カテゴリ:釣り( 14 )

琵琶湖 西野放水路釣りに行ってみた

釣り好きだけど、面倒くさがりで中々行かない釣り。
去年作った餌も余ってるし思いつきで行ってみました琵琶湖。

バスを釣るつもりは一切なく、アユとできればニゴイなど狙いの釣行です。
いつもの長く暗いトンネル。
c0024502_17254780.jpg

琵琶湖です。岸は藻で少々汚いっす。
c0024502_17255621.jpg

理由はともかく、いつもより減水している感じですね。
いつもは無い中州ができてしまってます。
c0024502_1726442.jpg

早速、いそいそと釣り開始。
ラセンに去年作ったオリジナルブレンド練り餌を適当に付ける。
今回気づいたけど、餌を水でヘロヘロにして溶けかけ状態の方が餌が散らばって良さげです。
硬いまま付けると、投げたと時にごっそり落ちます。
今回はいい感じでポツポツ釣れる。
c0024502_17261449.jpg

正直、こうやって釣れた時の写真は撮りたくないのです。
アユが落ちるんですよ・・・。
結構元気でピンピンはねるので、ビクに入れる前に針がよく外れてリリースすることになる。
写真撮らずにさっさとビクに入れたい気持ちで一杯です。
減水しているので、いつもと違うところも探索しつつふだん見えない底を観察してました。
ボトムをすごい勢いで群れて魚が泳いでます。アユかどうかは分かりませんけど
琵琶湖のアユって群れるんか・・・?
縄張りなんて無いだろうからねぇ。
底は砂地なんで、苔食ってる訳でもなし。
ちなみに、そこで群れてるやつは釣れませんでした。(見える魚は釣れないの法則)

基本ミャク釣りで、よそ見しながら釣りができるので、他の釣り人さんを観ながら釣りをしてたんですけど、餌を付けてないんだよなぁ。
自分も餌がなくなり、試しに餌無しで流してたら釣れた・・・。
おいっおい!餌いらないのかよ。
スレでも釣れてくるし、オトリのアユルアー付けとけば寄ってくんじゃね?

餌も無くなって、ルアー釣りに変更。
着いたときに帰る方がいたので釣れたか聞いたら何も釣れなかったと。
ここは10cm位のコバッチーしかいないです。
さて、バスを釣る気がさらさら無いのでバシャバシャニゴイ、ハスがやってるとこに投げる。
釣れる。ハス。
c0024502_17263065.jpg

タックルをベイトに変えて、1年づっと付きっぱなしだったスピナベ投げる。
(不精にもほどがあるが、釣行前にリールにはグリスをつけてメンテしてますよ。)
投げて楽しんでいる(投げてるだけで楽しい)と、根がかりに近いあたりがある。ニゴイですね。
ドラグは出るし、ロッドは曲がるし強引なファイト中に写真を撮る余裕。
c0024502_17263956.jpg

これくらい曲がります。
で、釣れたのはニゴイ。
c0024502_17264878.jpg

ニゴイも釣ったし納竿。
ビクの中のアユです。
c0024502_17265744.jpg

多分、自分はめすらしいスタイルの釣り人です。
何でも釣れれば楽しいのでいいのです。

帰りにぶどう(ベリーA)を買って帰る。

アユはから揚げにすることに。
とりあえず洗う。
c0024502_1727750.jpg

から揚げにして食べました。
c0024502_17271666.jpg

ほろ苦くで美味しいです。
今回は程よい数で調度よかったですな。
100匹とか釣る人いるけど、全部食えるのかなぁ。
さすがに飽きるでしょぉ。

今度は餌無しで行ってみます?

そういえば、近所の大洞堂という本屋が閉店してました。
本当に近くの本屋が無くなっていくよ。イオンとかの本屋に行くしかないやん。
アマゾンとかでは余程なレア本しか買わないようにして、普段は本屋で買うようにしてたのになぁ。
がっかりだよ。
だろまや、自由書房、あおい書店、ヴィレッジバンガード(本屋か?)、宮脇書店・・・。
確かに昔ほど本を買ってないかも。月刊誌とかもう買ってないしなぁ。
ジャンプは買ってるけども・・・。
[PR]
by COKKY1 | 2016-08-21 23:59 | 釣り | Trackback | Comments(0)

2015琵琶湖西野放水路 また50UPニゴイ出まくりだが今荘ぶどう園あかん

2014年はレポート書いてないけど、琵琶湖の西野放水路には来てましてコバッチーを釣ってます。
証拠はこれ(信じるしかない)。
c0024502_18541289.jpg

ぶどうを買うついでに琵琶湖へ行ってみたわけです。
朝5時に出発して6時30分頃到着。暑いっす・・。
いつものトンネルくぐって放水路へ。
c0024502_18542175.jpg

ウィードはいつものとおりにあるけど、こっちの辺りは釣れる気がまったくしません。
ワンドになってて水が動かないので、水温高いしオレが魚ならもっと冷たくて酸素が豊富なこところに行く。
c0024502_18543090.jpg

トンネルはいつもとおりに鮎釣りの人。
c0024502_18544068.jpg

レポートを書く気になったのも、ニゴイが釣れまくったからなんです。
ちなみに最初っからここへはニゴイかハスを釣りにきてます。(バス釣れないというか下手なので無理)
スプーンを投げてましたら、いきなりハスが釣れたんですけど、遊んでたら外れましたので写真は無いです。
あーこりゃいけるかな~という感触。いつもここは魚影は濃いんですよね。
で、すぐに重いあたりがきまして1匹目ゲット。
今回のルアーはプラグでタイガーカラーのシャッドです。
c0024502_18544970.jpg

上からパチリ。
c0024502_18545825.jpg

この時点で7時前(6:58)なんですけど、もう帰ってもいい気分になってきてます。(気分は終了~♪)
到着して30分程度、釣り場に着てから十数分です。
こんなことで運を使っていいのか?運なのか?腕なのか?
タイミングとルアー選択が良かったんでしょう。
2匹目(7:14)
c0024502_1855946.jpg

3匹目(7:44)ここからは腰下辺りまで水没しながら釣ってるので、釣りながらの撮影です。
浅瀬の岸まで持ってく気力は無いです。
c0024502_18551864.jpg

もう満足過ぎてるのとミミズも持ってきてたので延べ竿竿での浮き釣りをしてみました。
ウェーダーで水の中からの延べ竿釣りはさぞ釣れると思いきや、魚はいるけどまったくあたり無し。
フィッシュイーターと鮎がメインなのでミミズには見向きもしやがらないので、仕掛けのミスですね。
今度は鮎仕掛けにします。
c0024502_18552714.jpg

浮き釣りは釣れないのでルアーに戻る。
ニゴイの4匹目(8:55)。
c0024502_18553616.jpg

5匹目(9:08)はスレがかり。というのも足元で釣れたんですよ。
ひったくるように持ってかれましてびっくりしました。
c0024502_18554515.jpg

6匹目(9:15)もう、満足過ぎてありがとう、という感謝の気持ちしかないです。
c0024502_18555893.jpg

今回もルアーチェンジは一回しかしなかったですね。(面倒くさいので。だからバス釣りにも向かない)
今回気づいたのはトレブルフック(三又のいかりのような釣り針)はやめたほうがいいかということです。
シングルフックで十分です。ニゴイは口が以外に大きいのでフックを丸呑みする場合があり、
外すのに危険ですし、魚へのダメージも含めてフックは交換しようと思いました。
プライヤー(ペンチ)は必須で、ニゴイの場合、手では絶対にフックを外せませんよ。
肉質がバスとは違って肉厚で弾力があるので深く刺さってると無理です。

帰りに(10時)今荘ぶどう園にくるも、売切ればかり。
10時だよ?
c0024502_18561674.jpg

何やってんの?今荘ぶどう園さん?
バックヤードで出荷用の箱詰めたくさんやってるのに、店頭に出す商品は無いの?
わざわざこんな辺境の地まで買いに来てるのよ?
8時オープンですが、休日は2時間程度ですぐ売れきれるので注意です。
お盆まではアーリスチューベンがお勧めですが、店の人の対応が悪いのでおおらかな人ならお勧めです。

以前も行列で閉口したけど、もうあかんです。平日にどうぞ。
釣りで運を使いすぎた。
[PR]
by COKKY1 | 2015-08-02 23:59 | 釣り | Trackback | Comments(0)

琵琶湖 in 長浜釣行 アートインナガハマ その1

釣りがしたいとふと思ってしまった・・・。
タイミングがいいことに長浜でクラフトイベントが開催されている。アートインナガハマ。
長浜での釣りはずいぶん行ってないし、検索しても最近の情報は無い。
ついでで一石二鳥だし、行ってみませうと早朝から釣行することに。
レポートその1は長浜釣行、長浜城周辺散策レポで、
その2でアートインナガハマレポをしますね。

7時頃に長浜着。
あまり釣り人がいないのは琵琶湖の日常。
川んとこ。川の名前知らないです。
とりあえず水は動いてないけど、ウィードは一杯で良さげ。
際にモロコとかいるし、ベイトは見えます。更に5cm位のバッチーが複数浮いてます。
この時点でのべ竿とミミズ持ってこれば良かったと後悔する。
のべ竿の餌釣りの方は、バッチーを外来魚回収ボックスにせっせと運んでました。
c0024502_1939465.jpg

琵琶湖の方。
ルアーの人が小さいの釣ったの見たのでバスはいるよ。
でも、琵琶湖は外来魚リリース禁止だからねぇ。
c0024502_19393095.jpg

ギルすら釣れない。

にゃこちゃんいた。
かわいい。ルアーが動くのをじっと見てたけど、まさか飛び込まんだろうかと心配だった。
c0024502_19394265.jpg

天気も薄曇りで時々雨降るし、テンション低め。
湾内の突堤。
c0024502_19395350.jpg

昔ここで釣ったことあんだよなー。
昔は入れた気がしたけど、柵があって入れません。
水が全く動いてない。テトラに茶色い藻が一杯です。
c0024502_1940571.jpg

外来魚回収ボックス。そこらじゅうにある。
何も入ってなかったけどね。
c0024502_19401841.jpg

外側の突堤。昔は夜釣りをしたもんだ。ラーメンの屋台とかいたなぁ。
ちなみに長浜にあった釣具屋は跡形もなく存在しません。
c0024502_19403774.jpg

ヨットハーバー。海かと勘違いする風景です。
c0024502_19404976.jpg

既に釣る気がほぼゼロに近い状態でクラフトイベントのほうが気になり始めている。
ここで20cmそこそこの釣ってましたよ。
ワームでワッキーリグと呼ぶらしいが、そんな仕掛けで釣ってましたよ。
自分はリールを巻いてないと気が済まない質なので、ワームのセコセコ釣りは苦手。
と、いうことはここでは釣れる気が全くしない。
もう、釣りに飽きた。
駐車場を豊公園方面に移動して、散策してみる。

噴水があります。時々ドバァーって噴射されます。
c0024502_19411957.jpg

長浜城が見えます。
c0024502_19413322.jpg

長浜城正面だと思います。
城、歴史には余り興味ないため、初めて長浜城をこんな近くで見ました。
c0024502_19414570.jpg

石垣が余り好きじゃない感じの積み方。
どこがと言われてもどうとも言えないが何か違う。
c0024502_19415713.jpg

天守閣跡。らしい。
復元してある長浜城は何なんだよ!更に、誰だよ、天守閣壊したのはっ!と思いました。
城は文化遺産として残しておけばよいのに。
調べたら廃城になって、資材を彦根城に再利用されたらしい。
彦根城やるなぁ。
c0024502_19421254.jpg

昔は琵琶湖はもっと広かったみたいですなぁ。お掘りがどーんと現在の長浜の町まできてる。
c0024502_19422496.jpg


太閤井跡の碑。よく分かりません。
井戸の跡なんですかね、というか琵琶湖の中ですやんか・・・。
c0024502_19424060.jpg

散策にも飽きてきて、アートインナガハマの会場方面に移動を開始。
時間にして8時30分頃。開催10時からなのに、フライングもいいとこです。
歩いてボチボチ向かいます。
ここをくぐって長浜駅の東側へ移動、そして長浜の黒壁スクエア方面へと続く・・・。
c0024502_19425745.jpg

全然釣りレポートになってないです。
でも、長浜はプレッシャーは無いけど、釣り辛くなってるということです。
ルアーマンはワームでネチネチできる人やボート持ってる人は楽しめるでしょう。
餌釣りはそこそこ釣れます。是非餌釣りを。
その2へ続く。
[PR]
by COKKY1 | 2013-10-05 22:35 | 釣り | Trackback | Comments(0)

琵琶湖遠征 西野放水路 50UP出た!

年一回の琵琶湖釣行。
今回は西野放水路に直行しました。

まずは、この長いトンネルを通りますが、中が真っ暗ですので出口は見えているのですが足元が何も見えないというなんだか不思議空間となります。
ウェーダー履いてテクテク。
c0024502_1013331.jpg

到着直後の琵琶湖ですが、少し霧ってます。
この辺りは水温高いです。ウェーディングしてるとヌルいのがよく分かります。
それにしても生命反応薄いんだけど。ウェーディング出来る範囲の砂地の底には魚は見えないです。
ワンドからセンコーで攻めて?みました。
c0024502_10134719.jpg

北側の流れだしんとこ。ここは水が冷たくて気持ちいいです。
投網してる人がいましたが、アユがお目当て。
c0024502_10135858.jpg

遠投するとこんな良質なウィードが付いてきます。
小鮎もいるし、ハスもいるしバスがいてもおなしくない環境ですけど、いる気が全くしないのは何故?
c0024502_10141055.jpg

放水路は小鮎釣りの方が一杯。投網の人もいます。
c0024502_10142663.jpg

小鮎は爆釣状態でしたねぇ。サビキっぽいので小鮎が鈴なりに釣れてました。
別にこーゆー釣りでもいいんだけどね、今度ウェーディングしながら小鮎釣ってみるかな。
外道のハスがペイしてありました。ペイしなくてもいいのに。
オイカワにも見えなくもないけどハスだと思います。
c0024502_10143310.jpg

ジャバジャバとポッパーやらラバジを投げながら移動中。
バスはいなさそうだけど、バジャバシャ魚がやっております。
c0024502_10144359.jpg

おっ!ヤゴの抜け殻だ!でかいですね。
c0024502_1014539.jpg

気まぐれでベイトリールでスピナベを投げてました。
ウィードが多いのでスピナベは余り根がかりしないのでいいです。
(既に釣る!という目的が失われ、付いてくるウィードを取るのが面倒になっている)
スピナベで釣った事がある魚は琵琶湖でナマズしかありませんので、余り信用してないプラグ。

放水路に向かって適当に投げてたら、くそ重たくなる。
根がかるもんは無いだろうにと、合わせてみるとグーっと重く動く。
これは釣れてるよ?
めずらしく、ベイトリールのラインを新しい12ポンドラインに巻き替えてました。
(確か去年バックラッシュしてラインヘロヘロになってた気がしたので替えた)
簡単に切れる分けが無いので、余裕でロッドをぐんぐん曲げられつつ、ドラグも出っぱなしでした。
ベイトリールでドラグライン出たの初めてじゃないかなぁ。
めちゃくちゃ楽しい!忘れてた。
楽しい!このために生きてるなっ!と思ったですよ。
釣りをやってて本っ当に良かった。

釣れたのこれ。ごめんねバスでは無いのよ、ニゴイなのよ。
c0024502_1015735.jpg

スレでは無いです。がっちり口に掛かってました。
ペンチでないとフックを外せないような完璧な掛かりでした。
c0024502_10151576.jpg

ざっと大きさは50cmはあります。足との大きさ比較です。
c0024502_10152977.jpg

ありがとう!ニゴイさん。やさしくリリースしてあげました。
ここはニゴイがたくさんいます。
昔、揖斐川でスプーン投げててニゴイ釣れたことあったな。
ニゴイでも在来種だし釣れるとうれしいな。
バスは外来種で駆逐されているのでニゴイ釣りに切り替えようかな。

大満足でした。

満足ついでに野田沼も偵察。
c0024502_10153788.jpg

ロケーションはいいのですが、魚影なし。
ギル祭りポイントでもギルがいない。
外来種は駆逐されて、昔の環境にもどりつつあるようです。
小さい日本淡水魚はたくさんいました。いいことです。

イチモンジタナゴ復活とかいう記事のあったし、野田沼で外来種捕獲作戦が実施されているみたいです。
参加したい気もするなぁ。8/4にも作戦があるようです。
一回目の7/20に実施されたみたいですのでギルとかはいないわけですね。

餌釣りでも何でも好きやし、日本の在来種釣りをするように変えようなかと思った1日でした。
[PR]
by COKKY1 | 2013-07-28 00:00 | 釣り | Trackback | Comments(0)

GWは釣りもする 敦賀の気比の松原

快晴の日に敦賀釣行してきました。
9時に出発という超ヌルい釣行にも関わらず、渋滞も無くすんなり敦賀まで到着しました。
GWに海の砂浜に来る人は海にも入れないし釣り人以外にほぼいないからかな。
多少、観光で立ち寄る程度の人がいたようですけどね。
GWはみんなどこ行ってんだろうか。

日本海はいいよなぁ。すごく気持ちいいです。ずーっとボーっとしていたい。
c0024502_23161019.jpg

岩虫とアオイソメで満潮の15時前後までの釣行開始!
お昼前に到着しているので海岸で釣りしながらお昼のおにぎりを食べる。
c0024502_2316192.jpg

ベラが釣れたよ。
c0024502_23162867.jpg

去年のベストポイントはこんな感じです。ボートで沖の堤防に渡って釣ってる人もいました。
c0024502_23172461.jpg

周りは余り釣れてないし、釣りのベテランそうな人もさっさと撤収してたりしてました。
あたりがほぼ無いし、エサが食べられていない。
15時を過ぎた位で少しづつリールを巻いてたら「ググッ」と明確なあたりが。
こりゃ、でかいよ?と確信して巻いてみると本命のキスでした。15cm位かな。
やっほ~い!キスにはアオイソメやな。
c0024502_23164114.jpg

こりゃまた来ると思って続けるも後は続かずでした。

帰りにさかな街に寄って夕食などを。
干物など冷凍だし、地元産はそんなに無い感じですよ。
へしこというサバの糠漬けもノルウェイ産の鯖。「なんでやねん!」と突っ込むと脂が乗ってるかららしい。
福井産はほぼ無しで千葉産が少し。
郷土料理なんだから地産地消じゃないのかよ、と言ってみたものの時代の流れなので無駄でしょう。

海鮮丼の店がたくさんできてました。
c0024502_23173372.jpg

c0024502_23174189.jpg

ここでは食べなかったけど。ソースカツ、サーモン、マグロの海鮮?丼を食べました。
ちなみに福井はソースカツが名物で、想像通りのお味です。
(カツは味噌だと思ってる)

自然の中での釣りは最高に気持ちいいので、また行きたいです。
ちなみに釣ったキスは、その晩にさばいてたら猫のトロが匂いを嗅ぎつけてニャーニャーうるさく欲しがったので刺身にして全部あげちゃいました。
超贅沢なグルメ猫です。

話変わって、小説のビブリア古書堂の事件手帖を読んでますが、ドラマと同じで良い感じです。
役者さんのすごさを実感しました。(まだ2巻を読んでる途中だけど)
後、珈琲店タレーランの事件簿2が出てたので買ってしまいました。
読めるのは7月位になるのかなあ?
[PR]
by COKKY1 | 2013-04-29 23:50 | 釣り | Trackback | Comments(0)

DAIWA スピニングロッド スウィープファイアーSWEEPFIRE 762LFS

バス釣りでトラウト用のスピングロッド(DAIWA PHANTOM-S 662LRS-V)の穂先が折れたので修理(先端のガイドを付けただけ)して使ってました。

近所の上州屋(釣具屋)でセールをやっており、散歩ついでにちょくちょく覗いてました。
そこに「DAIWA スウィープファイアーSWEEPFIRE 762LFS」というロッドが安く売っておりまして、年に1回しか行かないし安いのでいいよなぁとロックオンをしてました。
性格上、色々調べてからしか買わない主義なのでネットでリサーチするも、DAIWAのHPにすら型番がないのです。
どんなロッドやねん?と。

グレードが分かんない。
価格から考えるに「CROSSBEAT(クロスビート)」っぽいと予想。
やすやという釣具屋へ行ってスウィープファイアーを探しかつ、お店の人に聞いても分からないとの事。
ますます謎。
クロスビートの値段をお店に確認すると6900円位と。(現物は無かったけど)
その上位モデルの「プライムゲート」というものあるのですが、違いを聞いてみると材質(カーボン)の品質やガイドの質が違い、釣りをした時のロッド感度や飛距離など伸びが違うとか。
感度なんて釣れないと関係ないわけで、年数回しか使わなくて、「ロッドを買ったっ!」という満足感は価格に比例せず、同じなので下位グレードでも問題無しと判断しました。

ここまでで、スウィープファイアーを買う意思がほぼ固まる。

で、上州屋へ行って確認(最初からここで聞けよ)すると、どうやら上州屋専用のモデルらしい。
お店の人がDAIWAのパンフを持ってきたけど、載ってなくてクロスビートのページで内容を確認してました。
パッケージ(プラケース)など無いので5900円とお値打ちですが、更にセールで10%引きでなんと5310円!

柔らかく、しなるロッドが欲しかったので満足。
c0024502_22394627.jpg

テーパー(しなり具合)がファーストテーパー(先調子)でなくてレギュラーテーパー(胴調子)が良かったがまぁいいや。
早速、バイオマスター(リール)をセット!リールはSHIMANO。
c0024502_22395523.jpg


DAIWAは型番で大体仕様が全部わかるようになってます。
「762LFS」だと以下のように分解。
76長さ:7フィート6インチ
2継数:2ピース(2本に別れる)
L竿の硬さ:ライト(柔らかい方)(UL:ウルトラライトとかもっとへにゃへにゃもある)
Fテーパー:ファーストテーパ(先っちょから曲がる)
Sロッドタイプ:スピニング(どの型のリール用かと。スピニングとベイトがある。ベイトも大好き)
c0024502_22401135.jpg

会社名が「グローブライド株式会社」?どこの会社やねん。ダイワでないの?
色々調べると社名が変わったらしいが、DAIWAは釣具販売ブランドとして残ってるみたいです。

釣りに行きたくなった。というか行かねばならぬ。

陶芸もやってますよ?
捕らぬ狸の皮算用でチイサンショウウオを新粘土で作成。
c0024502_22402537.jpg

[PR]
by COKKY1 | 2012-10-17 22:59 | 釣り | Trackback | Comments(1)

琵琶湖遠征(片山~西野放水路、野田沼)とアーリースチューベン

毎年恒例のお盆の琵琶湖バス釣行とぶどう遠征。
今回はバスは釣れないなら他の所へ行こう!と野田沼の近所へ。
片山からウェーディングして釣り歩きながら西野放水路までというコース。
片山入水直後。
c0024502_045680.jpg

水がかなり生ぬるい。
27度以上あったはず。(水槽の水を触り慣れてるので大体分かる)
まぁ、バスはいないわなぁ。
ベイトもいるけどヨシノボリらしきのが石にへばりついてるだけ。
ウィードはたっぷりあるけど他の環境がよくない。
c0024502_05834.jpg

岸は石がゴロゴロ。月出みたい。
c0024502_0518100.jpg

沖の方に漁師の罠かな?
c0024502_052832.jpg

歩いてたら芳香剤の香りがしてくる。
誰だ?こんなとこに芳香剤捨てたのわ?と思ったらこれから香りが。
c0024502_053828.jpg

何だったっけ?キンモクセイ?じゃないよなぁ。
岸を歩いてる人はこの岩があるのでこれ以上進めません。
ウェーディングなので水の中をジャバジャバ進みます。
c0024502_055481.jpg

さあ、西野放水路へ到着。
c0024502_0645.jpg

水面をバシャバシャ魚が大量にはねてます
釣りをしてる人は小鮎が目的っぽい。
姉川とよく似てる。
c0024502_061591.jpg

放水路の流れ込みで急に水温が下がる。ベストコンディション!
でも、釣れないんですけど。すごくいいポイントなんだけどね。
いのししらしき足跡のあったりする。
c0024502_063054.jpg

投網やってる人がいたので成果を見せてもらう。
ハス。琵琶湖固有種。これが小鮎を追ってる。やっぱ、姉川や。
c0024502_064456.jpg

小鮎。甘露煮にするらしい。美味しいもんね。
c0024502_065345.jpg

ハスをルアーで釣ってる人がいましたが、自分はノーフィッシュ。
でも、スレがかりだった。
群れでたくさんハスがいるからルアーを引き釣り回せば引っかかるだろうね。
小さいアユカラーのミノーならいけたかな。
面倒くさがりなので、ラバージグとポッパーとでかいアユミノーしか使って無い。
帰りは陸上から。もう疲れた…。
長いトンネル
c0024502_071142.jpg

放水路の川側。
c0024502_072489.jpg

帰り道…。遠いよ。ウェーダー履いてこんなとこ歩くのかよぉ。
c0024502_075278.jpg

この辺りのイネは早い。穂が出てます。
c0024502_08237.jpg

まだ、少し元気があったのと、せっかく釣りにきてボーズも嫌なので、いつもの野田沼でギル釣り大会を。
c0024502_082375.jpg

ゲーリー3インチ。尻尾切られたらイモグラブとして釣りを続けれます。
入れぱっくんの爆釣です。7、8匹釣って満足しました。
c0024502_0836100.jpg

帰りに今荘ぶどう園に寄る。
去年は時期が早過ぎてベリーAしかなくてがっかりだったが、今回はアーリースチューベンしかない。
それにすごい数の人でした。並ぶのぉ?
2200円のは手間がかかるのでダメ。1800円以下のでかつ、箱詰め1時間待ちだと。
はぁ~。年一回なので待ちましたよ、待つの大嫌いなのに。
本当に1時間弱待たされたぁ。(ToT)
箱付で無い半端もんは直ぐ買えます。500円これ。
c0024502_093117.jpg

すげー美味い!ちょっと楕円形が特徴。
もう最高!二房食べちゃった。
アーリースチューベン万歳です。
すべてを許せる、もう満足です。
機会があれば是非アーリースチューベンを!
(巨峰とか嫌い。皮が身にひっついて取れないから)
[PR]
by COKKY1 | 2012-08-11 23:59 | 釣り | Trackback | Comments(0)

敦賀 気比の松原釣行 イワシのタイムバーゲン

自分は昔から重度の遠足病。
遠足等の楽しいイベントがあると、ワクワク、ドキドキして当日まで気持よく眠れない。(ガキか?)
なので、先の予定を入れるのが苦手です。(陶芸もいつも当日直前に連絡するし)
今回もギリギリまで行くことを決めずに天気と潮だけ何食わぬ顔で調べてました。
当日、行こう!って感じで敦賀に釣行&クラフトマーケットにお出かけ。
まずは第一弾!敦賀気比の松原釣行のレポート。第2弾はクラフトマーケットで。

7時頃気比の松原に到着。(4時起きして5時には家を出てる)
朝っぽい景色と釣り人を見るとテンションが上がって早足になります。
c0024502_20303983.jpg

目指すポイントは突堤の先っちょ。
c0024502_20305275.jpg

綺麗な日本海の砂浜を眺めてみる。綺麗で気持ちいい。
c0024502_2031224.jpg

ポイントに到着しました。まぁ、ここは初めてなんやけど、どんな感じかな。
c0024502_20311277.jpg

さぁ、今回は投げ釣りだけで、アオイソメ500円分で勝負です。(大体いつも余る)
c0024502_20312569.jpg

一発目来た!イイダコかよ!
これでボーズは無くなり気が楽になる。ふぅ~。
しかし、当たりはさっぱり分からん。巻くと何か付いてる重さを感じるだけです。
c0024502_2031353.jpg

砂浜で釣りしてたおちゃんの話を聞くと釣れたキスにアオリイカが付いてたそうな。
そんなこともあるんかいな。
次は超外道のヒトデ。これは釣果に入りません。
c0024502_20315188.jpg

投げ釣りではお馴染みメゴチ。小さいけど当たりははっきりあります。リリースしました。
c0024502_20322011.jpg

投げてすぐに当たりが!で釣れたのが20cm位のベラ。
いい引きでしたが余りうれしくない。美味しくないからなぁ。
c0024502_20323274.jpg

沖の方で水上スキーやってる…。ブルジョアめ!
引っ張る船の騒音との引き波がうっとーしぃ。
こちとら500円のアオイソメで楽しんでんのに。
c0024502_20324230.jpg

本命のキス来たっ!やっほーい。でも当たり弱いなぁ。
c0024502_20325556.jpg

もう、ベラいらないよぉ。
c0024502_20332719.jpg

これまたうれしいゲストのイイダコ。
こやつは、すぐに頭を裏返して内蔵を出して締めました。
おちゃんが教えてくれた。
c0024502_2034060.jpg

さて、ここで超レアなイベントに出会いました。
イワシのタイムサービスがっ!こんなことあるんかいな。
何かに追われてか、岸にどんどんイワシが上がってくる。
マジ?もう、つかみ取り大会です。
うっほ~い。ヽ(・∀・)ノ♪
c0024502_20341138.jpg

こんな感じで藻にもからまってるし、すごい現象に出会いました。
こんなことで運を使ってしまっていいのか俺?
呑気に写真撮ってる場合でもないけど。
(いいブログネタやと思って必死だった)
c0024502_20342282.jpg

タイムバーゲンの成果です。
イワシが一杯です。動いてるイワシを手づかみするの結構難しいですよ?
やったことある人は余りいないと思いますが、握り潰す勢いでつかまないとツルツル逃げます。
まぁ、締めながら採ってた感じです。
楽しい、いい経験をさせて頂きました。自然万歳っ!
c0024502_20343842.jpg

で、藻にからまったイワシはトンビが上手に捕獲してました。
イワシを空に投げると上手にキャッチしてましたよ。
トンビすげー。
駐車場に「トンビが弁当取るから注意してね」と書いてあったがこのことか。
c0024502_20344860.jpg

谷村有美じゃないけど最後のKISS(古いかなぁ。でもこの曲好きなんだけど)
c0024502_2035429.jpg

白灯台側の景色
c0024502_20351815.jpg

山の方はこんな感じです。
天気が良くて風が心地良く吹いててめちゃくちゃ気持ち良かったですわ。
来て良かったぁ。
まったり寝てしまいたかった。
c0024502_20352821.jpg

で、5時間ぶっとーしで釣りをやってしまったので納竿。
(結構元気。この後クラフトマーケットで歩きまくりだし)
名残惜しい気比の松原の砂浜。
また、来よう。
c0024502_20353940.jpg

釣った魚を数時間後に食えるというのは釣り人の特権。
さっさと下ごしらえします。
c0024502_20355427.jpg

イイダコ、イワシは早速唐揚げ。
めっちゃ美味いしいし。
採りたてやし、まずいわけが無い。
昔、釣りたての豆アジの唐揚げが最高に美味かったが、イワシも美味い。
内蔵取らずにそのまま揚げて丸かじり。
うちの猫のトロもうにゃうにゃ言いいながら4匹程食べてました。
c0024502_2036784.jpg

最後のKISSも唐揚げで食べました。
イワシ程癖が無いのであっさり上品なお味。
松葉おろしでフライの方が良かったかな。
c0024502_20361781.jpg


たくさん釣れて(手づかみもあるけど)すごく気持ちのいい日本海釣行でした。
毎回こんなならいつでも行きたいよなぁ。
(それにしても、長いレポートやな。)
次回は敦賀クラフトマーケットレポートで。
余り寝てないのに元気有り余ってるんだけど?
[PR]
by COKKY1 | 2012-05-19 22:59 | 釣り | Trackback | Comments(0)

琵琶湖遠征(野田沼)とぶどうと姉川

毎年の恒例行事に行ってきました。
チェストハイ・ウェーダーを新調したので今回はウェーディングできます。
野田の様子。この景色はウェーディングした人しか見れない景色。
c0024502_21393475.jpg

逆光気味ですが朝日と葦。
c0024502_21394534.jpg

こんな良さ気なポイントでもまったく反応なし。

c0024502_21395782.jpg結局、恒例のギル釣り
ゲリヤマ3インチグラブというせこい釣りしてるのでギルが釣れます。
テールが切られればそのままイモグラブとして使う。
それでも釣れるギル。
ギルは触るとヒレが非常に痛いので触らないっす。

今回は釣り人がいたり、BBQしてる人がいたりと、2箇所しかポイントを廻りませんでした。
毎度のことながら釣れる気がせんです。
それに今回は飼う魚を捕ろうと思って網とビクも持ってたのに、オタマジャクシとタニシしか採れない。
下手なのもありますが、魚の絶対数が少ないと思います。
外来魚のせいもありますが、悲しい事実です。
なので水草のオオカナダモとヒシを採取しました。ウェーディングしないと採れないです。
水槽に入れてみました。これはヒシ。種が菱形になります。
c0024502_21402350.jpg

帰りにぶとう園に寄るもアーリースチューベン無いって?
ベリーAしか無いじゃん!2、3日後には用意する?
店の人に聞いてもはっきり理由を言わずはぐらかしてるんですけど。
出し惜しみしてる!絶対チューベンの方が美味しいからだ!
買ってく人は一杯いてずいぶん待たされるんですけど、誰もチューベンのこと聞かない。
ベリーAは食べにくいから余り好きではないんだよ~。
もう、がっかり。
帰りの道の駅も駐車場が一杯でスルーさせざる得なかったし。
道の駅入れなかったので姉川上流を偵察しました。(思いつきで行動します)
c0024502_21404535.jpg

c0024502_2141144.jpg魚はいるんかな?
地元の人の話だと鮎は放流しているみたいです。
でも、こんな上流にはどうでしょうね。
鮎は食べるのは大好きですけど、友釣りには興味が無いです。
スレでの引っ掛け釣りだもんなぁ。

透明度は高いです。川の中に入って撮ってますので全部水中です。
c0024502_21413354.jpg

流れ込みなんかもあります。こんな所は苔が生えてきていい感じになるはず。
c0024502_21414328.jpg


梅雨の大雨で今まで無かった中洲ができたり、下のキャンプ場に大きな岩が入ってきたりとかあったそうです。川はいいですね。ずっと眺めてたかったぁ。
それにしても暑い日だったです。
[PR]
by cokky1 | 2011-08-14 23:59 | 釣り | Trackback | Comments(0)

児島玲子さん 通称コジレイが岐阜にキタ~っ!

岐阜の田舎に芸能人が来ることは少ない。
しかし!釣具のやすや岐阜店さんはやってくれました。
アングラーならほぼ知っているであろう女性アングラー!
なんと児島玲子さんのトークイベントをやってくれたのです。

c0024502_2246256.jpgひゅーひゅ~。
田舎もん+ミーハーなおいらは芸能人に弱い。
なのでトークショー及びサイン会に行ってしまいました。
かわいいし、カッコいいぞコジレイ~。
いつもより画像大き目です。

最近「釣りロマン」に出てないと思ったら卒業したと言ってました。
最近の釣り番組は釣りガールとか言って素人女子を出演させてますが
自分的には素人がキャーキャー釣ってるの見ても釣りの勉強にならないっす。
コジレイ復活を願うが、ケーブルTVとか結構レギュラー持ってるみたいで無理かも。

トークショーの後は、VARIVASと専属契約しているのかVARIVAS商品にサインを
入れたオークション。
VARIVASの人は親切でいい人でした。
トークショーの最後はカレンダーのじゃんけん大会
一回目で撃沈しました。じゃんけんなんて久しぶりやなぁ。
c0024502_22464486.jpg

トークショーの後のサイン会で色紙にサインをしてもらって、並んで写真も撮ってもらいました。
やっほ~い。(芸能人のサインもらうなんて何年ぶりだろ)
普通のアイドルじゃー写真並んで撮るなんて絶対できんでしょ。
やすやさんありがとう。
ウェーダー買うならやすやさんで買うよ・・・。(多分)
[PR]
by cokky1 | 2011-07-17 23:45 | 釣り | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧