七輪陶芸やってみました。

■陶芸(楽陶会): 七輪陶芸と山之内窯の初焼成
タイムリーなことにukkyさんの七輪陶芸とタイミングが合ったのでトラックバックです。

吉田明さんの「七輪陶芸入門」を読んでいて
ずっと前からやってみたかった七輪陶芸をやってみました。
自宅で作成していた湯飲みの形をした植木鉢(底に穴が空けてある)とフクロウさん。
焼締め好きなので釉薬無しです。

田舎なので庭で七輪陶芸。外にコンセントはあるし、水道も近くで安全確保。
1.素焼き準備
 いらないフライパンが無かったので鍋を使用。
 本の通りに進めてみる。
c0024502_1738352.jpg

2.素焼き第一段階
 アルミホイルで蓋してジッと我慢。
 「あせるんじゃない!」と自分に言い聞かせる。
 (1)素焼きさえクリアすれば大丈夫との情報から送風口を閉じたまま40分。
 (2)送風口を半分開て5分。(炭が燃えてきた)
 (3)送風口を3/4開て5分。
 (4)送風口を全開で5分。
c0024502_1740936.jpg

3.素焼き第ニ段階
 鍋から網に変更して30分焼く。
 アルミホイルが溶けていれば素焼き完了とのこと。
 どこかのHPにキンキン言えばいいと書いてもあった。
 火はさみでチョンチョンしてみると、それらしき音がするので素焼き完了とみなす。
 底に裂け目が出てきてるのをここで発見(ToT)
 どーせ底に穴あけてあるし、植木鉢だし、いいやと納得してみる。
c0024502_17404744.jpg

4.本焼き
 七輪の中に作品を直に突っ込む。
 (1)15分そのままで待つ。送風口は全開。
 (2)ドライヤーで40cm位から送風開始!(5分間)
 (3)20cmに近づける。(5分間)
 (4)5cmに近づける。(10分間)
 (5)送風口にピッタリ付けて全力送風!(20分)
  途中で焼け具合をみつつひっくり返したりする。
  フクロウは下の方に突っ込んであったのでそのまま放置・・・。
  この時点で作品が緑色でドロドロしていました。
c0024502_17415440.jpg
c0024502_1742692.jpg
c0024502_17421767.jpg

5.還元かけてみた
 濡れ新聞紙で覆うと還元がかかると書いてあったのでやってみる。
 新聞紙が燃え始めるので霧吹きで水をかけながら見守る。
 結果的には昼食を食べていたら、新聞は燃え尽きてました。
c0024502_1743126.jpg


6.作品
 結局、冷め割れ?が一番の原因ではないかと・・・。
 なーんか、教室のガス窯で焼いたものと色も音も違う。
 軽~い音がするんですけど、焼締まってんの?
 【作品1】
 裂けた!
 焼締めでなくて、ドブの中の藻がこべり着いたような焼き色。
 炭のせいなのか?釉薬かけなかったから炭の灰が溶けたのでしょうか。
 白化粧もどっかいっちゃってある意味すごい。
c0024502_17432585.jpg

 【作品2】
 底は裂けてますが、植木鉢なので気にしないです。
 焼き上がりは作品1と同じ。一部灰がかからなかったとこは
 赤土の色が出ている気がします。全部この色が良かったです。
c0024502_17434255.jpg

同じ土で教室のガス窯で焼いたのが下の写真の作品です。全然色違う・・・。
c0024502_17445886.jpg

 【作品3】
 フクロウさん。割れてない!風船で作って目と頭に穴を空けました。
 白化粧が一部灰が溶けて隠れてしまいました。
 背面の灰がかからなかったレンガ色に焼きあがって欲しかったです。
 炭に触れないように七輪に入れることはハッキリ言って不可能?
c0024502_17452878.jpg
何か斜めにくっきり境界線があるんですけど?
c0024502_17454592.jpg


7.結果
 口が狭い風船作品の方が失敗が少ないのでは?
 ということで、元々オブジェ好きなので好都合。
 フクロウ軍団を焼いてあげたいですが、焼き色は以外性が有り面白いのですが、好きな色じゃないのでどうしようかなという感じです。

また、やりますよ!楽しいです!(火遊びが好き?危なっ・・・)
[PR]
by cokky1 | 2007-04-15 17:54 | 陶芸 | Trackback(2) | Comments(3)
トラックバックURL : http://cokky1.exblog.jp/tb/5896795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 陶芸ブログ・さるのやきもの at 2007-04-18 18:46
タイトル : ■陶芸(楽陶会): 七輪陶芸と山之内窯の初焼成
山之内窯の初焼成。 睦月さん・てるみん師匠に来ていただいて、窯焚き指導をしていただきました。 13日14時30分点火。 1230度を1時間キープした後、14日7時40分消火。 なんとか無事に終了。 そして、平行して行われた七輪による焼成。 11個のぐい呑みを焼成した結果、素焼き済みだったので、爆発ナシ。 冷め割れ1個。 目の前で次々と焼きあがっていくぐい呑み。 さっそく食卓へ運ばれ、私よりも先にぐいぐいと酒を吸い込んでいきます。 楽赤土に楽透明釉 釉薬がしっか...... more
Tracked from 陶芸ブログ・さるのやきもの at 2007-04-18 18:54
タイトル : ■金継ぎ: 花柄小皿の金継ぎ (修理の経過報告・その3)
削った桐の木片を合成漆で接着。 動かないようにセロテープで補強しました。 漆が固まって接着するまで、このまま養生させます。 summergirl-againさんの「欠ける→へこむ→継ぐ→愛着がわいてよく使う→欠ける→へこむ→継ぐ」にトラックバック 工芸ブログランキング 参加中 ←1票クリック!... more
Commented by at 2007-04-17 23:51 x
おー、七輪陶芸デビューですか!!
焼ける様子を見ながら出来るので、やればやるほどはまりますよん。
Commented by ukky_tg at 2007-04-18 18:44
私も火遊び大好き!
トラックバック、ありがとうございました。
素焼きから挑戦なんて、しかも還元までやってしまうねんて、正統派チャレンジャーですね!(私は素焼きを済ませてからの軟弱派…)
私も以前、薪窯で白化粧が溶けてなくなったことがありました。
白化粧って、案外、高温に弱いのかもしれません。
こういう温度の上下動が激しい焼成って、球形みたいな形のほうが、無理が分散していいのかもって、cokkyさんの記事を読んで思いました。
次の七輪焼成、楽しみにしていますね(^ ^)
Commented by cokky1 at 2007-04-18 19:10
>呉さん
ついにやってしまいました。呉さんは次々に七輪陶芸作品がアップされてるし、やってみないといかんと思いやりました。が、窯欲しい・・・。耐火レンガをホームセンターで探したりしてます。(売ってないけど)

>ukkyさん
白化粧って高温に弱いのですか?知らなかったです。球形についてもukkyさんのおっしゃるとおりなのかも。気づかなかったです、すごい~。
教室で素焼きだけお願いしてるといつになるか分からないので全部やっちゃいました。ukkyさんは焼きの回数が一杯あっていいですね。


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧