、外側だろっ!」という突っ込みが心地よくなる~。

話代わって、今シーズンもなんとかスキーに行けました~。
c0024502_18242699.jpg

行った日は天気が良くて最高でした。
ただ、無理をしたため腰を痛めてしまいましたよ・・・。
調子良かったので大丈夫と思ったんですけどねぇ。
筋肉痛は一切ないのに、全部腰にきました。

それにしても本焼きのスケジュールがどんどんズレてます。
今週中に本焼き実施予定とのこととのことなので、
2月の本焼はもう無さそうです。
[PR]
by cokky1 | 2008-02-11 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(3)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧