<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

萩壷猫

萩風土で作成した100g壷猫です。
耳、ほっぺ、壷は紅志野です。
c0024502_20132874.jpg還元焼成なのにほぼ真っ白・・・。
焼き上がりの悪い方の不安定さに何を信じていいか分からないですな~。
ススで汚れたような感じや、色が濃くなるほうの不安定さはいいのですが、何も変化のないのはどーにも我慢ならんです。
ようするに最初から色のつく赤土を使えということでしょうか。
赤土を使えばある程度は保障されるし?
紅志野の色を見る限り還元はかかってるんですよ。
でも土は真っ白けで酸化と変わらないってどーゆーこと?
陶芸摩訶不思議?(ToT)
[PR]
by cokky1 | 2007-11-28 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

ねこバス

正確には「ねこBASS」です。
トトロのねこバスではありません。

もともと魚好き&猫好き(生き物好き)なのでコラボしてみました。
ブラックバスという外来魚なんですが、ルアーフィッシングの対象で
自分も釣りをやっちょります。
猫がブラックバスを抱えてるつもりです。
例によって楊枝入れです。
c0024502_219414.jpg

自分の好きなものをコラボしたのでかなりお気に入りです。
こーゆーのを作れば、気に入らない作品減るんじゃないのかな?
たくさん作るのでなく、一作品毎によ~く考えて作りましょう。
猫もブラックバスもいい感じにできたので、とりあえず2周年作品にしましょう・・・。
でっかいドラゴン作ろうかと思ってたのですが、
できない可能性が高いのでねこバスが保険です。
c0024502_2111194.jpg

ブラックバスだけでもいいよなー。
ディフォルメしたでかいブラックバス作るかな・・・。

そういえば、最近また何か飼いたい衝動が・・・。
マタマタとか、ヒョウモントカゲモドキとか~。
世話が大変なので飼いませんけど。
マタマタなんか40cm超えの肉食カメなので無理っしょ。
アカハライモリにしとくか?えさが赤虫っぽいので金魚に取られそう。
[PR]
by cokky1 | 2007-11-25 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

陶器のうさぎ 100gシリーズ

赤土細目と古陶小の1:1の混在粘土の不完全還元焼成です。
頬は紅志野。
いい感じに白い斑点が出ました。もっと濃い焼色になるはずが薄くなりました。

夕日を浴びて色が微妙です。
手に持った皿は織部をかけたので赤くなってます。
c0024502_23544027.jpg

手に何も持ってなくても良いかな?

今回はLUMIX DMC-FX33というデジカメで撮ってます。
インテリジェントオートモードというモードで撮りました。
被写体に近づければ勝手にマクロになったりするらしいです。
まだ使いこなせておらず、説明書を解析中です。
2001年からずーっとFinePix4700Zってのを使ってきました。
特に困ったことはないですが、手ブレ防止の新デジカメを使用してみました。
c0024502_2355059.jpg

[PR]
by cokky1 | 2007-11-24 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

薪窯の猫

薪窯を自前で作って焼いている人がいまして、
ご好意で猫を焼いてもらいました。
調度、猫を大量に作ってたので、その中の赤土で作った猫を薪窯へ。
薪窯で、素焼き無しのいきなり本焼なので爆発も覚悟してました。
しかし!すごくいいです。緋色が出ててこれがいつもの赤土なのか!?
もう、宝物です。(~o~)♪
c0024502_1348262.jpg右側の猫が薪窯猫です。
左のは信楽に黄瀬戸と織部です。
両方ともお気に入りです。
作った作品のうち何個中に何個がお気に入りなんでしょう?

還元焼成の作品も引き取ってきました。24作品で燃焼費税込み3982円。
平均166円。1作品辺りの重さ100g前後。
100gの粘土から作成しているので当たり前なんですが、すごく軽く感じます。
今回の焼成は還元はかかってますが、前回と土色が全然違う・・・。
ねんどやさんcomの信楽2が真っ白です・・・。鉄分が浮き出てこなかったのかな?
HPには「色:アイボリー、赤色」となってますが、こんな色になったことないです。
酸化、還元ともに白色と思った方がダメージ少ないです。
細工しやすいのに残念。釉薬をかけて使うならいい土かな。
焼き上がりが白色なので色がばっちり出ると思います。
焼締めはいい感じになる確率低いです。(素焼きみたいだな)
焼成は、紅志野の緋色が出てるので還元であることは間違いないのですが、
真っ白いねずみがたくさんできちゃいました。
これなら教室の酸化焼成で黄瀬戸かけて焼いた方が良かったです。
ここまで焼成が不安定とは思いませんでした。
もしかして厚さで土色が変わるのかな?
下のは猫ですけど、真っ白。耳とかは紅志野の筆塗りです。
信楽2の焼締めはもうしましぇん。
c0024502_1411472.jpg

陶芸作品は作り過ぎで、ジャマなのでしばらくはお休み。
ほったらかしのプラモデル作ります。(これも作ればジャマは同じ。)
しかし作ってばっかりだね~。クリエイティブな日々過ぎます。
作品はボチボチアップしていきます。
[PR]
by cokky1 | 2007-11-23 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶器のうさぎとしてはまぁまぁ?

真面目なうさぎ1号です。
c0024502_232519.jpgこの作品の後に数個うさぎを作ってますが、1号が一番いい感じです。
手探り状態で作ったこの耳の大きさが○。
もう少し両耳を中心に近づけたほうが良いようです。
持った皿ににんじんのお香立てを置いてます。


先日、還元焼に出した先から、素焼きの後で「うさぎの耳が外れました」と連絡がありました。
あ~、爆発?原因は分かりませんが、耳が長すぎたか?
リカバリはセラミックボンドでどうかとのことでしたが、焼締めでセラミックボンドは
以前やって、その結果に愕然とした経験があるので絶対に嫌だ~。
壊れてるのが丸分かりでカッコ悪い・・・。
釉薬でごまかしてもらおうとしましたが、困難っぽいので本焼は止めてもらいました。
自分がねずみの耳を折っちゃった時はセラミックボンドで着けた後に
織部をべっとりかけて本焼したら全然分からなかったんですけどね。
どうやら、織部にはもどきがあるようです。銅を使わず緑色にするだけの偽織部。
そーゆーのをリカバリに使うと上手く隠れないらしいです。
爆発、破損は承知で焼成をお願いしてるので別にいいのですが、
原因を聞かないと次に生かせないので確認しなくては。
面白い理由で爆発とかしてたらいいなー。
ぶつけて折れたのなら、当たり前でつまんない。
壊れてもいいようにというか、窯の位置とかで全然結果が
変わるため同じようなのを複数作ってますから安心?(数ばっか増える・・・)
[PR]
by cokky1 | 2007-11-21 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

フリマ終了・・・。

本日、寒い中フリマに参加しました。
9:00開始なので、7:30に出発して15分程度で到着予定の現地に向いました。
すでに出展者の方がたくさんいる・・・。。出遅れ?
ブースまで3回に分けて商品を運びました。会場が広すぎる~。
c0024502_19553855.jpg

商品を並べるわけですが、非常に面倒くさいです。
並べ終わった頃に雨が降ってきて、モチベーションが下がってくる。
自分のブースはこんな感じです。
c0024502_19545149.jpg

まず、天気が不安定でお客さんが少ないです。
どう考えても出品者の方が多い感じでした。

売れたのは小さなねずみや適当なものとでかい猫だけでした。(ToT)
いい勉強になりました。

・値段が高過ぎた。(やはり安くないとね)
・お客さんが少ない。(天気のせいでしょう)
・何が良いかは十人十色
 余った粘土で作った猫とかを気に入られて買われていく人がいました。
 何がいいと感じるかは人それぞれですね。
・置物は置物で徹した方がいい?
 背中に穴を空けてあるんですが、「何で?」って聞かれる。
 ただのオブジェじゃもったいないと思って、ペン立てや楊枝入れにしてますが、
 買われる方は純粋に飾るだけの目的が多いみたいで、穴は蛇足みたいです。
 穴を空けるもの手間なので、もう空けませんです・・・。

紅葉にもまだ早く、天気もいまいち。
雨が降ったり止んだりで、虹が出てました。
c0024502_19551579.jpg

■本日の成果
・風邪ひいて、鼻水ダラダラ・・・。くしゃみ出る。おかげで鼻の下が荒れてます。
 ヒリヒリして痛いです。

たくさんある作品は、色んなとこにバラまかれる・・・?
先日25作品も本焼出してきたし。
真面目に飾るエコスペース棚を作らないといけないです。ヘックションっ!
[PR]
by cokky1 | 2007-11-18 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

久々の猫

久しぶりの猫です。

酸化焼成での猫。
天気が良かったのでガーデニングついでに外で写真を撮ってみました。
c0024502_2244048.jpg

左は信楽土に黄瀬戸をかけて、耳や背中(見えないけど)に織部です。
右は赤土に緋色釉を適当に吹きかけて、織部をペッって飛ばしてあります。
壷は白化粧でなんとなくタラリと垂れた感を出してます。

明日のフリマは開催されそうな天気です。(曇り。多分寒い)
11日のために準備してたのに一週間延びたので
な~んかモチベーション下がってるし・・・。
準備したものをどこの箱に入れたか全然覚えてない。
こんなことでいいのだろうか?

関係ないですが、以前失敗したワイヤープランツとポトスを購入。
今度は大きく育てます~。
ベンジャミンやら、色々鉢換えして、余った植木鉢にセッティング。
とはいえ、冬に向けて外に出しておくわけにもいかず、
家の中が観葉植物だらけ・・・。
実は、ポトスは水槽の上部濾過装置に挿して濾過パワーを上げようかと思ったのですが、
ヘデラの切り戻したものを入れました~。
[PR]
by cokky1 | 2007-11-17 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

ねずみのお香立て?

ねずみがトレイを持ったパターンです。
コーンタイプの香をおきます。
多分アルミ箔を敷いた方がよさげです。
お香を焚いた後にドロリとしたものがこびりつくようです。
c0024502_229316.jpgワンパターンで見飽きた感が・・・。。

c0024502_2212082.jpgこちらは前にトレイを持ってます。
全体をのこぎりで引っ掻いてます。
土は信楽なんですが、還元で焼くとどーなるのでしょう。
還元で焼くと何もしなくても模様が浮き出てきますが、引っ掻いてあるともっと出てくる?
何にしても楽しみです。
まだ、一杯作り溜めてます。
粘土たくさんあるのに一顧150g弱しか使わないから粘土がなくならない~。
また、でかいの作ります?
[PR]
by cokky1 | 2007-11-14 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

ねずみ・・・。

作り置きしてあるねずみの紹介。
いつものねずみさん。
手をいつもと違う所に付けてみてます。
楊枝入れのつもりで、口にも一本させるようにしてます。
それに手を添えてる感じを出したかったのですが、失敗?
c0024502_2337356.jpgc0024502_23371997.jpg


で、後ろはこんな感じに蓋になってます。
c0024502_2340489.jpgまんまるの蓋なので向きが分からなくなるので取っ手のとがった方を上にするとしっくりはまります。
こんなのばっかり作ってるので、何か別の新しいことしたい・・・。
って、何?器とか下手なのに。
あ~、薪窯を持ってらっしゃる方がいて、ご好意で猫を焼いてもらいました。
緋色が出てていい感じにできてました。
さずが薪窯。焼締めがいいですね。
[PR]
by cokky1 | 2007-11-13 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

フリマ延期でした。&うさぎの楊枝入を紹介。

本日のフリマは延期でした。
主催者さんのナイス判断です。
結果的にはそんなに雨が降ることもなく案外いい天気だったのですが、
朝の6時での判断では的確な判断だと思います。
200ブース以上のフリマを仕切る訳ですから当然の結果でしょう。
何か企画するのは大変です。特に野外での企画は天気とにらめっこ・・・。
自分も経験ありますが、企画して雨で延期して参加者激減で・・・。
来週のフリマのブース数がそんなに減ってないことを祈ります。
それにしても梱包が大変でした。面倒くさい。現地で全部出して並べると思うと・・・(ToT)

で、先生の個展を見に行ってきました。トゲトゲの香炉がカッコよかったんですが、
手間がかかっているため、その分価格もすごいことに・・・。
買えね~。もう一方の人の青白磁(?)も良かったです。
女性の方っぽいやさしい感じがしました。
青白磁は使うのが勿体無い気がします。汚したくないというかそんな感じです。
使って渋くなる器の方が好みなんですけどね。(ズボラなだけ)

今作ってる作品紹介です。どーやら、猫よりうさぎの方が人気ありそうな気がしてます。
本焼に出してあったものも引き取ってきて案外いい感じに仕上がってました。
なので、今回はうさぎ多めで作ってます。これは楊枝入れです。
壷に楊枝を入れるだけですけどね。
こんなのを所有している数種類の土で作成中です。耳デカっ?
c0024502_21594179.jpgc0024502_21595411.jpg
[PR]
by cokky1 | 2007-11-11 23:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

犬山クラフト おもしろそうだ..
at 2017-11-19 23:58
マーケット日和ってきた
at 2017-11-03 23:59
国際陶磁器フェスティバル20..
at 2017-10-29 21:46
GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧