石膏型を使用したオオサンショウウオの作成

全然乾燥しない石膏型をストーブの前でなんとなく乾燥させ作成しました。

100均で買った5mmのタタラ板(工作用の細い板だけど見た目はタタラ板)で
信楽赤中目粘土でタタラを2枚作成します。

型にぎゅうぎゅうタタラを押し込んでいきます。
ここで粘土を締めるのと、型の隅々まで粘土をいきわたらせる必要があるので念入りにやります。
今回のオオサンショウウオの頭から背にかけてのボツボツにしっかり粘土を入れたいので頑張る。
このボツボツは原型作るときに、結構な手間だったんですよ。
型のいいとこは手間が一度で済むことだと気づいた・・・。
はみ出したタタラを切り落として下記のような感じにしました。
c0024502_22154256.jpg

石膏型の背と腹を合体っ!
粘土がはみ出して石膏型がきっちりかみ合わないけど気にしない。
今回の作品ははみ出し大歓迎です。
オオサンショウウオって背と腹の境界線に余った皮のようなダブダブしたのがあります。
その皮も原型として作り込んでいますが、自然にはみ出したのなら利用できます。
c0024502_2216362.jpg

背側の型を外します。
c0024502_22162399.jpg

腹側の型も外します。
バリだらけです。
尻尾なんかボロボロですがこの程度はリカバリ可能なので気にしない。
この結果から石膏型の尻尾は無理やり粘土を押し込んどいた方がいいと思いました。
c0024502_22163914.jpg

バリとかをリカバリ中です。
c0024502_22165316.jpg

なんとかなりました。
c0024502_22171017.jpgいじりすぎて顔がおとぼけになりましたが、顔は色々修正できるので今後の課題です。
本体だけで318g、手足を付けて349g。
原型が本体だけで660gだったので約半分にダイエットできました。
やっぱり30cmの平たい空洞を手練りで作るのは難しいので型で正解でした。

2007年7月に作成した第一弾の手練りオオサンショウウオとの比較です。
上が3年前のオオサンショウオです。
c0024502_2218615.jpg

3年位前の作品で大きさが違い、背中のボツボツ無いし、背中のへこみも無く今見るとリアルさが無いです。
作ってる本人は同じなので基本的にセンス・技術はそんなに変わってないけど、作品を作るための手段(石膏型)が増えたための違いが出たのではないかと。
(空洞にこだわるので、型とか利用する発想が無かった。)
こうやって上からの画像を見ると尻尾はもっと長くてもいいかもしれないと思ったり。

2月の焼成にはこの一匹だけですが、3月はオオサンショウオ祭りを予定です。
変形させたり、色んな粘土、釉薬で作ってみたいです。

お腹側はこんな感じです。
c0024502_22184079.jpg


3月のお祭りの兆しで、現在4号まで作成中です。
c0024502_22191053.jpg

粘土も違うし、釉薬でどうなるか楽しみです。
水槽の中に入れたらオオサンショウオ飼ってる気分が味わえるかも?
[PR]
by cokky1 | 2011-02-22 23:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cokky1.exblog.jp/tb/15959622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazbizen at 2011-02-23 15:36
オオサンショウウオとはこれまた渋いですね!
幼少期に一度捕まえてみたい!と当時は憧れ生き物でした!(笑)
(虫を捕まえたり、魚を釣ったりするのも大好きな子供でした)

Commented by cokky1 at 2011-02-24 23:38
>kazbizenさんへ
自分も同じです。生き物好きでいろんなものを捕まえてました。
もう、粘土遊びになってしまってますね。
うちの近所の木曽川にはオオサンショウウオがいるんですよ。
数年前ですが釣りをしてたらテトラポットの上で日向ぼっこしてました。 暖かくなってきたら釣りに行きたいです。


あんにゅいな日々をおくるまったりグチ&陶芸日記


by cokky1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
陶芸
熱帯魚
釣り
日記
趣味
考察
グチ
登山
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

陶芸ブログ・さるのやきもの
写真で綴る日常
陶芸の日記みたいなもの
陶芸家・大江一人 『ロク...
桃青窯696
中川雅佳の陶芸日和
陶房蟲蔵
天使の微笑・のちもも・変...
山本淳平~空想旅行記~
アンニュイン Ennui...

外部リンク

最新のコメント

>マイトさんへ コ..
by COKKY1 at 20:04
かわいいクジラですね✨
by マイト at 20:18
>夢の助さんへ コ..
by COKKY1 at 22:30
こんにちは、ベアリング交..
by 夢の助 at 23:52
>しゅうさんへ コメン..
by COKKY1 at 19:39
私もレイシー120のポン..
by しゅう at 03:25
>鍵コメ様 コメントに..
by COKKY1 at 16:51
Very efficie..
by Olivia at 10:06
> さらパパさんへ コ..
by COKKY1 at 21:16
こんばんわ。 僕もスガ..
by さらパパ at 22:39

記事ランキング

最新の記事

2017年 ぎふ清流マラソン..
at 2017-04-23 23:00
変な天気で困ったもんだ
at 2017-04-15 23:59
月1更新になってますやん・・・
at 2017-03-20 22:00
ギャラリー数寄(四井さん展)..
at 2017-02-05 23:40
彫刻家(木彫)はすごい、と思..
at 2017-01-23 23:59

ライフログ

ハルカの陶 3 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 1 (芳文社コミックス)

ハルカの陶 2 (芳文社コミックス)

動物の置物をつくる

やきものの釉―授業形式で初歩から学ぶ

誤釣生活―バス釣りは、おもつらい

本日釣り日和―釣行大全

週末陶芸のすすめ (文春文庫PLUS)

タグ

(17)
(9)

検索

最新のトラックバック

■金継ぎ: 花柄小皿の金..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
■陶芸(楽陶会): 七輪..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
ろくろ倶楽部で陶芸体験
from Four Desires D..
陶芸
from 自分ブログ
肉球がスキ
from 写真で綴る日常

ファン

ブログジャンル

猫
陶芸

画像一覧