<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

来年の干支ねずみの試作・・・。

素焼きが近いので急ピッチでねずみを試作しました。
ukkyさんの一輪挿しねずみのようなかわいさと機能性は持ち合わせておりません。
■陶芸(楽陶会): エトー君  子 ネ ね !
間に合えばフリマなんかに出してみようかと試作してみました。
リアルなのをまずご紹介。
c0024502_1540353.jpg食玩のおまけっぽい見本があったので見ながら作成してみました。こんな形で中を空洞にするのは面倒くさいです。粘土を継ぎ足しながら形を整えなければならず、これはもうやりません・・・。
白化粧も慣れてはきましたが、得意ではないのでプルプル手が震えるし。
c0024502_15435581.jpg100gシリーズ。
試作の中ではこれが一番ねずみっぽいのではないかと・・・。
ハートを持ってますが、背中にハートの穴を空けたのでその残りです。
もったいないので形を整えて作品に合わせてみました。。

ねこなんかも混じってますが、ねずみの試作群です。
ねずみに見えないものもありますが、知り合いにアンケートを取って良さげなやつを200gにでかくして大量生産・・・予定???
写真の中のでかいやつが200gで風船を作って加工した作品です。230g程度になってます。
c0024502_15481615.jpg

この子達は手びねりで、かつ削ってないので指の跡がボコボコ付いてます。
陶芸ブログ・さるのやきもの■大切なことは・・ ukkyさんの萩陶芸修行の時の先生のお言葉
「そのときの手の動きが出とるんだから、そのままほっときゃええんじゃ。」
はいっ!ほっときます。削りませんっ!この指跡が自分の作品の勢いなんですっ!
で、削らないことを正当化するのでした。
大体5mm厚なのでそのままでもいいし、削りカスがもったいないです。
そういえば、最近手回しロクロ使ってないね~。
[PR]
by cokky1 | 2007-09-23 23:34 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶人形 手を出してしまったです(ToT)

c0024502_20182646.jpgとうとう作ってしまった陶器人形。
美濃焼きまつりで見た手作りの陶人形。
どんなのか忘れましたが欲しいと思う反面、自分で作れるかも?
などと考えてました。
なので、いつか作るだろうと思ってたのですが、ねずみを作らずに手を出しました。
現時点で高さ17.5cm 重さ215gでした。
忘れないうちに手順などを・・・。
でも、陶人形の作り方は知らないです。(聞いたこともない)
自己流でございます。作り方はT-Rexと似てます。
とりあえず、約半日で完成しました。
下記を見てもらえば分かりますが、部品が小さいのでできるのも早いのでした。


■手順
(1)適当にデザインを描いてみる。(最初は3頭身だったです)
(2)デザインからパーツ割りをする。
 ①胴体 【50g】空洞
 ②頭 【15g】空洞
 ③モモからスネ×2【25g×2】空洞
 ④足×2【5g×2】 空洞ではないです。
 ⑤肩×2【適当】空洞
 ⑥手×2【適当】空洞ではないです。
 ⑦髪  【適当】
(3)各部品を上の番号順に大きさのバランスを気にしつつ作成する。
 ◎メモ
 ・胴体の作成で腰んとこからお尻にかけて中を空洞にしつつ
  スタイルを調整するのが難しい~。
  結局、絞りきれずウエストは太くなりました・・・。
  後で気付きましたが削ればいいじゃん?
 ・胴体が最終的には上下逆が採用されるという結果に・・・。
  胸がお尻になった訳です。
  肩が異様にイカツイ感じに仕上がったため逆三角形に見える。
  そんじゃーと、ひっくりかえしてみればいい感じに見えたため
  こんな結果になりました。
 ・途中で胸がガンダムっぽくなりました。
(4)仮組み(プラモデルか!?)
 ①胴体に肩を付けて位置を確認して、接合部を凹ましておく。
 ②胴体のももの接合部を凹ましておく。
(5)服の彫り込みと、服の盛り付け。
(6)接合
 ①肩の接合
  ・接続部にはそれぞれのパーツに穴を空けてから結合する。(密閉防止)
  ・服の感じを調整
 ②首と襟を付ける。
 ③下半身に、モモ・スネを接合
  ・頭、手などを仮接続して自立するよう調整。
 ■自立について
  努力しましたが、足首が耐えられなかったです。
  アキレス腱がにひびが入るし、こりゃ無理だわと判断。
  支えを作ることにする。
  さてどうしたものか?

  案1:スカートを下まで長くして支える?
   →せっかく作った足が見えないじゃん!
  案2:つえを持たせる。
   →カッコ悪っ。
  案3:背中側にもたれるものを作る。
   →採用っ!
  案3により、木を作りました。

  人形とはいえ、この作品の全体的な用途は鉛筆立てなのです。
  木も鉛筆立て。人形も何かを抱きかかえているような
  格好してますが、あれは鉛筆を抱きかかえるんですよ~。
 ④腕を接合
(7)スカート作成&接合(こいつが重いと見た!)
 ①コンパスでスカートの型紙を広告の裏に描く。(エコ)
 ②はさみで切って人形に当ててみる。
  →届かない・・・。ってのを繰り返す。①に戻る。
 ③いい感じの型紙ができたので、ガーゼの上で粘土を叩いて
  薄くして型紙に会わせて裁断。
 ④スカートを付ける。
  スカートの合わせ目の切れ目は大切にする。
  下品にならない程度で、隙間は空けて足を見せる!(男の使命)
(8)上の服とスカートの境目がダサい。
 →ベルトを着けてごまかす。
 印として、ベルトのバックルに猫の足マークを付ける。
 (印なんか付けなくても、教室でこんなの作るの自分しかいない・・・。)
(9)猫が付いてないといけない気がしてくる。
 →木の上に猫を引っ付けてみた。
(10)サンダルを履かせる予定が面倒なので止める。
 デザインでは靴だったのに。はだしを作ってしまって
 足の指まで作るもんだからこんな結果に。

★課題
 ・顔が体とアンマッチ?
  人形は顔が命とか言いますが一番手を抜いたのが顔。
  リアルな顔も作れるようにします・・・。
 ・服のセンスが悪い。自分自身がセンスないからね。
  技術力の問題もあり。そもそも陶芸で人形作るときは服はどーするのだろう。
  薄いタタラで裁断して作るのかなー。
  最初はそう思ってましたが面倒くさくてやってられん!と思い、
  描き込むことにしました。
  結局、粘土を盛ったり、スカートは裁断だし~。面倒・・・。
 ・下半身がでかい?スカートが厚過ぎる気がしますけど?

  作り方を先生に聞こう~。きっといい方法あるはず。
  聞いてからやればいいのに?
  作ってみて初めて聞きたいことが明確になるんです。

作っているときは夢中でいいのですが、
完成して客観的に見てみると余りかわいく無い感じがしてくる。(いつものこと)
100均にも陶器(?)人形売ってるしなー。
初めての陶人形としていいんじゃないですか~?
とりあえず、勉強になりました。
c0024502_20203854.jpgサービスショット~?
インナーは描き込んでないっすよ。
[PR]
by cokky1 | 2007-09-18 23:53 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

飛びカンナ

陶芸教室の先生にカンナの材料をもらいました。
せっかくもらったので「飛びカンナ」を作ってみました。
c0024502_1546327.jpg

調べると、「平型」と「丸型」がある。
平型はなーんか使ってる時にガッチリひっかかってぶっ飛びそう・・・。
使ったことも、本物を見たこともない。
調べた写真で作成開始。

①グラインダーで先を丸くする。
②ついでに適当に刃らしきものを付ける。
③ペンチ2本ではさんで、コンロで熱しながらいい感じにまげる。
④砥石で研いでみた。錆び止めのCRCをかけといた。

で、できあがり~!

手が切れる程刃は立ってないです。
使い方は先生に聞こう。
多分作っただけで使いそうにないかも・・・。そんなの一杯あるし~。
でも作るの楽しいです。(^o^)/
ukkyさんのトンボにトラックバック。でも、自分はトンボの使い方知らない素人です。
■陶芸(道具):道具だけでも真似してみよう・2  しあわせのトンボ
[PR]
by cokky1 | 2007-09-16 23:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

犬猫戦隊ゴレンにゃ~

素焼きに出した子達です。
焼き締めにしようと思ってましたが、一匹はどっぷり釉薬をかけてやろうかと・・・。
c0024502_23115683.jpg

先日教室に持ち込みしたのですが、お忙しいのに先生と随分話こんでしまいました。
大作を作陶中だったのに申し訳ないっす。
教室に舞い込んだノコギリクワガタのオスもらっちゃいました~。

陶芸にぜーんぜん関係ないですが、久々にいい音楽聴きました。
元々、シンセサイザーでピコピコするのが趣味なんですけど、
ひょんなことから「BATTLE GAREGGA」という昔のAGの曲を聴いたら吸い込まれました。
こんな曲聴きながら陶芸したらどんな作品ができるんだろうか・・・。
ノリノリな作品が完成するのかも。
MDXというフォーマットの音楽データ(FM音源&ADPCM)でしたが、
すごいクオリティ。CD欲しいなー。
全曲いい曲なんですよ。アレンジも、音色もいいし、ドラム、ベースも好み~。
久々にセンスのいい曲聴いた~。
存在するようですが、販売してない・・・。
BATTLE GAREGGA
1996年に発売してたらしく長い間知らなかったのが残念です。
[PR]
by cokky1 | 2007-09-11 23:57 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

追い込み作成~常滑の粘土

常滑の粘土は水を付けるともろくなる気がします。
風船がすぐ裂けますです。
で、2日程ビニール袋の中で乾燥させて、程よく加工しやすくなった状態だと、
普通に扱えました。
でも、手とかを接続した箇所が段々はがれてきます。
難しい土なのか?
切れ目を発見次第、硬い筆に水を付けてはがれた箇所をリカバリしてます。
c0024502_2128841.jpg

100gシリース常滑土Verです。
常滑Verは頭に穴を空けませんでした。ただの置物です。
犬も猫も新たな試みが~。
右の犬は新型。
猫は模様を掘り込んでみました。
焼き締めにする予定なのでそのままかな。
割高だけど還元の窯の方に出そうかな。
100g未満は一律150円なので軽く作ると割高に。(ToT)
テストピースなんて作れません。
100gシリースは出来上がりの重さが微妙・・・。
教室の窯なら全部ひっくるめての重量換算なので安心です。
[PR]
by cokky1 | 2007-09-05 23:50 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

素焼き追い込み2~

犬です。猫ではないです。
犬は猫に比べてかな~り楽なので大量生産可能です。
評判が良ければ大量生産しよっかなー。
とりあえずはテストバージョンです。
c0024502_22252357.jpg昨日アップした100gシリーズの犬バージョン。
粘土は赤土に古陶小というのを先生にブレンドしてもらったものです。
口元には白化粧です。うちのビーグルをイメージしてみたり。
自分の作る犬といえば、み~んなこんな感じです。

c0024502_22314910.jpg頭の穴を隠す為のオプションであるコック帽子。
この子は上の子とはまた違う子です。
右手に穴が空いてます。爪楊枝を一本挿せる機能付きです。(意味ないけど)
現時点では弁柄で彩色済みになっています。
複数いるので耳に織部、鉄赤、火色などを塗ってテストしてみようかと思ってます。
常滑の粘土でも風船を作ってみたんですが、すぐ切れるんですよー。
小細工に向いてない粘土なのかな?
練ってないのがいけない?
今回のテスト本焼でいい感じであれば購入しようかと思ってますが、自分の作風に合わないっぽい?
[PR]
by cokky1 | 2007-09-03 23:33 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

素焼き前の追い込み作成

素焼きが近いので簡単に出来て、かわいい感じっぽいのを作成しました。
以前、常滑の土を3kg購入しましてテスト用の湯呑みなんかも作りましたが、
つまんない湯呑みなので載せないです。
とりあえず簡単にできる100g風船シリーズ。
完成時は耳や手足を付加して120gになってます。
c0024502_21514347.jpgこれは猫とねずみです。猫は頭に穴が空けてあるのでそれを隠すためにねずみの帽子をオプションで作成。1号猫の反省により完成した2号猫です。
なーんか猫に見えない気がしてきてます。


c0024502_2155441.jpgこれが妙にリアルな長耳猫1号・・・。魔女の宅急便のジジは結構耳が長いのを見て、耳が長くてもいけるかも・・・。と根拠のない理由によりやってみたら、ゴテゴテ顔に肉付けしすぎてかわいくなくまりました。(ToT)
それを反省して出来たのが先の縦目の猫2号&ねずみ。
それにしてもキモい?目と鼻が離れているのが原因ですねー。
鼻はもう少し上でしたね。

後日、犬をアップします~。
[PR]
by cokky1 | 2007-09-02 23:48 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧