猫一輪挿し 焼き上がり1作品だけ

教室がお休み中の本焼き作品。久しぶりに教室に顔を出したら先生のすごい作品が一杯あった。デザイナーさんとのコラボ個展があるそうで面白そうです。
この作品は一輪挿しで手の上の器から水を本体へ補充できるという画期的なもの(?)なのですが、いざ、水を手の上の器から入れたら手の付け根から水がダーダーもれる。
どうやら本焼き中に器の重さに耐えられず手の接着部分にひびが入ったみたいです。
確かに裂けてる・・・。
c0024502_18282019.jpg

重さジャスト1kgの作品になりました。c0024502_18283471.jpg
ところで、自分の作品は台帳で管理されてまして、作陶してから手元に届くまでの日数が自動計算されるようになってます。今回この作品が今までで最長の「92日」。3ヶ月・・・。もう忘れかけてた。予想通りの焼き上がりだし、なーんかタイミングを間違うとうれしさ半減?




欲しいなーと思った時に作ってる訳なので、焼きあがったのがフクロウ三昧の時となるとこれまたタイミング悪い。
苦労して作ったわりに、その苦労の内容を忘れているのでありがたさ半減?

今回、七輪陶芸の作品を先生に見てもらったのですが、表面は高温により灰が溶けてツヤツヤと釉薬になっているのですが、全体的には素焼きの域を出てないみたいです。
叩いた時の音と土の焼き色からの分析結果でした。
やはり七輪により短時間で完全に焼き締めるのは少々無理があるのではないでしょうか。
ある意味見た目だけ陶芸?
なーんか短時間に焼きあがるという七輪陶芸、本当に中まで完全に焼締まるのかかなり怪しい気がしてきた。
本の通りに真っ赤になるまでやりましたよ。その状態を1時間位やんないとダメなのかな。
結局、表面は高温で炭の灰釉薬が溶けたけど中身素焼き状態でした。
[PR]
by cokky1 | 2007-04-22 18:53 | 陶芸 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://cokky1.exblog.jp/tb/5933876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2007-04-22 23:05 x
そうです。たたいてみると一目瞭然ですが、七輪だと完全には焼締まらないので本格的に使うにはあまり長持ちしないとうちの陶芸教室の講師もおっしゃっていました。
でも、私の場合、あの高い焼成代がネックなんですよね…それで七輪に流れてしまう。
まぁ、自己満足の領域でやれっていうことですかね。
Commented by cokky1 at 2007-04-23 20:45
>呉さん
やっぱり焼き締まらないですか・・・。七輪陶芸のモチベーション低下中。自分の教室の燃焼代は最近1gで1.5円になりました。こんなもんかなーという感じです。燃焼代で教室に貢献してますが、教室には施釉にしか行かないようにして、作品一個あたりの単価を下げてます。今回の猫は以前の価格の1g1円で1000円でした。この大きさの作品は1000円では買えないから満足です。
自分は焼きのスケジュールに合わせて作品を持ち込んでます。
Commented by at 2007-04-24 16:21 x
私も同じく家で作成して釉薬掛けに教室に行くというスタイルをとっています。
毎週通うと会費月1万円なのですがチケット会員(半年有効の10枚つづりのチケットを購入、好きなときに行ける)3500円に変更してその分を焼成代に回しています。

うちのところは素焼きのみ1000円
素焼き本焼2000円
素焼き本焼上絵3000円 です。
もちろん素焼きだけとか本焼だけとかもできます。それなら1000円ぐらいです。

紹介ですが
つくる陶次郎38号に私の通っている陶芸教室が紹介されているのでもしよろしければご覧下さい。丸沼~のほうです。立ち読みしてびっくりしましたwいつのまにそんなことやってたのかと・・・
Commented by cokky1 at 2007-04-24 20:34
>呉さん
色んなシステムありますね。自分の教室は岐阜の田舎なので会費なしの一回1500円。燃焼代1g1.5円ポッキリ。教室は施釉しに行くだけなので、教室行かない分は釉薬買ったり、粘土買ったりです。独りで3種類60kgの粘土をどう消費せよいうのか・・・。買いすぎてます。
Commented by at 2007-04-25 01:30 x
私も教室にある粘土では物足りず、色々粘土や釉薬を購入して部屋が大変なことに…作りたい作品と粘土は山ほどあるのに肝心な焼くお金が無いというw


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧