<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

招き猫 湯のみ持ってます・・・。

猫の蚊取り線香入れにしようとしてもったいなくて止めた作品です。
高さ22cm、重さ1.15kg。でっけーです。
c0024502_21512626.jpg
招き猫なんですけど、花器です。
手に持った湯のみが手の中を経由して本体に繋がってます。
水の補充は湯のみからします。
で、花はどこから入れるかというと見えないですけど、
耳に穴が空いてますので、そこに挿します。

萩風土なので焼締めにすると水が漏れますので、
黄瀬戸をかけて水漏れ防止しようかと思ってます。

横からみるとこんな感じです。
尻尾も空洞になってます。

c0024502_21525867.jpg

まだ、粘土がたくさんあるので、大物を作ります。
また粘土買っちゃったし・・・。


教室に持ち込んだ際に、先生のお仕事の作品の底がピキピキひびが入ってました。
昨日の冷え込みのせいで作品が凍ったそうです。
冬は凍結が怖いですね。
ろうそく一本でも点けておけば防止できるとか・・・。
でもろうそくは火事が怖いよなー。
自分だったらカメのバスキング用の電球なんか熱くていいのではないかと。
まぁ、普通の60W電球ですけどぉ。ホカロンでもいいのかな。
自分は作成中の作品は家の中ですので凍結の心配は無いです。
適度に乾燥していからしか教室に持ち込まないですし。
[PR]
by cokky1 | 2008-01-27 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

猫の蚊取り線香入 なんとか作った・・・。

どうしようかと試行錯誤して何とか猫の蚊取り線香入作りました。
余りでっかいのを作りたくなくて、ギリギリの大きさを見切って
なんとかできました。
余り乾燥してないこの状態で600g。
高さは耳まで12.5cm、その他は蚊取り線香の大きさと比較してみて下さい。
c0024502_22354424.jpg
頭に細長い線香が入る細長い切れ込みが空けてあります。
木魚みたい・・・。
線香は粘土で作った棒で固定します。
大きく作るとどうしてもリアルになっちゃいます。
せっかく粘土という自由に立体を作れるアイテムなので線だけ描くのがもったいない気がして粘土をモリモリと盛って立体化して、結局かわいく無くなる・・・。
でかいの作る場合はいつものことですけどぉ。
とりあえず、招き猫にもなります。

c0024502_2237295.jpg後ろはこんな感じです。
猫の足跡の穴を空けてみました。
意味は無さそうですが、蚊取り線香が本体の中に1/3程度入っているので内部が酸素不足で火が消えてもまずいので、空気穴を空けてみたという思惑もあったり。。

それにしても変な形~。
自分らしいといえばらしいです。改めて見ると本当に変だ。
なんじゃこれ。こんなの絶対売ってないから満足っ。
頼まれものだし、まぁこんなもんか?
[PR]
by cokky1 | 2008-01-25 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

蚊取り線香入れ

蚊取り線香入れ?ぶら下げ?
日本体水魚のアマゴのつもりです。
現時点では体の波線に白化粧を流し込んで簡易象嵌状態です。
c0024502_228288.jpg
とりあえず、スケッチブックにデザインを起こして試行錯誤してみる。
蚊取り線香が案外大きいです。
直径16cmは見込んでおかないと入らないですよ?

結局高さは20cm、
重さは450gになりました。
どうやって作ろうかと考える間もなく、先生に菊練りしてもらった砲弾の形を縦にスライスしたものから、どんどん立ち上げていって、足りなくなった粘土は紐で追加していきました。


アマゴはパーマークという赤い点々があるので、そこは穴を空けました。
模様自体も本物とは違いますけど、まぁその辺りはデザインとしてのディフォルメです。
構造上、背びれを付けられなかったです。
c0024502_22175018.jpg
写真では端っこをぶらさげてますが、本来は中心にひっかけます。
ステンレス線があるのでそれで中心まで伸ばして先に針金を加工したフック付ければいいかな。

赤土細目で作ったので収縮率が高いのが心配です。
かなぁ~り縮まります。蚊取り線香が入らないことも想定して花器にもできるように設計しました。
剱山入れれば花器に早代わり~。


本当は猫の蚊取り線香入れを頼まれたんですけど、へそ曲がりなのでとりあえず、全然違うものを作成しました。
現在、猫用のでっかい風船を作ってありますが、蚊取り線香が入る程の風船ってでかすぎです。蚊取り線香入れる程の穴を空けられそうにないことが判明して普通のでっかい招き猫になってます。
それにしてもこたつで陶芸している自分って変・・・。掃除しないとねぇ。
[PR]
by cokky1 | 2008-01-20 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

2008年初陶芸第3段 犬のお香立て

犬のお香立てです。
つくる陶磁郎41号の大崎透さん犬の作成技法を取り入れてみました。
口と目と耳がいつもと一味違うんですよ。( ̄ー ̄*)
口というか、鼻+口の所に粘土を盛ってから
鼻の下に分度器を逆さにした様なものを付けてみました。
よって下唇は後付でないです。自分にとっては斬新。
大崎さんの作り方はトラもそうなんですが、下唇から付けるんですねぇ。
目はいつも凹ませるだけなんですが黒土を丸めて付けました。
多分マンガン釉塗ります。
耳はいつも貼って終わりなんですが、上部を頭と同化させました。
大崎さんのリアル犬がそうなってました。
鼻の周りの白化粧はいつもの自分の犬です。
うちの犬がはちわれビーグルなのでこうなってしまいます。
c0024502_20331166.jpg

これはいいですよ。今後犬はこの作り方にします。
少々難易度は上がりますけど違う粘土でやってみます。

週末に胃腸風邪ひきましてお腹痛いは、グルグルするは、
おかゆ、うどん、食パン丸かじり的なものしか口にしてないので
あらゆるモチベーションは下がっております。
点滴2本打ったのに完治しないとはなぁ。
今年のはしつこいです。ダル・・・。
[PR]
by cokky1 | 2008-01-09 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

2008年初陶芸第2段 うさぎのお香立て

うさぎのお香立てでっす。
耳の作り方をつくる陶磁郎の大崎さんの作り方を真似してみました。
c0024502_21153845.jpg耳は本体まで貫通してますので、耳が空気穴になります。
以前作ったうさぎと変わらないですねぇ。
この形のうさぎにこの耳は似合わないのかも・・・。
失敗か!?

100gで以前から作り慣れているため楽に作れましたけどいかがなもんかと・・・。
土は赤土なんですが、酸化で焼締するとつまんない感じになるのは分かっているので、
どんな釉薬でごまかすのか思案中~。
今年中に大崎透さんのうさぎにも挑戦したいです。
でもあのリアルさは難しいよなー。目の周りにあんな細かい細工できるかなぁ?
[PR]
by cokky1 | 2008-01-07 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

2008年初陶芸 大崎透さんねずみ

つくる陶磁郎41に紹介されていた大崎透さんの十二支の作り方。
その中のねずみを作ってみました。
作り方の通りにやってみましたが上手くできませんでした。
陶人形系の難しさである、数ミリズレたら表情が変わるという壁にぶち当たりました。
粘土のグラム数まで記載してあっても、1gを計れるスケールが無い~。
アナログのしかないので無理です。
それと、中が空洞でない粘土の固まりは容易に変形するということがネックでした。
押したら簡単に凹みます。こりゃいかんですよ。
形成しても、ちょっと触ると変形する・・・。
結局いつも通りの小さな風船で作成。
風船で作るメリットがやっと分かりました。
一度作った形は「変形しづらい」。
ずっと前から中を空洞にして作るのとそうでないのと何かが違うと思ってました。
やっとスッキリしました。
粘土の固まりは乾燥が遅いのもネックです。
目の粘土はバランスを取るのが難しく付ませんでした。
35g、高さ6.5cmで完成~。
頭と胴が空洞です。
口と鼻は説明通りでなく、後でストローで切り込み入れました。
大崎さんのかわいいねずみと表情が違いますねぇ。(真似できるわけない・・・)

でっけー(自分の場合100g以上はでかい)お香立て猫は、
300gの粘土で風船を作って加工して370g、高さ12cmです。
c0024502_21432745.jpg

でかい猫は肉球を付けないといけないので面倒です・・・。
床に座り込んであぐらをかいて作るのは腰にきます。作業場が欲しい・・・。
[PR]
by cokky1 | 2008-01-04 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

2008年あけました

あけました。2008年です。
雪がパラつく寒い日になりました。
初詣はしないというか近所の神社に犬と散歩しがてら行く程度なんですが、
今年は、長良川畔の金華山で初日の出を観ようということになり、
行ったわけです。
早朝に自転車で行き、徒歩で金華山を登って頂上の岐阜城で日の出を待つ計画。
いつも思いますが、自転車はいいですよ~。
6時くらいの岐阜城。ライトアップされてます。
c0024502_16335265.jpg

6:41の空。
c0024502_16362035.jpg

7:00くらいの空。太陽はもっと左・・・。陣取る場所を間違えた。
それよりも調度、日の出時点は雲で隠れて日の出は誰も見れなかったようです・・・。
c0024502_1638913.jpg

山は登るより降りるほうがつらいです。
夜の登山?はヘッドランプが便利です。
釣り用のを持参していきましたがナイスアイテムでした。
そもそも、自転車にライト付いてないので頭に装着してただけなんですけど
役に立ちました。
ロープウェーで来る人もいれば、各種登山コースを登ってくる人がいて
結構人がいました。
近所にこんなにいい自然のスポーツジムがあるとは!
帰りに骨董市を見てきましたが、招き猫もいました。
う~ん、自分の作った猫のほうがいいです。
そりゃー自分の好きなように作ったものに勝るものは無いですよ?
下のは試作アロワナ。でっかいのを作ります。多分・・・。
c0024502_22131636.jpg

黄瀬戸に背中に織部を吹きかけました。
還元かかって中途半端な赤色に・・・。
[PR]
by cokky1 | 2008-01-01 23:58 | 日記 | Trackback | Comments(2)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧