カテゴリ:考察( 16 )

読み物とかの話

昔、名古屋へ電車通勤だったころめっさ本を読んでました。
(副作用で座って読んでるとすぐ寝ます)
主にライトノベル系ですけど、文字が大きかったりすると往復で1冊読んでました。
なので文庫小説は一杯あります。
SF、ファンタジー、ホラー、映画のノベライズなど。
最近サイボーグ009もノベライズを読んだおかげで映画を観なくても話は分かった訳ですが、
本当は読んだ後でも観たかったのにとある事情で観れなかったです。(ToT)

で、最近「珈琲店タレーランの事件簿」ってのを表紙と説明文につられて読んだわけです。
いい意味で不思議な感じに「えっ?」って終わりました。
この感覚は、MF文庫 清水マリコさんの「嘘つきは妹にしておく」、「君の嘘、伝説の君」
「侵略する少女と嘘の庭」、などを読んだ時の感触に似てました。
※この本は不思議世界を体験したい人にお勧めです。
気持よく騙された感じ?「嘘シリーズ」と呼ばれてるみたいです。

タレーランは途中の違和感が、読み終わってみると納得できました。
読んでてかなり会話が不自然で変なんですよ。
ずっとモヤモヤしてたんです。
そこらじゅうに伏線ちりばめ系?

読んでから評判を調べてると「ビブリア古書堂の事件手帖」の真似??みたいなことが多く書かれてました。
「ビブリア古書堂の事件手帖」は読んでないから知りませんが、TVドラマやってますね。
1話から観てしまいましたのでもう、全部観るしか無いです。
そういえば人物構成はタレーランと似てますね。

最近気になるのは視聴者を惹きつける手法。

気になる謎を出しといて答えを出さずに引っ張るんですね。
最近の漫画なども全部色んな謎を出しておいて答えを出さずに引っ張ります。
長編マンガはそんな姑息(?)な手段で読みつなげようとしてる。
(ストーリーの面白さや絵の良し悪しも重要ですけどね)
そんなことしてないのはこち亀の両さんとかギャグ漫画位です。
自分はせっかちだから自分のペースで出来る限り早く謎の答えが知りたいのです。
TVや映画は、向こうのペースでしか話が進まないですが、本は自分のペースで進められてよいです。

字ばかりだとあれなので日向ぼっこのトロです。
昼目はかわいさ半減。
でも、猫は外の方がいきいきしてる。
c0024502_20395940.jpg

本当はくるくるまんまるお目目がキュートなトロでした。
グラディウスⅡは名曲揃いですなぁ。
[PR]
by COKKY1 | 2013-01-30 23:39 | 考察 | Trackback | Comments(0)

じきかぼちゃの謎 実は印食かぼちゃ(いんじきかぼちゃ)

自分が小さい頃から食べてるかぼちゃは「じきかぼちゃ」と呼ばれてます。
(漢字はずっと不明だった)
一般的な「ホコホコ」なかぼちゃでは無く、煮ると「トロトロ」で味が全部にしみわたり非常に美味。
「じきかぼちゃ」という名前自体も一般には通じないようです。
何でこんな美味しいものが!とずっとネットで調べてもずっと分からずじまいでした。
これです。
c0024502_2236848.jpg

じきかぼちゃを作ってる農家のおじさんにどんな名前の苗を買ってるのか聞いてみたが、
自分で種をとって次世代の苗を育てるので種、苗は買ってないと…。
ずっと自給自足状態。
ただ漢字で書くと「食かぼちゃ」(じきかぼちゃ)だということでした。
でも、じきかぼちゃは戦前からあるとのことが判明。
自分の住んでる岐南町の歴史まで遡るのですが、昔は印食村、徳田村などがあり、
合併して八剣村になったとか。
現在でも徳田、上印食、下印食の地名は残っています。
「じきかぼちゃ」は方言だろうとは推測してました。
で、キーワードの「印食」(いんじき)
本来は「いんじきかぼちゃ(印食かぼちゃ)」じゃないのか?と。
調べてみたらありました。岐阜県のHPに
やっとみつけました!スッキリしました。

印食かぼちゃをずっと食べてるので、普通のかぼちゃは余り好きじゃないです。
ホコホコしたかぼちゃはさつまいもと変わらないし。

農家のおじさん曰く、宮崎の「日向かぼちゃ(黒皮かぼちゃ)だろうという情報も。
その特徴を調べると、
「果肉はねっとりとし煮くずれしにくく甘みが控えめなのが特徴ですが、その分、調理する人の好みの味付けが可能」
まさに、その通り!
のっぺりしたかぼちゃは自分にとってはかぼちゃじゃないのです。
ごつごつしたかぼちゃがかぼちゃなのです。
いくらでも食べれます。
c0024502_22363064.jpg

興味を持った方は一度、印食かぼちゃ(日向かぼちゃ、黒皮かぼちゃ)をご賞味ください。
くれぐれも、味付け勝負なので岐阜県HPのレシピを参考にどうぞ。
じきかぼちゃ美味し~い。
[PR]
by COKKY1 | 2012-07-08 22:42 | 考察 | Trackback | Comments(0)

ハルカの陶 3巻 最終巻だったよ…。続編希望!

ハルカの陶3巻を読みました。
すごくよかったです。
泣けましたよ。
本屋に1冊しかないのは何故?
平積みにして50冊くらい置いておいて欲しいです。

こんな面白い漫画が何で3巻で終わってしまうのか。
続編を強烈に希望しますよ。本当っ。
ただの陶芸漫画では無いですから色んな人に読んでもらいたいですっ!
っても、陶芸関係のブログなので陶芸関係の方しか見てないと思いますが。

備前の桟切って焼成中に自然にできるもんだと思ってましたが、炭を入れるとは知らんかった。
炭化焼成的なもんなのかな?どうりで不思議な模様だと思ってたんだよねぇ。
金彩ってのも実物を見てみたいなぁ。

漫画の中では備前って自由でタブーは無いと書いてありました。
陶芸は自由であるべきです。
古備前はそれはそれとして、新しい備前を作ればええんじゃぁ~い!が正しいと思いました。

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)
[PR]
by cokky1 | 2012-05-16 23:59 | 考察 | Trackback | Comments(4)

ギフ レクに行ってみた。けど?

ギフレクという岐阜のイベント行ってみました。
趣旨としては
・クリエーションの力で岐阜を面白くする運動
・クリエーションの発表の場を作り、岐阜のクリエーションの活性化とレベルアップ
(5カ年計画っぽいです。)
会場全景
c0024502_22264719.jpg

かなり凝ってまして、ギフレクのテントやらスタッフTシャツなどもあり、かなりお金がかかっていると思われます。(でもコストにインパクトの少ない運営しているそうです)
主催というか先導者は個人の方のようです。
すごい行動力とパワーとマネージメント力の高い方だと思います。

c0024502_22271912.jpg教室の先生がワークショップを出すととのことで見てました。
先生の作るとこを見るのは勉強になります。
この作品を見る人ごとに感じ方が違うもの面白い。
見てた人が「体の一部」と言ってました。
自分はまだ芸術作品を見る目が無いなと感じました。
純粋な目で見れてないです。
あかん…。


で、ギフレク考察。

色んな年代の方が見て、体験して何を感じるかは千差万別だと思います。
陶芸をやってて、クラフト好き、岐阜大好きの自分の感想。

このイベントで一番言い当ててるのが、パンフに載ってる「岐阜の文化祭」
まさに岐阜の「文化祭」でした。
想像してたのとちょっと違ったので辛口?コメントっす。

「立派な見栄えのいい重箱に、イクラや松茸、美味しい創作料理、一般惣菜がスカスカに入ってる」感じ。

当然ですが、これだけのイベントですからまとめるのは困難です。
なので、まとまって無い気がしました。
色々やり過ぎてるのかなぁ。チンドン屋がいたり、ステージで何かしてたり。
なのでちょっとまとまりのない「文化祭」。
各クラスが好きなこと発表やるんですから当然です。
さらにいうと「大人しい」静かに色んな人がテントの下で座ってる。
発表の場なので間違ってない。
全部パンフの通り、忠実でブレてないです。

見に来ている人が積極的でかなりのノリノリで来ないと盛り上がらないのでは。
2日間フルの「発表の場」なので、発表者の方もメリハリが無くて困ってるんだと思う。
2日間で十数時間、どのテンションで発表すればいいのかと。

■結果
・ギフレクの説明通りのイベントでした。
・岐阜県民である自分はイベントに面白さは感じなかった。他県の人は違うかも。
・今後に期待。参加クリエイターを増やすだけでいいのかは疑問に思うけど。

「岐阜の誇る「モノ」「コト」を発見して新たな創造を楽しむ」
上の文章で、自分は大きな勘違いをしているかもとふと思った。
自分はこのイベントの目的を達成してるのか?
岐阜県民であることを誇りに思い(根拠無いけど)、数年前に陶芸に出会い、モノ作りをしてます。
楽しいです。
「イベントが楽しい」でなく、「岐阜県で生活する自分が楽しい」を発見すれば正解ですか?
すぐ、事業継続、ビジネス的な視点で見てしまうのがダメなんだろうか。
まぁ。メイン会場しか見てない人の戯言としておいてください。
岐阜の誇る美濃焼産地の多治見のユルキャラ「うながっぱ」で締めさせて頂きます。
c0024502_22295074.jpg

[PR]
by COKKY1 | 2011-09-11 23:58 | 考察 | Trackback | Comments(0)

黒竹の毛虫

黒竹の葉が枯れてきてると思ったら大量の毛虫が発生してました。
調べたら「タケノホソクロバ」らしい。
c0024502_16311022.jpg

よく見ると何百匹といる~。
最初、水を入れた霧吹きで落としてたのですが大間違い。
殺虫剤で駆除するのが正解です。
こやつの機動力を舐めてはいけません。
下に落ちてもすごく早く移動し、家の壁沿いに家の中まで侵入してきました。
そこで家にあった「ダブルプレーAL」を黒竹にガンガン散布。
しばらくして見に行くと下に何百匹の毛虫が落ちてました。
見つけ次第殺虫剤を散布しましょう。
黒竹釣竿作戦を邪魔する奴は許さないです。

アブチロンの葉っぱを食べるから、オンブバッタも好きじゃない。黄色い汁を出すしね。
最近地植えに換えたらすごく成長してるんだけど葉っぱ食われてました。
コガネムシも嫌い!桜の葉っぱ食べるし、家の中飛び回るし!
見つけ次第捕まえてのっぴんの刑です。
(のっぴんは子供の頃使ってた言葉(方言?)。子供にありがちな残酷な技なので知らない方がよいです)

虫は嫌いじゃないので毛虫すらへーきなんですけど、毒があるのもいるし注意は必要です。
タケノホソクロバもデコピンで弾いてたんですが、毒があるとか…。
刺されて痛い毛虫はイラ位しか知らなかったです。
調べてみるもんです。
[PR]
by COKKY1 | 2011-08-21 23:32 | 考察 | Trackback | Comments(0)

猫は座椅子が好き?

うちの猫のトロは何故か座椅子の上が好き。

背もたれは使えないのに座椅子。

座布団でも良さそうなものなのに座椅子。

何故かは本人(本猫?)に聞いてみないと分かりません。

今日も座椅子を占領してました。

どけようとすると「ぷるっ!」と嫌がってました。

自由気ままな猫を見てると和みます。

ちなみに肉球の匂いが一番猫っぽくて好きです。
[PR]
by cokky1 | 2008-07-01 23:59 | 考察 | Trackback | Comments(0)

検索ワードランキング

自分のブログの検索ワードランキングを時々見てます。
全体的に数件の検索ですが、変なワードでひっかかるもんだ。
自分的には「陶芸」「猫」でひっかかって欲しいのですがね~。
それでは、それぞれの順位に突っ込みを。
c0024502_1424048.jpg

1位:まぁ旬ですし、やりましたからねぇ。
2位:ノーザンバラマンディ飼ってる人がレアだからしょうがない。
3位:ポリプ人気は変わらずか?
4位:猫のランプシェード作りましたのでねぇ。
5位:1位と同じ
6位:なんて失礼な・・・。(ToT)
7位:プラモデルは作りますがエアブラシは陶芸で使ってます。ご期待に添えなくてすいません。
8位:こっちはジャストミートですね。でもノウハウ書いてないです。
9位:全然違いますよ?挿し木すると区別付かないけど・・・。
10位:ノーザンは人気?アジアアロワナ飼えない人はこちらへ?

でも、面白いなー。思いがけないキーワードでひっかかるもんです。
Googleでは「陶芸 猫」で検索すると結構上の方で引っかかります。
「猫 陶芸」だと少し下になります。
陶芸メインのブログなので陶芸のワードが先なんですよん。
「あんにゅいん」だと一発です。自分の造語ですのでね~。
[PR]
by cokky1 | 2007-06-03 01:44 | 考察 | Trackback | Comments(2)

目的があると集中できた

何か行動する場合、目的がはっきりしてればかなり集中できた。
最近、ずーっとお休みしててボヤーっと過ごしてきて少々不安だった。
でも、10年以上培って染み付いたものってのはそんなに簡単に廃れないものだと実感した。
しょぼい作業ではあったが、時間を忘れて仕事できたですよ。
思い出してみれば、面白くない提案書作りばかりやってって、設計作業を
全然してなかった時、ふと沸いた一本のプログラム設計と、とあるサーバーの
環境設定。問題なくできました。経験が染み付いてて頭の奥から記憶が
よみがえってきました。すげ~、まだまだいけますよ。
最悪、最低の環境+状況を経験しているのも良かったのだろうな。
確かに仕事に限らず、自分の好きなことをやってる時は時間を忘れて
集中してます。
c0024502_742713.jpg

何かで集中できれば、他でもできる。
そういえば脳の活性にいいのはプラモデルなどを作ることだとTVで聞いたことがある。
3次元の立体模型を作りこむことは絵を描くよりは良さそうだ。(どっちも好きだけど)
お休みの間に何体作ったかなー。MGは3つは作った、HGUCは4体か?
後は車のミゼット。しょぼいバリだらけのキットでも今の自分の製作&塗装技術
があればそれなりのものができるlことが分かった。
今は訳があってペーパークラフトのキットを作ってるけどのり付けが面倒です。
子供って変なもの欲しがるよね・・・。
[PR]
by cokky1 | 2006-04-15 07:42 | 考察 | Trackback | Comments(0)

駐車違反取り締まり民営化?

なーんか、駐車違反の取締りが来年4月頃から民営化されるとか、されないとか。
違法駐車車両なんか、ガンガン取り締まってもらっていいんだけど、
一部の業界には、いいビジネスチャンスみたいですな。
500億円に近いビジネスとか。しかし、警備会社の独占や、警察の天下り先になるだけ
なんじゃねーのとの懸念事項もなきにしもあらず?
取り締まりに必要な資格も3万程度で取得できるらしいが、高いのか安いのか?
元警官などは一部試験免除らしい、やはり天下り先の増やすのが目的?

どーやら歩合制では無いみたいなんだけど、そこんところがミソやねー。
介護保険みたいに、不正請求なんかが横行しそう・・・。
まぁ、なんにしても違法駐車が激減してくれればいいんだけどね。

オイラは取り締まり作業はやりたくない・・・。(トラブるの嫌いだから)
[PR]
by cokky1 | 2005-03-22 12:41 | 考察 | Trackback | Comments(0)

ダメ?

3連休なんかがあった訳ですが、無気力な状態が続き無駄な3日に
なってしまった気がします。
「仕事を休めた」という意味では意味があったと思うのですが、
根本的な解決に至っていないのではないかと考察します。
自分を追い込まないと動けないですね。
さて、どうやって追い込みますか?

ある意味追い込まれてる気がするんだけど、ある方向からの追い込みが
足りないんだね。

そういえば、色んなものが動かないねー。動きやすいものから動かして
みれば?と思うけど、動く?
(今の精神状態では動かない気がするねー)
[PR]
by cokky1 | 2005-03-21 22:24 | 考察 | Trackback | Comments(0)


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

GIFUクラフトフェア、サン..
at 2017-09-18 14:59
ぜんため in 柳ヶ瀬 行っ..
at 2017-08-05 23:59
ジブリリウム 斑入り白鳥花版..
at 2017-07-27 23:59
久しぶりの更新 DIYでのT..
at 2017-07-16 23:59
2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧