<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビオトープ

3月頃、新聞の記事で見つけたトンボ池の底の土を採取するイベントに参加したことがある。ビオトープを作ろう!みたいな感じで干上がっているトンボ池から土を採って睡蓮鉢などに水を入れておけば、自然に水棲植物が生えてくるという代物である。元々睡蓮は栽培してるし、信楽で購入した睡蓮鉢があったんで準備してました。ちょっと前にセッティングしたのだが、現在では写真の通りのかっちょいいビオトープの完成です。めだかも入れてあります。微生物も勝手に発生してるはずなので餌はやらなくても生態系完成です。夏になればボウフラ湧いて餌になるから完璧。


c0024502_19484059.jpg
残念なのは生えてくる植物の名前が分からないことかな。調べれば分かるんだろうけどまだ調べてない。つぼみもあるので花も咲きそうな感じ。元気に育ってくれればいいや。
少し時間が空いたので招き犬というありえないものを作ってみた。

c0024502_2052478.jpg
胴体は今までの猫と同じなのでやっぱ変?ビーグルって特徴あるから簡単だと思ったけど胴体が難しい。釉薬をどうするかが課題。ビーグル特有の模様をどう出すか・・・。まぁ、まだ先だからいいけどね。
[PR]
by cokky1 | 2006-05-27 20:40 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

トトロ香炉

かねてからの課題であった、トトロを製作している。教室にもトトロを作ってる人がいるけど、まぁ、人それぞれのトトロ作ればいいじゃん?そっくりじゃないしいいよねー。
まぁ、個人で楽しむのが目的で売るわけではないから。
c0024502_0155324.jpg
1号は余った粘土で小ぶりなのを適当に作成した。穴を開けるタイミングが、粘土が適度に乾燥した時に開けるのがいいらしいが、さっさと完成が見たいのでまだ、柔らかいのに強引に開けるのでヘロヘロな穴になってしまう傾向にある。
先日、教室で2号を作成した。上の写真は3号で自宅での製作。2号とほぼ同じのはずである。
で、4号の登場である。これは茶香炉なのだ。口にお茶っ葉を入れてお腹の中にろうそくを入れてあぶると香ばしいほうじ茶の香りが漂うのである。
口の中にお茶っ葉の受け皿をセッティングする際に各種問題が出たが、適度(適当?)ないい加減さでなんとか乗り越えた。サイズも図らず目分量で皿を作って内部に接着するという強引な手段に出たため、入ったけど予想以上に面積が小さかった。(ToT)
c0024502_020657.jpg
3号も4号も右手はお皿を置いて普通のお香も使用できる仕様になっている。
1号、2号は右の手のひらに穴をあけて棒タイプのお香を刺せる仕様になっている。
なーんか、手に穴あけるのもったいなくなって、今の仕様になった次第である。
中を空洞にして作るの慣れてきたとはいえ、下の方が薄くなる傾向はなんともしがたい感じです。
小さい作品ってすぐ乾燥しちゃって困るときある・・・。トトロ3号が持ってる小さい皿は一瞬で乾燥した・・・。削るの少し遅かったらカリカリ状態で削りをするハメになるとこだった。
[PR]
by cokky1 | 2006-05-25 00:35 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

写真?

デジカメ持っていると結構写真を撮ってしまう。少し前はAPSのカートリッジ式のカメラをインデックスができるとか、デジタルだーとか言って使ってたんですが、もう、その存在すら忘れてしまって、なんとも短い寿命でした。フィイルム交換が楽ちんで、失敗が無いので重宝してたんだけど何処へ?
自分の中でのベストショットはUSJで撮ったウォーターワールドというアトラクションの飛行機が飛んでくるところです。絶妙なタイミングでショーを見るもの忘れてシャッター押すのに専念しているという、なーんか違うんじゃないの?的な作品です。
c0024502_2361039.jpg

本来は、動きのある写真が撮りたいけど、ショボイデジカメなのでこういう感じの静止画像しか撮れないです。
下の猫ちんはうちトロっす。「ぷるっ」と鳴く変わった猫。
陶芸で猫ばかり作っているけど、写真のようにかわいくはできない。今度は犬も作らなければいけないし・・・。
c0024502_23183698.jpg

2次元の画像から3次元のものを作るのは難しかったりする。本物を見ながら作ると案外上手く作れたりするのは以前、紙粘土で猫を作ってみて実証済み。でも、猫ってじっとしてないからな。
[PR]
by cokky1 | 2006-05-18 23:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

陶芸にはまりっぱなし・・・。

陶芸にはまってまっす。「クリエイティブ」なことが好きなのでしょうがないです。
釉薬も6種類通販で買ってしまいました。
自分の通っている教室では本焼きの温度が1250℃らしく、買った釉薬に適正温度が1230℃のが混在しており、下手するとダラダラになるらしい。
まぁ、使いかた次第だろうとは思ってます。
釉薬は粉末で購入したので自分で作らないといけないです。
で、結局半日かけて5種類までは作ってみた。
釉薬によっては中々水と混ざりにくいものがあるもの勉強になったが、結局溶けるわけではないので現在、沈殿して上澄みは透き通ってたりする。
なじむまで一ヶ月程寝かしておいた方がいいとのことなのでそっとしておきます。
c0024502_0375964.jpg

釉薬の試しのためのテストピースをこしらえてみた。
タタラでタイルみたいなのを作ろうと思ったが、味気ないので魚の箸置きを作ってみた。
というのも100均でタタラ板に代わるものを購入して自分で作ったタタラ板での作成なのだ。
何でも自分で作るのは楽しいし、色々スキルアップして気持ちいい。
ついでにでっけー魚も作ってみたが、置物としてはいいんじゃねーの?
香炉にもできそうだしね。
目標はリアルっぽいなアロワナやポリプテルスを作ることなのでテストということで・・・。
c0024502_037272.jpg

湯のみとかも作ってみたものの、底面積が狭くなる傾向にあるのとかなり歪むのである。
性格が歪んでいるんぢゃねーのか?との憶測があるものの、それはそれとして削りの時に気づくのは如何なものかと思う。
今後は、底面積を広くとって、口は余り広げないっ!
多少の厚みをもたせておくことっ!
薄く作った湯のみはお茶を入れると熱くて持てないことに気づいたのだ。(ToT)
湯のみの基本は円柱でしょうな。基本をしっかりしましょう。
後、ロクロから切り離す時に歪むんですけど・・・。(ToT)
まぁ、多々課題を抱えつつも楽しんでます。招き猫に首輪なんかしてみました。
c0024502_042388.jpg

[PR]
by cokky1 | 2006-05-15 00:48 | 陶芸 | Trackback | Comments(1)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧